2017年自腹でマイル修行&麺の旅

2017年自腹でマイル修行&麺の旅

#01

大阪(前篇)

旅人・KOJIRO

    jal

なにしろ、
飛行機好きなもので。


少しでも時間があると飛行機に乗りたくなる。
飛行機に乗って旅に出たいと駆り立てられる。

大阪まで新幹線ではなく、飛行機に乗る。
たとえ仕事の移動でも、離陸のふわっとした瞬間、
そのときから僕にとっては、すべてが旅になる。

なにしろ、 飛行機好きなもので。

僕のJALの生涯搭乗回数は159回(国内線134、国際線25)。
生涯マイルは144,026マイル。
実に地球を6周もしている計算になる飛行機好きだ。
ちなみにANAの生涯マイルは85,845マイル。地球4周半。

JALやANAをはじめ世界中の航空会社では、
独自のマイレージサービスを行っている。
フライトばかりでなく、ショッピングでもマイルを貯めることができ、
その貯まったマイルは、航空券や電子マネーなどの特典と交換できる。

それとは別に、飛行機を多く利用する人へのサービスとして、
各社独自のVIP(上級)会員制度マイレージプログラムがあり、
特別なサービス「おもてなし」が受けられる。

「おもてなし」を簡単にいうと、
国際線ビジネスクラス利用時と同等のサービスが、
国内線、国際線問わず、エコノミー、格安チケット、
様々なパッケージツアー、団体旅行でも、利用でも受けられるのだ。

僕は、プライベート、仕事でも飛行機を使う機会が多く、
JAL、ANA、Delta(世界的な3つの航空連合)のVIP会員だった。
世界中65社の航空会社の様々なサービスが受けられた。

TABILISTA=旅の達人である。
旅好き、飛行機好き、気ままな一人旅、そんな旅人には、
航空会社のVIP会員は手に入れたい、なくてはならないものだ。

なぜなら、いつもの移動が特別な旅になり、
快適で有意義な、空の旅を約束してくれるから。

例えば、JALの場合は、
何をすればいいのか?

簡単である。
2017年1月1日から12月31日までに、
年間50回、ただただJALの飛行機に乗れば、
誰でも、JALのVIP(サファイア)会員になれて、
2019年3月まで特別のサービスが受けられる。

2017年、大好きな空の旅を楽しみながら、
自腹で、JALのVIP(サファイア)会員を目指す!

なぜ、ANAではなく、JALなのか?
また、VIP会員の特典の詳細は、後編で詳しく書くとする。
いったい飛行機代、いくらかるのだろう(笑)


2017年、JAL初フライト
羽田から伊丹へ日帰りトリップ

2017年の初搭乗は、生涯国内線搭乗134回の半数以上を占め、
一番親しみのある伊丹空港行きに決めた。

自腹で、年間50回搭乗するので少しでも運賃は抑えたい。
そのため運賃は「スーパー先得」を利用。
往路9,990円、復路11,980円、合計21,970円。
※新幹線(東京-新大阪/指定席)往復29,300円

2017年1月8日 6:55
羽田空港 曇り、気温3℃

少し早めに着いたので、ターミナルを散策する。
特に変わりはない、いつもの羽田空港。
日曜日ということもあり、平日の朝はスーツ姿のビジネスマンで
溢れるターミナルも、人はまばらである。
ここ3年ほど、飛行機に乗っていなかったため、
空港の雰囲気はどこか新鮮である。

フライトに関して、大きな変更点はないと思うが、
空港、機内の使い勝手などをチェックしていきたい。

チェックインは、タッチ&ゴーなので、
カウンターには寄らず、直接、保安検査場に向かう。
タッチ&ゴーには、スマートフォン、ICカード(JMBカード、JALカード)
2次元バーコード(eチケお客様控)などの方法がある。
今回は、スマートファンアプリの「JAL Countdown」を使ってみた。

お得意様番号とパスワードを登録すると、
国内線の出発10分前までを、まさにカウントダウン!
運行状況や搭乗口、搭乗案内、保安検査場の混雑まで、
リアルタイムで知らせてくれる。
また、アプリ内に表示される搭乗用バーコードをかざすだけで、
チェックインできるので、カードや搭乗券を探すこともない。
iPhone、Android、新旧機種問わず使えるので非常に便利!

