日本全国 相撲めしツアー!

日本全国 相撲めしツアー!

#03

『どすこい酒場 龍馬』

文・武田葉月

片男波部屋の元力士、高知出身・龍馬さんのお店

 大相撲夏場所(5月7日~21日)は、横綱・白鵬の1年ぶりの優勝(V38)で幕を閉じました。
 両国国技館は、初日から千秋楽までお客様で大賑わい。大相撲中継が地上波(NHK)で放送されるのは、15時過ぎくらいからですが(BS放送は13時から)、取り組みが開始されるのは、朝8時過ぎからだって知っていましたか?
 序ノ口、序二段、三段目、幕下…と取り組みが進んでいき、「関取」と呼ばれる十両以上の力士の相撲は、だいたい15時前くらいからになります。16時前に、幕内力士の土俵入り、横綱土俵入り、そして幕内力士の取組と続いていくのですが、国技館に足を運んでみると、幕内、横綱力士への道のりがどれだけ遠いものかと実感できたりもします。
 この夏場所は特に、お客様の出足が早く、お昼過ぎには入り待ちのファンで国技館の内外がいっぱい! 着物や浴衣を着用して観戦をすれば、いろいろな特典を得られる「和装デー」も定着してきて、日々、女性たちの歓声が響いていました。
 さて、そうした相撲観戦、下町散策の帰りなどに、ぜひ立ち寄ってみたいのが、東京スカイツリーのすぐ近く、東京・業平にある『どすこい酒場 龍馬』です。

 

xYMXL0211

お店の前で、店主の龍馬さんこと、元力士の山崎耕作さん

 

 店主の龍馬さんこと、山崎耕作さんは、高知県の出身。横綱・朝青龍を生んだ明徳義塾高相撲部から、日体大に進み、平成7年、大相撲・片男波部屋に入門、玉龍馬のしこ名で幕下まで昇進した元力士です。21年3月に現役を引退してから、飲食店で修業を重ね、現在のお店を開いたのが、スカイツリー開業が間近の25年1月のことでした。
 以来、地元・高知県の食材を中心とした料理、お酒で、近隣のサラリーマン、相撲関係者で連日、大賑わい。人気の理由は、味はもちろんのこと、力士も満足する量とそのリーズナブルな価格設定です。
「満足感って、大切ですよね。力士出身ということを意識して、お腹いっぱい食べても、財布にやさしいことをモットーにしています。それと、高知出身ですので、店の看板はなんと言っても『鰹のたたき』。お客様に、『なるほど! 高知出身なんだな』と感じてもらえる1品になっていると思います」(龍馬さん)

 

xYMXL0225

xYMXL0102

看板メニュー・鰹のたたきは塩でいただく(780円)

 

 粗塩を付けていただく鰹は、高知の日本酒、焼酎と一緒に味わいたいところ。また、ド迫力のチキン南蛮、どすこい鳥唐揚げも人気メニューで、女性の場合だったら、鳥唐揚げはハーフサイズでのお試しでもいいかもしれませんね。

 

xYMXL0090

xYMXL0128

冷たいビールとの相性も抜群のチキン南蛮(780円)と、どすこい鳥唐揚げ(580円)

 

 さて、ちゃんこ鍋のほうにも目を向けていきましょう。
 龍馬自慢のちゃんこ鍋は、鶏塩ちゃんこ。つくね、もも肉、胸肉に、コリコリとした食感のヒネ肉4種類の鶏肉に、白菜、ニラ、エノキ、シメジなどの野菜を加えた鍋はアッサリとした風味です。
「鶏は『手をつかない』ということから、土俵上での白星を連想させて、鶏肉は相撲部屋でも縁起がよい食材とされているんです。鶏肉をふんだんに使っているのが、ウチの店の特徴ですね」(龍馬さん)

 

xYMXL0134

4種類の鶏肉部位が入った鶏塩ちゃんこ鍋は1人前1800円(注文は2人前から)

 

 ちゃんこ鍋の後は、おじやや麺で締め…でもよいのですが、あえて挑戦してみたいのが、どすこいエビ天丼です。丼から飛び出したエビ天がお見事!

 

xYMXL0165

規格外の大きさ。どすこいエビ天丼(2300円)

 

その他、定番のお刺身も鮮度抜群です。

 

xYMXL0232

サーモン、ヒラメ、鮪などの刺身5点盛りは、2480円

 

もちろん、高知県産の日本酒、焼酎も充実しています。

 

xYMXL0063

(左から)酔鯨、四万十川、船中八策、土佐鶴、豊乃梅(1合680円~)

 

xYMXL0200

(左から)龍馬、ダバダ火振、竜馬、海援隊、ざまに(1合580円~、1本4000円~)

 

 龍馬さんの交友関係の広さを物語るように、明徳義塾高出身のプロレスラー、所属していた片男波部屋の力士、人気幕内力士・宇良など木瀬部屋の力士、元大関の把瑠都(現・タレント)さんなどもよく立ち寄っています。

「『相撲』をキーワードに、いろんな人たちが気軽に寄ってもらえるお店をめざしています。ボリュームが多いので、男性向けのお店のように思われるかもしれませんが、女性同士のお客様も多いんですよ。ボリュームの調整なども申し付けてくださいね」(龍馬さん)
 下町の雰囲気を感じる人気酒場です。

 

xYMXL0010

お客様と語らう龍馬さん

 

xYMXL0056

名行司・36代木村庄之助、白鵬、稀勢の里、鶴竜、琴欧洲の手形

 


*今回訪れた「相撲めし」のお店
『どすこい酒場 龍馬』
住所:東京都墨田区業平3-4-13
電話:03-3622-2042

 

xYMXL0192

 

 

*本連載は月1回配信予定です。次回もお楽しみに!


 

 

sumo-meshi00_writer00

武田葉月(たけだ はづき)

ノンフィクションライター。山形県山形市出身。出版社勤務を経て、現職。おもに、相撲の世界を中心に、取材、執筆活動をおこなっている。近著に『大相撲 想い出の名力士たち』(双葉文庫)、『横綱』(講談社)など。文芸誌『小説推理』(双葉社)で「思ひ出名力士劇場」連載中。

ノンフィクション書籍 好評発売中!!

sumo-meshi00_book01

大相撲 想い出の名力士たち
著・武田葉月

     

日本全国 相撲めしツアー!
バックナンバー

その他のCULTURE

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る