旅する&恋する! 韓国ドラマ

旅する&恋する! 韓国ドラマ

#01

話題の舞台『Honganji―リターンズ―』に注目!

文・『韓国TVドラマガイド』編集部/梶原知恵

 

私の“BOYFRIEND”に会いに行く!

 韓国エンターテイメント好きにも俳優好きやライブ好きなど、さまざまありますが、どの方にもオススメしたいのが、今回紹介する舞台『Honganji—リターンズ―』

 なんと、美少年から大人のアーティストに変貌を遂げたBOYFRIENDのヨンミンが、初舞台にして、日本の舞台に出演。ということで、本番間近のヨンミンに直撃。挑戦まっただ中の彼から目が離せません!

 

 

初舞台だけれど「楽しくできる気がする」(ヨンミン)

 シングル『GLIDER』が6月に発売されたBOYFRIEND。次はどんな展開が?と楽しみにしていたところに入ってきたのが、「BOYFRIEND ヨンミン 初舞台」のニュース。日韓合わせても、これが彼にとっての初舞台となるので、さぞかしナーバスになっていると思いきや…。

 

「舞台が好きで、よく見ていたのでいつか立ってみたいと思っていました。韓国で出たいと思っていたところに、今回、日本の舞台出演のお話をいただいて、とてもいいきっかけをもらったと感謝しています。日本の舞台で言葉も難しいのですが、難しさを心配するよりも、今は楽しみながらできる気がしています!」

 

 普段から目が大きなヨンミンですが、「できる気がする」という言葉では、さらにチャームポイントの目をクリッと大きくさせて、やる気パワーを全開!

 

 

演じるのは復讐を胸に秘めた戦国のスナイパー

 タイトルロールの『Honganji』とは、現在の大阪城にかつて存在した「石山本願寺」のこと。本作は、天下布武を掲げて武力によって天下統一をはかろうとした織田信長(陣内孝則)と、信長の生涯の宿敵とされた本願寺の僧侶・顕如(けんにょ/壮一帆)の攻防を軸に描かれる戦国時代の人間ドラマです。この中でヨンミンは「橋本雷」という、信長側につくスナイパーを演じるそう。

 

「橋本雷は、諸星和己さん演じる孫一に父親を殺され、憎しみだけを胸に秘めて生きている男。冷静で、心が冷たくて、とてもかわいそうな子です。感情はほとんど表に出さないのですが、時には父親への気持ちを隠そうとするけれどうまく隠せなかったり、時には堰を切ったように思いが溢れたりします。雷のそんな感情の波を大切に演じたいですね」

 

kankokutv01_1

橋本雷役のヨンミン

 

『GOGOイケメン5』という映画で、スポーツ万能・成績優秀・容姿端麗と3拍子揃ったスーパーイケメンを演じたことがあるヨンミンですが、その役とはまったく違う姿を今回は見せてくれるとか。

 

「『GOGO~』のときはツンデレだったけれど(笑)、雷は心の中まで冷たいんです。そこが違いますね。それから今回は、殺陣があるんですよ! 殺陣はもちろん初めてなので、ちょっと今、メンタルが…(笑)。ジムにはずっと通っていましたが、韓国でもっとアクションを練習してくればよかったです…」

 

“初”だらけの舞台出演には、殺陣シーンも加わってまさに初めて尽くしに。本番まで、睡眠をいっぱいとって体力をつけつつ、お稽古に励むと話します。

 

 

セリフは覚えるのは大丈夫、でも昔の言葉が難しい

「『ず』とか『ざ』とか、発音が難しいのですが、『まことにございますか』なんていう、昔の言葉もたくさん出てきて意味が難しい言葉もあります。タイトルの本願寺のことなどはお稽古前に調べたのですが、あとは台本の流れで意味を知った言葉もたくさんありますね」

 

 本作は再演ものなので、初演からの続投組の和の中に入っていくのは難しいことですが、ヨンミンはお稽古のスタート時から、すっかり愛されキャラとして共演者の中では定着しているよう。

