料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」

料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」

#01

12月の京都

 

#yamamoto_01

 

■朝、ゆっくりと東京を出発して京都へ

京都での私たちのお気に入りの宿は「ハイアット リージェンシー 京都」です。三十三間堂の隣にあり、京都駅からもさほど遠くなく、どこへ出かけるにも便利な立地です。優れた宿の三条件「安全、清潔、静寂」を満たしていて、居心地の良さは抜群、朝食のメニューが充実しているのも魅力です。街中へ出かける際、コンシェルジュデスクに立ち寄れば、最新情報はじめ、なんでも親身になって教えてくれます。午後にチェックインして、部屋でひと休みしたのち街中へ出て、お腹を空かして、夕食となります。お目当ては、八坂神社近くにある板前割烹の「浜作」。

この数年、四季折々に訪ねていて、春はたけのこ、夏ははも、秋は松茸に鯛、そして冬はふぐといった具合に、旬の選び抜いた食材を使って、シンプルに仕立て、食材の命を丸ごといただくという料理です。どの料理もカウンターの客の前で、はじめからしまいまでの調理をするという、本格の「板前割烹」です。無粋なプラスチック製、ステンレス製の容器など一切ありません。「板前割烹」はこうでなくっちゃ、というお手本がここにあります。

ご主人の森川さん、先日、「丼」ばかりを取り上げた本を上梓されました。私も丼物が大好きで、この秋、お店に伺った際、無理やり丼をお願いしてみました。作ってくださったのは「鯛丼」、飛び切りの鯛の刺身を何切れも使い、それを醤油ベースの調味料にわずかの時間漬け、炊き立てのご飯の上に載せただけのどんぶりでした。うまいの、なんの!食べ終えて、掌にすっぽりとおさまる丼をよく見ると、北大路魯山人の器でした。なんという贅沢!

京都で遅めの夕食ということであれば、祇園の「ろはん」へ出かけます。かしこまった懐石ではなく、関西の食材を巧みに使って、京都ならではの食事が気軽に楽しめます。

はじめての方にはコースがお薦めで、メインディッシュが鶏か牛のすき焼きです。一品料理もずらりと並んで、人気は「鯖のサンドイッチ」。隣のお客様が召し上がっているのを見てしまうと、すでにお腹いっぱいでもつい注文したくなる「ろはん」の逸品です。

「浜作」や「ろはん」で食事をすると、甘味は欲しくなりませんが、新幹線で東京へ戻る前、少し時間の余裕を見て駅につき、改札を入った中に「宝泉」があります。ここの「ぜんざい」はあずきの香りが豊かで、私のお気に入りです。プラットホームへ上がる前には「田中長」の「都漬け」をお土産で買うことを忘れません。「奈良漬け」と言わないのは、京都の漬物だからです。


■夕食 お腹をすかして、板前割烹「浜作」へ   PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

-ym01hamasaku1 -ym01hamasaku2 -ym01hamasaku4
鯛丼 北大路魯山人の器 ふぐ刺し

 

-ym01hamasaku3    
かぶらの炊き合わせ    

 

■遅めの夕食なら、祇園「ろはん」  PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

-ym01rohan2 -ym01rohan1  
牛肉のすき焼き(通年) 若竹煮:若布と筍(春)  

 

■宿泊  ハイアット リージェンシー 京都

-ym01hrc001 -ym01hrc1  
京都の街並みにも合う落ち着いた外観 上質な空間エグゼクティブスイートのお部屋  

 

■朝食

-yamamoto01regency3 -yamamoto01regency4cop  
数量限定の「東山 Touzan」の和朝食  洋朝食なら「ザ・グリル」  

 

■甘味  宝泉の「ぜんざい」

-ym01housendo1 -ym01housendo2  
 丹波大納言ぜんざいと丹波白小豆ぜんざい  夏期限定の冷やしぜんざい  

 

■お土産  田中長の「都漬け」

-ym01tanakachou2    
樽入りと箱入りの都漬け    


【店舗情報】

■浜作

住所/京都市東山区祇園八坂鳥居前下ル 下河原町498

問い合わせ・予約/075-561-0330

営業時間/昼/第1・第2火・木・土曜日を除く12:00~14:00  夜/18:00~

定休日/水曜日・毎月最終火曜日

http://kyoto-gion-hamasaku.com    

■祇園 ろはん

住所/京都市東山区大和大路通四条上ル廿一軒町232 

問い合わせ・予約/075-533-7665
営業時間/17:00〜22:30(L.O.)
定休日/日曜(翌月曜が祝日の場合は日曜営業、翌月曜休業)
HPなし

■ハイアット リージェンシー 京都

住所/京都市東山区三十三間堂廻り644番地2

問い合わせ・予約/075-541-1234
営業時間/17:00〜22:30(L.O.)
http://kyoto.regency.hyatt.com

■宝泉 京都駅店

住所/JR京都駅新幹線構内2階

問い合わせ・予約/075-693-9103
営業時間/(物販)午前8時~午後9時(茶寮)午前10時~午後8時 
定休日/年中無休  冬は温ぜんざい(赤・白2種)、夏は冷やしぜんざいを提供
http://www.housendo.com/index.html

■田中長奈良漬店

住所/京都市下京区綾小路通烏丸西入童侍者町160 
*本店店舗改修のため仮店舗・京都市下京区室町通仏光寺上ル白楽天町532にて営業中。京都駅新幹線改札内「舞妓」でも販売。

問い合わせ・予約/075-351-3468
営業時間/9:00〜18:00
定休日/年末年始
http://www.tanakacho.co.jp

 

 

 

*次回もお楽しみに。

山本さん顔

山本益博(やまもと ますひろ)

1948年、東京・浅草生まれ。早稲田大学第ニ文学部卒業。卒論が『さよなら名人藝―桂文楽の世界』として出版され、評論家としてスタート。幾度も渡仏し三つ星レストランを食べ歩き、「おいしい物を食べるより、物をおいしく食べる」をモットーに、料理中心の評論活動に入る。82年、東京の飲食店格付けガイド(『東京味のグランプリ』『グルマン』)を上梓し、料理界に大きな影響を与えた。長年にわたる功績が認められ、2001年、フランス政府より農事功労勲章シュヴァリエを受勲。2014年には、農事功労章オフィシエを受勲。「至福のすし『すきやばし次郎の職人芸術』」「イチロー勝利への10ヶ条」など著作多数。 

 

 

料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」
バックナンバー

その他のTRAVEL

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る