旬の地魚を味わう全国漁港めぐり

旬の地魚を味わう全国漁港めぐり

#01

【10月の旬魚】:泉佐野「鱧」・小伊津「甘鯛」・大浦「疣鯛」・串間「飛魚」

「本当に旨い魚を現地でいただく!」をテーマにお届けする「全国漁港めぐり」の第1回は、 大阪府・泉佐野の[ハモ]、島根県・小伊津の[コビル]、徳島県・大浦の[イボダイ]、鹿児島県・串間の[トビウオ]をご紹介します。

port01_ct01_img01

大阪湾で獲れた本場のハモ 泉州魚処の泉佐野で味わう

 京都でも特に祇園祭に欠かせないのがハモだ。
なぜハモが尊ばれたかといえば、生命力が強く、大阪湾などで獲れたものが生きたまま運べたからだという。また、その生命力ゆえ精が付くとも思われた。冬場ならともかく、夏でも鮮魚が食べられたのはありがたかったに違いない。
ハモはウナギやアナゴと同じ仲間だが歯が鋭く、口は目の後ろまで裂け、いかつい顔付き。大食いかつ凶暴で、貪欲に「食む」ことからその名が付いたともいう。ウナギやアナゴと違って小骨が多く、細かく包丁を入れる「ハモの骨切り」をして食す。それを湯引きにし、冷水で締めて梅肉に合わせて食べるのは格別だ。

port01_ct01_img02

 

 

本州中部以南、特に西日本に多く分布。沿岸海底の砂や泥に生息。ウナギの仲間でウロコがなく、表面はぬるぬるしている。皮が厚く、大阪では皮を焼いたものをキュウリと一緒に酢のものにもする。60~70cmのものがよく流通するが、大きいものは2mを越える。夜、小魚や甲殻類などを捕食。獰猛で胃の中を調べたらアナゴを食べていたという報告もある。照焼きや天ぷら、吸い物などのほかカマボコの原料にもなる。

A lot of "HAMO" inhabit in the south particularly West Japan from Honshu central part. This fish inhabits the sand of the coast and the mud of bottom of the sea. It is in the group of the eel, it does not have a scale and the surface is slimy. The skin is thick. In Osaka, people bakes its leather and makes the thing which  vinegared food with a cucumber. Things of 60-70cm circulate well, but the big thing is beyond 2m. This fish preys on a small fish or Crustacea at night.  It is a ferocious fish, there is the report that it ate a sea eel when a man checked it in stomach . It becomes the raw materials of the kamaboko other than teriyaki(broiling with soy sauce) and tempura, soup.

port01_ct01_img03

1 泉佐野は大阪でも一、二を争う漁港。多くの人が働く 2 夏は5:30、冬は6:00に出漁。大阪湾全体が漁場でセリに合わせて戻る 3 事前に申し込めば14:30から始まるセリが見学できる(水曜と日曜と組合が定めた休業日以外、天候によってない場合も)telicon072-462-3025 4 泉佐野名物が漁協運営の青空市場だ。昔は露店だったが今は建物の中に30店ほどが並ぶ。水揚げされた地魚以外に他県のモノも。安さと新鮮さが自慢。市場で買った魚介をバーベキューで食べるコーナーもあり 【住】大阪府泉佐野市新町2-5187-101 telicon072-469-2340 【営】10:00~18:00、水曜定休、泉佐野駅から徒歩約20分 http://www.aozora-ichiba.com/

port01_ct01_img04

 泉佐野漁港からも近いりんくうタウンは、買い物や食事、遊びが同時にできるエリアだ。プレジャータウンシークルは、飲食店や販売店のほか温浴施設も擁する複合施設。JRと南海が乗り入れる駅に直結し、高さ85mの大観覧車がシンボル。また、駅近では国内最大級のアウトレットも。海沿いには公園も整備され白砂の海岸もあって散策にいい。

port01_ct01_img05


写真提供:泉佐野漁業協同組合、大阪府

port01_ct02_img01

ほのかな甘みと上品な旨み 赤色が鮮やかな自慢の魚

 丸いおでこに大きな目が印象的なアマダイ。淡白ながら上品な味を有する高級魚だ。名前の由来は、その身の甘さや、あるいは顔付きが尼さんに似ているからともいわれている。グジともいうが、島根では「コビル」と呼ぶ。赤みを帯びた体が美しく、コビルを特徴付けている。しかし放っておくと色が褪せ、また水分が多くて柔らかいため身崩れもしやすいという難点も。そこで一夜干しにするのが一般的だが、新鮮なものは皮目を火で炙ったり、昆布締めにしたりして、生でいただくのもいい。
 島根半島にある小伊津町では工夫を重ね、鮮度のみならず、鮮やかな色を保つことにも成功。賞にも輝き「小伊津アマダイ」として人気が高い。

port01_ct02_img02

 