 

「共演者の姜(暢雄)さんのことは『アニキ』って呼んでいるんです(笑)。アニキとはご飯を食べに行ったりして、お稽古中もそのほかのときも舞台、俳優としてのアドバイスをいっぱいいただくのですが、それ以上に嬉しいのが、『元気?』『緊張しなくていいよ』といつも気にかけてくださることです。たくさんの先輩方に囲まれて、本当に幸せです!」

 

 BOYFRIENDのメンバーにはすでに舞台経験者も。ほかメンバーからもアドバイスはあったそう。

 

「リーダーのドンヒョンさんが、僕の舞台出演を心配してて…(笑)。日本語だし、ドラマと舞台は違うぞと教えてくれました。舞台はお客様が常に前にいるから、動きを気にしなさいと。演出家からも君はスナイパーだから、どこから敵がきてもいいようにいつも警戒して、俊敏に動いてほしいと言われています」

 

kankokutv01_02

前回公演の様子

 

 ヨンミンが演じる橋本雷という役は、スナイパーということもあり、一瞬も気が抜けない役。感情と気配を消しつつも、いつも何かを観察し、何かを察知し、瞬時に動かなくてはならないそう。とはいえ、そんな難しい役どころなのに終始、彼は前向きな言葉を口にします。

 

「今回の舞台を事前勉強からお稽古を通じて、今、いろいろ感じています。ひとつのドラマの中にいくつもストーリーがあるので、それが見どころですね。その舞台に違和感のないように、自然に溶け込む役になれるようにがんばります。えっ? 僕の見どころですか? 孫一が父親の敵だとわかるシーンがあって、そこで放つひと言です!」

 

 稽古が始まる前は緊張をしていたようですが、今や「楽しんでやりたい」「期待していてください」と力強く語るヨンミン。稽古を重ね、初日が近づけば近づくほど彼の役へのアプローチは深まり、きっと本番では熱いものを秘めた佇まいの「橋本雷」を見せてくれるに違いありません!

 

 

●舞台『Honganji―リターンズ―』公演情報

 

1605-33_本チラシ-A_A4_0620_ol

 

原作:保志忠彦 脚本:斎藤栄作 演出:ウォーリー木下 衣裳デザイン:小篠ゆま 題字:紫舟

出演:陣内孝則 壮一帆 諸星和己 市川九團次 セヨン(MYNAME) ヨンミン(BOYFRIEND) ほか

[日程]8月21日(日)~27日(土)

[会場]明治座

[公式サイト] http:// www.stars-honganji.jp

[チケット料金] S席10,000円 A席7,000円(全席指定・税込)

[公演スケジュール]全10回公演

 

kankokutv01_04

 

[お問合せ]Honganji舞台製作委員会 TEL:03-5772-3220

 

 

*次回配信は8月末を予定しています。お楽しみに!

 

*本誌『韓国TVドラマガイド』vol.66は、8月22日(月曜日)発売です。こちらもお楽しみに!

 

kankoku01_05

 

『韓国TVドラマガイド』編集部

韓国のTVドラマ、映画、K-POP総合情報誌『韓国TVドラマガイド』(双葉社スーパームック・偶数月22日発売)編集部。本誌では人気スターのインタビューやドラマの詳しい解説、DVDリリース情報、テレビ番組表、現地エンタメの最新情報も掲載。編集部公式ツイッターはこちら→https://twitter.com/kankoku_tvguide

双葉社スーパームック好評発売中!

korea-drama00_book01

韓国TVドラマガイド vol.65

korea-drama00_book02

韓国TVドラマガイド vol.64

korea-drama00_book03

韓国TVドラマガイド vol.63

korea-drama00_book04

韓国TVドラマガイド別冊[保存版]最新ベストセレクション

旅する&恋する! 韓国ドラマ
バックナンバー

その他のCULTURE

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る