料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」

料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」

#02

冬の鳥取

 

 

ym02top2

 

■「蟹」は、こちらから出向くことが肝要

毎年、冬になると、仲間を誘って鳥取まで夫婦で蟹を食べに出掛けます。わざわざ「松葉蟹」を食べるだけの旅です。「蟹」と「筍」は、我が家に取り寄せるのではなく、こちらから出向くことが肝要です。なぜなら、なにより鮮度が命だからです。いただいてみれば、すぐに答えがわかります。「蟹」も「筍」も獲れたてですと、そのあまりの瑞々しさに感動します。水分の乏しい「蟹」はまるで抜け殻同然なのですが、東京まで取り寄せて食べていては、その醍醐味はわからずじまいです。

目指す店は、鳥取市内の「かに吉」。東京から鳥取までは飛行機でわずか1時間15分です。鳥取から近いはずの関西から出かけると、岡山経由でいっても3時間以上かかってしまいますから、何とも便利です。羽田から午後の便で鳥取へ向かい、まずはホテル「モナーク鳥取」にチェックイン。市内にはいくつものホテルがありますが、「かに吉」まで歩いて5分ほどで行くことができる便利さもあり、いつもここに宿泊です。レセプションの人たちが、笑顔で出迎えてくれます。天然温泉の大浴場も魅力です。

そうして、お腹を空かして「かに吉」へ。毎回お願いするのは「松葉蟹のフルコース」。突き出しの「蟹みそ」から、皆さん「おぅーッ!」と感嘆の声を挙げます。これから出てくる蟹料理の数々を期待するのに十分すぎるスターターです。刺身、焼き、茹で、と次々に蟹の身が現れ、ご主人の山田達也さんがそれを丁寧に捌いたり、食べ方を教授して下さり、私たちが「蟹の命はその水分にあり」を実感する瞬間です。そうして最後は、「魂炊(たますい)」と名付けられた「蟹雑炊」で締めくくられます。松葉蟹は顔つきは海のジビエですが、姿は日本海の女王。そして、その味わいはエレガントな「甘露」としか言いようがありません。「かに吉」で蟹を食べると、東京で蟹を食べる気が起こりませんから、贅沢ではありますが、無駄遣いをせずに済みますね。

さて、翌日、はじめて鳥取を訪れた方は砂丘を見に出かけますが、私たちはホテルで朝食をとった後、昼食代わりに、少し離れた「トゥジュール」というパティスリー(フランス菓子店)まで足を延ばします。薪でパンを焼きたいがために、街から遠く離れた場所に店を開いたそうです。ここで、おいしいケーキをいただきながら、しばし寛ぎます。パティシエの稲木稔さんは、東京・京橋の「イデミスギノ」で働いたことがあり、選ぶのに迷うほど見事なケーキが並んでいます。当然、お土産は薪で焼きたてのパンですね。お薦めはパン・ド・カンパーニュ!

市内に戻り、帰りの飛行機まで時間がある時は、民芸の「たくみ工芸店」へ出かけたり「万年筆博士」へ立ち寄ります。オーダーメイドの万年筆は、出来上がるまで時間がかかりますが、それだけにとても貴重です。

蟹のシーズンは11月初旬から翌年3月下旬まで。絶対にお薦めの「蟹の旅」です!

 


■夕食は、お腹を空かして「かに吉」へ  PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

ym02kaniyoshi2 ym02kaniyoshi3 ym02kaniyoshi4
顔つきは海のジビエ 蟹の刺身 茹でた蟹

 

ym02kaniyoshi7 ym02kaniyoshi61  
蟹雑炊「魂炊(たますい)」 ご主人の山田達也さんと妻の美穂子  

 

■宿泊  ホテルモナーク鳥取

ym02monaq1 ym02monaq2 ym02monaq3
ヨーロッパ・ルネッサンス調な外観 天然温泉大浴場「おしどりの湯」 上品で寛ぎに満ちた客室

 

■昼食代わり パティスリー「トゥジュール」   PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

ym02toujyuru2 ym02toujyuru3 ym02toujyuru1
丁寧に作られたおいしいケーキ 焼き菓子の品揃えも豊富 フランスの田舎風な外観

 

■お土産 「たくみ工芸店」   PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

ym02takumi1 ym02takumi2  
 温かみのある各地の器たち 木で作られた工芸品  

 

■お土産  「万年筆博士」   PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

ym02mannennhitsu    
こだわり派憧れの店    


【店舗情報】

■「かに吉」
 

住所/鳥取県鳥取市末広温泉町271

問い合わせ・予約/0857-22-7738

営業時間/17:30~22:30(要予約)

定休日/不定休

http://www.kaniyoshi.com

■「トゥジュール(Toujours)」


住所/鳥取県岩美郡岩美町岩本688-45

問い合わせ・予約/0857-73-5070
営業時間/10:00~18:30
定休日/水曜日(その他不定休あり)
http://toujours-m.com

 

■「ホテルモナーク鳥取」
 

住所/鳥取県鳥取市永楽温泉町403

問い合わせ・予約/0857-20-0101

http://www.hotel-monarque.jp

■鳥取民藝美術館 たくみ工芸店
 

住所/鳥取県鳥取市栄町651

問い合わせ/0857-26-2367

営業時間/10:00~17:00

定休日/水曜日

http://mingei.exblog.jp

■万年筆博士
 

住所/鳥取市鳥取市栄町605番地

問い合わせ/0857-26-2367

営業時間/9:30-19:00(日祝は18:30まで)

定休日/水曜日(祝営業)

http://www.fp-hakase.com

 

 

 

*この連載は毎月25日に更新です。次回は「冬の富山」へ。

山本さん顔

山本益博(やまもと ますひろ)

1948年、東京・浅草生まれ。早稲田大学第ニ文学部卒業。卒論が『さよなら名人藝―桂文楽の世界』として出版され、評論家としてスタート。幾度も渡仏し三つ星レストランを食べ歩き、「おいしい物を食べるより、物をおいしく食べる」をモットーに、料理中心の評論活動に入る。82年、東京の飲食店格付けガイド(『東京味のグランプリ』『グルマン』)を上梓し、料理界に大きな影響を与えた。長年にわたる功績が認められ、2001年、フランス政府より農事功労勲章シュヴァリエを受勲。2014年には、農事功労章オフィシエを受勲。「至福のすし『すきやばし次郎の職人芸術』」「イチロー勝利への10ヶ条」など著作多数。 

 

 

料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」
バックナンバー

その他のTRAVEL

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る