 

甘鯛日本周辺にはシロアマダイやキアマダイなど何種類か生息するが、アマダイといえばアカアマダイ。大きいもので全長50cmほど。中部以南に分布し、主に石川県以南の日本海側で漁獲される。警戒心が強く、水深10~60mの砂泥質の海底に穴を掘って生活。巣穴から頭だけ出し、眼の前をエビやカニ、小魚などのエサが通りかかると大きな口で捕食。ほとんど移動しないが縄張り意識が強く、侵入者に対して激しく攻撃する。

"AMADAI" has several kinds including "white amadai" and "yellow amadai", but, speaking of "AMADAI ," generally points to the red tilefish in Japan.Full length of big tilefish is approximately 50cm. They have a lot habitation at the south Sea of Japan from Ishikawa. This fish is very strong in cautiousness, it digs the hole at the bottom of the sea of the sand property of the mud approximately depth of the water 10-60m and grow there.This fish usually shows only a face from its den. And It catches them with a big mouth and eat when "prawns" or "a crab" or "a small fish" happen to pass by the front of its face as for them accidentally.It does not move very much, however, it is intense and attacks that fellow and others when something invaded its territory because the territory recognition is very strong.

port01_ct02_img03

1 刺し網にかかったアマダイ。小伊津では鮮度とその色も保ちながら出荷される 2 一本釣りやはえ縄、底びき網や刺し網など、いろいろな漁法で漁獲される 3 色も鮮やか、新鮮なアマダイは皮目にさっと熱湯をかけた湯霜造りで 4 旨みを閉じ込めたから揚げは食感もいい。なお、小伊津港を見下ろす高台にある民宿大松屋ではシーズン中アマダイ料理がいただける。ただ漁にもよるので事前の確認を telicon0853-68-0209

5 小伊津の南に位置する宍道湖。淡水と海水が混ざった汽水湖でシジミが有名。島根半島南側に臨む宍道湖の平均水深は4.5mで、もっとも深いところでも6.4mと浅い。中国山地を源とする斐伊川の下流にあって、湖では7番目、汽水湖で3番目の広さを誇る。さらに下流の中海と合わせると日本最大の汽水域になる。スズキやモロゲエビ、ウナギ、コイなど海水魚と淡水魚が混在し、100種を超える生物が生息する。なかでも有名なのが日本一の漁獲量を誇るシジミだ。ここの大和シジミは淡水のものと比べ大粒で旨いと評判である。というのも、水位の差がないため、気象条件によって変化する塩分濃度に対応するため、シジミの内臓が鍛えられるからだ。それによって旨みが濃くなるといわれている。
 冬にはたくさんの渡り鳥が北方から飛来する、バードウォッチングの名所でもある宍道湖。小魚などのエサも多く、20万人が暮らす松江市を擁しながらも豊かな自然環境が保たれている。

写真提供:島根県JF全漁連

port01_ct03_img01

 楕円形をした愛嬌のある姿のイボダイ。関東ではエボダイと呼ばれ、干物としても馴染み深い。
 幼魚のうちはクラゲに隠れ外敵から身を守る。しかし、成魚になるとそのクラゲを捕食するという非情な魚でもある。徳島ではボウゼと呼び、その姿寿司は秋を彩る郷土料理となっている。背開きしたイボダイを酢と塩で締め、スダチなどを加えた寿司飯を詰めて押し寿司にする。酢でやわらかくなり、頭から食べられるのが特徴だ。「農山漁村の郷土料理百選」にも選ばれた、徳島の秋祭りの頃に各家庭でつくられるおふくろの味である。

port01_ct03_img02

 

 

疣鯛イボダイ科の魚。楕円形で側扁する。東北以南の沿岸部に生息。西日本で比較的多く流通する。肉食でクラゲ類や浮遊する小動物を捕食。幼魚はクラゲの下などの表層にいるが、成魚は底層にすむ。主に底びき網で漁獲する。全長15cm前後のものが出回るが、大きいものは30cmにも。ウロコはあるものの粘液を分泌するため体表はヌルヌルしている。新鮮なものほどヌメリがある。身は淡白ながら脂が乗り中華料理の食材としても人気。

IBODAI is a fish of the harvest fish department.It does an oval.It lives in the sea of the coastal place south than Tohoku. It is relatively sold a lot in West Japan.This is carnivorous fish, preys on jellyfishes or a loosening small animal. A fry grows up under the jellyfish close to the sea surface, but an adult fish lives in the bottom of the sea.The people catch the fish mainly in SOKOBIKIAMI. A thing of around 15cm full length is sold well, but the big thing becomes 30cm.It has a scale, but the surface of the body is slimy to secrete viscous liquid.As much as it is fresh, there is slime.Though this fish meat is plain taste, there is much fat content and is popular as materials of Chinese food.

