呉・広島の旅

呉・広島の旅

#02

呉市立美術館「この世界の片隅に」展レポート〈後編〉

編・『TABILISTA』編集部

 

美術館通りを散策して、呉市立美術館へ

 秋晴れの週末、呉市立美術館を訪れた。美術館は呉駅から歩いて10分程、入船山公園の一角にある。美術館の前の坂道「美術館通り」は「日本の道100選」に選ばれていて、道沿いには様々な彫刻が点在する。

 かつて入船山には呉の「氏神様」である亀山神社(八幡神社)があったが、明治時代後半にこの地に軍の呉鎮守府が置かれることになり、神社は現在の場所へ移ったという。旧呉鎮守府の司令長官官舎は公園内の入船山記念館として公開されている。美術館隣の赤レンガの建物は旧海軍の集会所「桜松館」、現在は海上自衛隊呉音楽隊庁舎となっている。歴史と情緒を感じさせてくれる入船山、散策にはもってこいの場所だ。

 

kure02_1img_2767

美術館通りの坂下。バスで坂の上まで行くこともできるが、それほど距離もないので、気持ちのいい日は歩くのもおすすめ

 

kure02_02img_2769

道の両脇には様々な彫刻が点在する

 

kure02_03img_2771

旧海軍の建物が、現在も使われている。木の陰で見づらいが、入口脇に「呉音楽隊」の看板がかかっている

 

kure02_04img_2924

美術館別館前の彫刻。「せんとくん」の作家・籔内佐斗司氏の作品「走る童子とカエル」

 

kure02_05img_2918

美術館のレンガの建物に木々の緑と青空が映える

 

kure02_06img_2789

美術館の門をくぐった奥、建物脇には呉港を詠んだ正岡子規の句碑がある

 

 この美術館通りの坂道の頂上、車道を挟んだ向いにあるのが旧海軍病院(現・国立病院機構呉医療センター)。『この世界の片隅に』の中で義父の円太郎が入院していた病院である。病院施設はもちろん建て替えられているが、入口の階段は当時のままだそう。主人公のすずが姪の晴美と一緒に見舞いに訪れるシーンに登場する病院の階段、そっと記念撮影した。

 

kure02_07img_2775

入船山の門、この奥には旧海軍の建物などがある。その紹介はまた別の回で

 

kure02_08img_2920

旧海軍病院の入口の階段

 

 呉市立美術館では、特別展「マンガとアニメで見る こうの史代『この世界の片隅に』展」が開催中。中に入ると、クラシカルな階段の横で、すずさんのパネルがお出迎えしてくれる。2階フロアには漫画の全原画と解説、1階フロアには漫画の取材資料や画材、さらに劇場アニメの制作過程がわかる貴重な資料が多数展示されている。

 こちらの特別展は11月3日まで開催中。訪れるならぜひお早めに。また、じっくり見応えある内容なので、時間には余裕を持って行かれるといいだろう。

 

kure02_09img_2930

美術館の1階エントランスホール、すずさんのパネルがお出迎え。

 

kure02_12img_2937

ショップでは『この世界の片隅に』グッズも販売

 

 美術館を訪れたのは10月10日、ちょうど午後に美術館で講演会が行われた。

 松田弘館長の紹介で登壇されたのは、「シュモーに学ぶ会」の今田洋子さんと西村宏子さん、絵本作家のとがわこういちろうさん。この日の講演内容は、シュモーと「シュモーハウス」についての解説、また最近出版された絵本『シュモーおじさん』(文と絵・とがわこういちろう、制作「シュモーに学ぶ会」)の内容紹介、制作過程のお話だった。

 

kure02_10p1090630

松田弘館長

 

kure02_11p1090631

左から、「シュモーに学ぶ会」の今田洋子さんと西村宏子さん、絵本作家のとがわこういちろうさん

 

 アメリカ・カンザス州出身のフロイド・シュモー氏(1895年生まれ、2001年没)は、広島・長崎の原爆投下に心を痛め、住宅を失った人々のために家を建てるというボランティア活動に尽力した人物である。広島には1949年から1953年までに住宅や集会所を21戸建設、16戸を市に寄贈したという。

 森林学者だったシュモー氏が来日したいきさつ、1949年夏に3人の仲間とともに広島に到着して、広島市の皆実町や江波に住宅を建設していく「ヒロシマの家」プロジェクトの様子が、当時の貴重なスライド写真とともに紹介された。雇った大工さんは一人、あとは日本人の学生ボランティアたちというプロジェクトメンバー。苦しかったことも多かったはずなのに、明るく楽しそうに作業するシュモー氏たちの姿には、国も時代も超えて感銘を受ける。

 とがわこういちろうさん作の絵本『シュモーおじさん』は、子どもたちにもわかりやすいように、優しいタッチと文章でシュモー氏の活動と人柄が描かれている。会場には原画も展示されていた。

 講演の中で、建物の建築場所の一つに「江波」という町の名前が出てきて、自分も聴講されている方々も頷いた。そう、『この世界の片隅に』の主人公すずの生まれ育った場所が江波、呉とともに作品の重要な舞台だ。

 現在、シュモー氏が建てた「ヒロシマの家」で唯一残っているのが、江波にある集会所「シュモーハウス」。見学可能(無料)ということなので、次の広島訪問の機会には、すずさんの実家のあたりを巡るとともに、ぜひそちらも訪れたい。

 

*広島平和記念資料館付属展示施設「シュモーハウス」→http://www.pcf.city.hiroshima.jp/schmoehouse/

 

*『呉市立美術館』公式サイト→www.kure-bi.jp

 

 

●劇場アニメ『この世界の片隅に』2016年11月12日(土)全国公開!

*劇場アニメ『この世界の片隅に』公式サイト→konosekai.jp

原作:こうの史代 監督:片渕須直 主演:のん

 

0916_%e3%81%93%e3%81%ae%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3l

©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

 

*本連載は週1回配信予定です。次回もお楽しみに!

 

 

 

コミック&関連書籍紹介!!

kure00_book01

この世界の片隅に 上・中・下巻
著・こうの史代

kure00_book02

ノベライズ この世界の片隅に
原作・こうの史代
ノベライズ・蒔田陽平

kure_guidebook

この世界の片隅に  劇場アニメ公式ガイドブック

「この世界の片隅に」製作委員会

*10月28日発売!

kure_conte

この世界の片隅に 劇場アニメ絵コンテ集

「この世界の片隅に」製作委員会
*11月4日発売!

kure00_book03

夕凪の街 桜の国
著・こうの史代

 

   

呉・広島の旅
バックナンバー

その他のCULTURE

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る