旅する&恋する! 韓国ドラマ

旅する&恋する! 韓国ドラマ

#02

韓国ドラマ考察〈1〉“他人の飯まで…”は愛なのか?!

文・『韓国TVドラマガイド』編集部/高橋尚子

 

『また?!オ・ヘヨン~僕が愛した未来(ジカン)~』編

 郷に入っては郷に従え。えぇそうでしょう、そうでしょうとも。とは思うのだが、かつて初めての韓国旅行(というか取材)の際、「こんな郷には従えない!」と思ったことがある。それは、“韓国、なんでも混ぜる食文化”だ。機内食のご飯でさえ、コチュジャンを所望しておかずと一緒にぐちゃぐちゃにかき混ぜて食べるのである。いや、混ぜて食べるやり方を否定しているわけではない。“韓国、他人の飯までかき混ぜる文化”に抵抗を感じたのである。

 それは、現地コーディネイターにある有名店に連れて行かれた時のことだ。石焼ビビンバが美味しいと薦められ、それ一択な雰囲気で注文。まぁそれはいい。ビビンバが「混ぜ飯」を意味すること、それがどんなもので、どのように食べるかということは、ドラマや映画を見て十分知っているつもりだったから。が、しかし、甘かった。ビビンバが運ばれてくると、カレーもかき混ぜない派の私は、全体量の4分の1ほどを試すように混ぜて食べようとした。が、その矢先、どこで見ていたのか店のおばさんが駆けてきて、私の器を手元に引き寄せると、すごい勢いでかき混ぜ始めたのだ……。唖然。これじゃあ味の調整ができないよぉ。

 別の店では、編集さんの海鮮丼がコチュジャンと共に豪快に店の人にかき混ぜられていた。目の前で起こっていることが何のことやらわからず、しばらく呆然としていたが、これが韓国の郷というものなのだ。

 韓国に行かずとも、新大久保あたりの韓国料理屋に行けば、冷麺の器にハサミを入れてバシバシ麺を切ってくれるおばさんや、焼けた肉を人の取り皿にぽんぽん投げ込むおばさんに出会うことができる。最近ではだいぶ慣れたが、他人の食事、他人の丼や器にもあれこれ口を出し、手を出してくるのが韓国である。韓国の友人曰く、「美味しい食べ方を知らないのは可哀想だから」らしいが、自分のペースや自分の好みで食べたい自分は、これがどうにも従えない。

 

 が、そんな私が、「これはやってみたい!」という“韓国、他人の飯まで文化”に最近、出会った。実はこれまでも見てきた光景だが、あるドラマの影響で、他人の飯に手を出すことへの猛烈な憧れが生まれたのだ。そうか、そういうことだったか!と。

 そのドラマは、『また?!オ・ヘヨン~僕が愛した未来(ジカン)~』。タイトルは「?」なものだが、かつての大ヒット作『私の名前はキム・サムスン』同様、名前にコンプレックスを抱くヒロインの話だ。学年に5~6人はいるありがちな名前で、同姓同名の同級生がいたため、「美人のオ・ヘヨン」と「普通のオ・ヘヨン」と呼び分けられていた「普通のほう」が主人公。その「普通のヘヨン」と、彼女と偶然隣人になる音にうるさい映画音響監督パク・ドギョン(しかも「美人のヘヨン」の元婚約者)との恋を描いていく。って、そんな一言で語れるようなドラマではないのだが、詳細はまたの機会に。

 その「普通の」ヘヨンとドギョンは壁のドア一枚で行き来できる奇妙な構造の隣同士。問題は、ヘヨンの部屋にいつものノリで乗り込んだドギョンが彼女の両親とかち合い、そこで一緒にサムギョプサルを食べることになるシーンだ。互いに気があるとは言え恋人でもない相手の親の前、かしこまっているドギョンのご飯の上に、ヘヨンの母親が焼いた肉をのせてやり、「食べなさい」と促す。人のご飯の上におかずをのせてやるという、ややお節介なやり方は韓国ドラマではよく見る光景。特に、年配者が子供や子供の連れに、あれこれおかずをのせてやる光景は定番だ。が、ここでドギョンは……、金食い虫の母親に苦労させられ、ろくな愛情も受けずに育ったドギョンは、「ご飯の上に誰かがおかずをのせてくれる」という慣れない出来事にぶつかり、のせられた肉をじっと見つめたまま、一瞬固まるのである。なぜか?

 

kankokutv02_1

 

 それは、こののちドギョンとヘヨンが貝を焼いて食べるシーンで明らかになる。せっせと焼けた貝の身を殻からはずしては、ドギョンの皿にのせてやるヘヨンを前に、無口な彼がとつとつと話し出す。

「お前のご両親とサムギョプサルを食べたとき、嬉しかった。お前のお母さんが俺のご飯に肉をのせてくれたこと…」

そんなドギョンに、じわ~っと来たヘヨンは、

「肉でもキムチでも何でも私がのせてあげる。食べて、一晩中、あなたのお皿にのせてあげる!」

 そう言いながら、次々と貝の身をのせてやるのだ。これまで知らなかった人からの愛情@食事編に幸せを感じるドギョンの笑顔に、わたくし腰砕け! そんな幸せそうな顔をしてもられるなら(実際、そんなヘヨンにドギョンは思わずキスしてしまうし!)、私だって誰かにやってみたい!!!!!!! いやぁ、愛は、こうやって表現するのか!

 

 店の人に勝手にご飯をかき混ぜられるのは、いまだ抵抗はあるが、近しい人のご飯のうえに焼いた肉なり魚なり、のせてあげたらどんなだろう。取り皿システムがある日本では理解されにくいか? いずれにせよ、「他人のご飯におかずのせ」が、私の目下の野望である(できれば、ドギョンのような素敵男子のご飯に)。

 

kankokutv02_2

 

●ドラマ放送情報

『また?!オ・ヘヨン~僕が愛した未来(ジカン)~』

Mnetにて毎週水曜・木曜 午後10:00~11:15他 放送中

[2016/全18話]出演:エリック(SHINHWA)、ソ・ヒョンジン、チョン・ヘビン、キム・ジソク

Mnet番組公式サイト→http://jp.mnet.com/program/main.m?program_id=1697

©STUDIO DRAGON CORPRATION

 

 

 

*本連載は月2回配信予定です。次回配信は9月上旬を予定しています。お楽しみに!

 

*本誌『韓国TVドラマガイド』vol.66、好評発売中! こちらもぜひお読みください!

 

 

『韓国TVドラマガイド』編集部

韓国のTVドラマ、映画、K-POP総合情報誌『韓国TVドラマガイド』(双葉社スーパームック・偶数月22日発売)編集部。本誌では人気スターのインタビューやドラマの詳しい解説、DVDリリース情報、テレビ番組表、現地エンタメの最新情報も掲載。編集部公式ツイッターはこちら→https://twitter.com/kankoku_tvguide

双葉社スーパームック好評発売中!

ISBN978-4-575-45628-8

韓国TVドラマガイド vol.66

korea-drama00_book01

韓国TVドラマガイド vol.65

korea-drama00_book02

韓国TVドラマガイド vol.64

korea-drama00_book04

韓国TVドラマガイド別冊[保存版]最新ベストセレクション

旅する&恋する! 韓国ドラマ
バックナンバー

その他のCULTURE

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る