ステファン・ダントンの茶国漫遊記

ステファン・ダントンの茶国漫遊記

#01

日本茶と私の旅の始まり

ステファン・ダントン

DSCF0246

 

 

 

 

お茶のイメージ

 

 

   お茶という言葉でイメージする風景はさまざまだ。伝統的な茶室でたてた抹茶をルールにそって味わう儀礼的な様子は、海外で紹介される日本茶文化の代表的なイメージだ。日本文化のコアにこうした日本茶文化があるということを学んではいたが、フランスにいた当時の私にとってのお茶は遠い異国の伝統文化だった。
 一方、日常と隔たった大文字の文化としての茶道とは別に、私たちフランス人が親しむcaféのように、日々の生活で常にかたわらにある飲み物としての日本茶がある風景を、私は映画で知った。小津安二郎の作品でもよく見られる、ちゃぶ台を囲んで展開される家族の会話や振る舞いから日本の家庭のありようを感じた。
 そこにはいつも茶だんすや茶筒や急須や茶碗があった。

 

 

 

床の間を背にするステファン

 

日本茶でくつろぐステファン

床の間を背に姿勢を正して飲む日本茶もいいが…、下の写真のように、普段着で気取らず過ごす場所に日本茶があってほしい

 

 

 

 

日本茶とのファーストコンタクト

 

 

 1986年に初めて訪れた日本で出会ったお茶は想像していたものとまったく違っていた。
 学生食堂のサーバーから出てきた緑色のぬるい液体は、私に「味気ない」という日本語を叩き込むほどひどいものだった。のちに、ちょっとしたサービスとして飲食店やサービスエリアがタダで提供する日本茶が、タダだからこそまずいのだということはわかったけれど、ファーストコンタクトの印象は最悪だった。日本茶が、水よりはマシな飲み物として軽んじられているようにも感じた。
 日本文化体験の一環として抹茶をいただいたこともあった。日本の伝統的な儀礼を学んでいるという実感はあったが、ひどく緊張しながら飲んだ抹茶の味そのものについては、
「苦いエスプレッソみたいなものだな」
という印象だけが残った。
 一般家庭でのお茶のあり方についても驚かされた。北海道のホームステイ先で「お茶にしましょう」とホストマザーが出してくれたのは、紅茶やコーヒーがほとんどだった。
「私が外国人だからなんだろう」
と当時は思ったが、その後、日本では「お茶をする」が必ずしも日本茶を飲むことを指すわけではなく、「(何かを飲みながら)休憩する」とほぼ同義であることを知った。休憩しながら飲むものの選択肢が増えて、日本茶はその一部にすぎなくなっていたのだ。
 「日本茶はもっと美味しいものだと思っていたのに…。日本の食卓には必ず日本茶があると思っていたけれど…」
そんな失望とともに、日本で留学生として過ごした1年間で、私にとっての日本茶の印象はとても薄くなっていた。とはいえ、キラキラした東京や素朴な北海道のリアルな日本を経験したことで、日本や日本人への関心を深めた私は、ソムリエとしてパリやロンドンで働きながら、再訪日するチャンスをうかがっていた。


 

 

 

 

日本茶はもっといける

 

 

  1992年、ようやく再来日を果たしたものの、ソムリエとしての仕事は得られず、老舗紅茶専門店で働くことになった。世界各地の紅茶を中心に紹介するその店では、中国茶や日本茶も扱いっていた。ソムリエである私は、世界各地の茶葉を並列的に分析し、それぞれの評価をしながら茶葉についての知識を深めていった。当時の私にとって日本茶は特別なものではなく、その中の一部にすぎなかったのだが、ある日いただいた煎茶との出会いが、私の日本茶との向き合い方を変えた。
 初めて心から「おいしい!」と思った日本茶は、ある旅館で出してもらったものだった。
 旅先で旅館にチェックインすると、まずは仲居さんが部屋へ案内してくれる。旅の荷物を置いて座布団に腰を落ち着けると、目の前の座卓には茶筒、急須、茶碗、ポットが置かれている。仲居さんは、旅館の使い方や周囲の案内をしながらごく自然な流れでお茶を淹れてくれる。そのお茶を口に含んだときに、「ああ、おいしい」と声が出てしまった。それは深蒸しの煎茶だったのだが、その鮮やかな水色、湯気とともに立ち上る香り、口いっぱいに広がる苦味と旨味が私の五感全体を満たした気がした。
 知らない土地に来た緊張をほどき、我が家にいるようなくつろぎへ誘う湯気の香り。旅の疲れをピリッと回復させてくれるような少しの苦味。 
 それからの私は、夢中になって日本茶の勉強を始めた。産地や製法で異なる水色、香り、味わいのヴァリエーションの多さも驚くべきものだった。
 さまざまな料理に日本茶を合わせる実験もしてみた。意外なことに、その繊細な味わいは、日本料理だけでなく、中華料理にも西洋料理にも合うことを発見した。
「日本茶は、ひょっとすると世界中で受け入れられるソフトドリンクにもなるかもしれない!」
 
 そんな私の思いとは裏腹に、紅茶やコーヒーなどに押されるように日本茶の存在感はどんどん薄くなっているようにも思った。
 その後、ブライダル業界でコンサルタントをするようになった私は、そんな思いをさらに強くした。パーティーで出されるソフトドリンクは、ウーロン茶かオレンジジュースがほとんどだった。日本茶が選択肢にのぼらないことが不思議だったが、温かい日本茶を出すのは大変だし、西洋料理とは合わないという思い込みがあるのかもしれないと思い直した。
「いや、違う」
 私は考えた。
 披露宴の列席者の中には、孫の晴れの日を楽しみに田舎から出てきたおばあちゃんがいるかもしれない。彼女が食事のときも一息つくときも日本茶を飲むような日常を過ごしていたら。
「いつもと違う場所、見慣れぬ料理に緊張している中、彼女の目の前に日本茶が出てきたら、きっとリラックスしてパーティーを楽しめるに違いない」
 私は冷たくした煎茶をワイングラスに入れてみた。すると、ゴールドに近い煎茶はまるで白ワインのように美しく、西洋料理のテーブルにぴったりなじんだのだ。
 「味わいの繊細さが料理の邪魔をしないだけじゃない。出し方の工夫をすればどんなテーブルにも合わせられるんだ。それをアピールすれば日本茶は世界のソフトドリンクになれる!」
 日本茶の価値を確信した私は、さらに日本茶を知るために、生産の現場を訪れることにした。
 

 


 

写真4IMG_0012

水出しワイングラス

 

 

 

  

 

茶畑の遠景にたなびく雲

茶畑の遠景にたなびく雲
 

 

 

 

 

 

 

*この連載は毎月第1・第3月曜日(月2回)の更新連載となります。次回もお楽しみに! 

 

 

写真/ステファン・ダントン    編集協力/田村広子、スタジオポルト

stephane-danton00_writer00

ステファン・ダントン

1964年フランス・リヨン生まれ。リセ・テクニック・ホテリア・グルノーブル卒業。ソムリエ。1992年来日。日本茶に魅せられ、全国各地の茶産地を巡る。2005年日本茶専門店「おちゃらか」開業。目・鼻・口で愉しめるフレーバー茶を提案し、日本茶を世界のソフトドリンクにすべく奮闘中。2014年日本橋コレド室町店オープン。2015年シンガポールに「ocharaka international」設立。2017年路面店オープン予定。著書に『フレーバー茶で暮らしを変える』(文化出版局)。「おちゃらか」http://www.ocharaka.co.jp/

ステファン・ダントンの茶国漫遊記
バックナンバー

その他のTRAVEL

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る