port01_ct03_img03

1 鳴門海峡近くの「JF北灘さかな市」。漁協運営の直売所で食堂も併設。毎月第2土曜には8:00から朝市も開催 2 不定期で定置網の見学ツアーも実施。詳しくはJF北灘さかな市まで 【住】徳島県鳴門市北灘町宿毛谷字相ヶ谷23 telicon088-683-8137、食堂/088-682-0037【営】9:00~17:00、食堂/10:00~21:00、無休 http://www.jf-kitanada.com/

port01_ct03_img04

直径20mになる世界最大の渦。潮流は最速20km/h以上。大鳴門橋から大渦を見ることも。

写真提供:徳島県

port01_ct04_img01

灯りに向かって飛んでくるトビウオを綱でキャッチ!

 初夏になると、宮崎沿岸に南の海からトビウオが黒潮に乗ってやってくる。特に串間は、平安時代にその干物が献上されていたと記録に残るほど産地として名高い。トビウオは英語でもフライングフィッシュと呼ぶように、海面を滑空するのが特徴である。大型の魚から逃げるときなどに、幅のある大きな胸ビレを広げて飛ぶ。その距離は100~200メートルほどだが、中には500メートル飛ぶものもいるという。
 そのトビウオを、串間では海面を飛ぶところを手網でキャッチする「トビウオすくい」ができる。夜、漁船に乗って沖に出て、集魚灯の灯りめがけて飛んでくるトビウオをすくうのだ。串間の夏の楽しみである。

port01_ct04_img02

 

 

飛魚本州以南に分布。南海の魚で春になると産卵のために群れをつくり日本沿岸を回遊。秋、南へと戻る。日本周辺では30種ほどが知られる。主なもので、ツクシトビウオ、ホソトビウオ、ホントビウオ、ハマトビウオの順に来遊する。もっとも大きいハマトビウオは全長50cmほどで秋から晩秋に来遊。いずれも胸ビレが大きく、尾ビレの下葉が上葉より長い。胸ビレを拡げグライダーのように飛ぶときの飛行速度は時速60~70kmほどにもなるという。

TOBIUO (flying fish) has habitation than Honshu and it to the south. It is a fish of south seas and when it is spring, it makes a group for laying eggs and make an excursion at the Japan coast. When it is autumn, they come back to the south. Approximately 30 kinds are known around Japan. With a main thing, it comes in order of field TSUKUSHITOBIUO,HOSOTOBIUO, HONTOBIUO, HAMATOBIUO. It comes in the biggest HAMATOBIUO approximately 50cm in total length in late fall from autumn. Any type of flying fish has a big chest fin, and a lower part of the tail fin is longer than a upper part. It is said that the airspeed when a flying fish widens chest fin and flies like a glider becomes approximately 60-70km per an hour.

port01_ct04_img03

1 8月最後の金・土で行われる都井岬の火祭り。串間の夏の風物詩だ 2 泉質自慢の「串間温泉いこいの里」は日帰り入浴も可 telicon0987-75-2000  3 都井岬にある漁師が営む民宿「海洋荘」では、亭主自ら船頭を務めるトビウオすくいと宿泊をセットにしたプランも。魚介料理が評判の食堂ではトビウオ料理もいただける。telicon0987-76-1354 4 灯りめがけて飛んでくるトビウオすくいは夏の楽しいアクティビティ 5 アゴとも呼ばれるトビウオだが、ダシや竹輪の原料にもなるように味が濃い。その旨みを閉じ込めたから揚げは前述の海洋荘で

port01_ct04_img04

 串間は野生馬が有名である。宮崎県最南端の都井岬には、体長体高ともに130cmほどの純粋な日本在来の「御崎馬」が生息する。江戸時代に高鍋藩によって放牧された馬が野生化したもので国の天然記念物だ。都井岬ビジターセンターでは入館者対象に無料で野外ガイドを実施している。ここは亜熱帯に繁るソテツの北限自生地でもあり、こちらも国の天然記念物。

port01_ct04_img05


都井岬ビジターセンター(うまの館)

【住所】宮崎県串間市大字大納42-1
【電話】0987-76-1546
【開館】9:00~17:00、月曜休館(月曜祝日の場合は火曜休館)
【料金】大人310 円 小中学生200 円
【交通】JR 串間駅からコミュニティバス都井岬行きで約40分、終点下車※ガイドは10:30、13:30の2回で1時間半ほど(電話予約優先)


写真提供:串間市観光協会


thumbnail001全国40港を収録したMOOK「旬の地魚を味わう全国漁港めぐり」が絶賛発売中!


 

port00_ct01_hd


port00_strada


 

旬の地魚を味わう全国漁港めぐり
バックナンバー

その他のTRAVEL

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る