思えば3年前は、VIP会員だった。
専用カウンターでチェックインし、併設のJALラウンジに直行が定番。
朝シャン(シャンパン)ならぬ、朝からビールがお決まりだったが、
現在は平会員。再びVIP会員になるまで、ビールはとっておこう。
搭乗口近くのスモーキングエリアで、しばし待機である。

搭乗が始まり、搭乗口で再びアプリのバーコードをかざし機内へ。
機種はボーイング777。エコノミーの座席配置は3、4、3列。
センター4列の通路側のシートをチョイスする。

機内

隣人に気にせず、トイレへの移動が楽なのが、一番の理由。
隣のシートが空いていることもあり、圧迫感がないのがいい。
この日は、当日シート変更して、足元の広い席、通路側45Gに。
日曜日朝の伊丹行きということもあり、4列に一人だけ。
シートは当日チェックイン前にも変更できるので、
非常口前席など、VIP会員しか予約できない席も、
空いていることがある。
エコノミーは、すべて革ばりシートになり快適である。
これなら短い路線は、クラスJ(+1,000円)でなくても十分。

定刻通りに、離陸する。
「ふわっと」した瞬間、アドレナリンが流れる(笑)
特に揺れはない、安定飛行だ。
ドリンクサービスは、普段はあまり飲まないジュースをもらう。
ほどよく冷えたアップルジュース、
飛行機で飲むドリンクって、なぜか美味い。

3年ぶりに乗って、一番変わったと思うのは、
離着陸以外での電子機器の使用が可能になったこと。
携帯電話の使用もギリギリまでOK。
また、wifiまで使えるようになったのは驚き。
「wifi15分間無料キャンペーン」をやっているので、
PCとモバイルの両方で早速試してみる。
(※2月から8月末日までは、なんと制限なく無料に!)
アクセスは簡単。事前登録を済ませていたので、
まるまる15分間使用できた。快適にサクサク動く。
メールやSNSのちょっとしたチェックには最適だ。
「今、飛行機の中です」と友人にメールをしたところ、
「なにを冗談を、機内で使えるわけないでしょ」との返信が、、、。
まだ「機内でwifiが使える」ことは、浸透していないようだ。
なお、初めての登録時にはメールのやり取りなど、
少し時間がかかるので、搭乗前に済ませておきたい。

実際の飛行時間は、45分あまり。
この感覚に慣れてしまうと、
新幹線での大阪移動は、とても長く退屈に感じてしまう。
そんなことより、飛行機好きなもんで。

2017年1月8日 8:40
伊丹空港 雨 6℃

あっという間に時は過ぎ、定刻5分前には大阪・伊丹空港に着陸。
自腹、年間50回の搭乗を目指す第一歩。
2017年、第1回、記念すべき初フライトでした。

伊丹空港は雨だった。
僕は雨男である。
伊丹

2017年、麺の旅
なにしろ、麺好きなもので。


飛行機好きは、飛行機に乗るだけで楽しい。
でもVIP会員になるために、目的もなく、用事もなく、
ただただ飛行機に乗るだけでは、もったいない。

ついでに、なにする?

友人に連れられて「銀座 篝(かがり)」の行列に並んでいた。
麺好きだが、行列に並ぶのは、正直好きではない。
どちらかというと敬遠してしまうほうだ。
「行列に並ぶという行動が、好きなのでは」
「行列ができているからおいしいと、思い込んでいるのでは」
「つまりは、自分の好きな店を語り、教えたいだけなのではないか」
などと、友人と酒を飲みながら麺談議で盛り上がった翌日のことだった。

40分後、初めて食べた「篝」のラーメンは、おいしかった。

僕はグルメでも、食通でもない。麺好きのただの食いしん坊だ。
お腹がすくと「麺が食べたい」と思い、
麺、汁、具の相性と店の雰囲気を楽しみながら、
麺を食べる満足感は、至福の瞬間であるといえるかもしれない。

そうだ、日本縦断、麺を食べに行こう。

北は旭川のラーメンから南は石垣島の沖縄そばまで、
日本縦断、全国津々浦々、JALの飛行機に乗って、
ラーメン、そば、うどん。
おいしい麺を食べに行こう。

何しろ、麺好きですから。
自分の好きな店を語り、教えたいだけ。
マイル修行の、ついでに(笑)。

2017年1月8日 PM8:50
伊丹空港で、いきに日本酒を、、、。

教えてもらった「おいしい麺」の情報から、
午前中は朝食がわりに、かすうどん。昼食に日本蕎麦。
3時のおやつにカレーうどん。夕食をカレーうどんで締める。
4杯のおいしい麺を巡る冒険である。

一軒目のオープンまで少し時間があり、
あいにくの雨なので、ネットでお店の場所の再確認をしようと、
8:00から開いている空港内の「空港銘酒蔵」に向かう。
空港内で関西の様々な蔵元の日本酒が、
酒の自販機で御猪口1杯100円で利き酒ができる。
日本酒好きにはたまらない。
俳優の佐々木蔵之介さんの実家、京都の佐々木酒造「聚楽第」、
和歌山の名手酒造店「黒牛」あたりを軽く2、3杯やりながら、
冷や酒で身も心も清めて、麺の旅スタート、、、。

ところが、ま、まさかの、
昨年の11月30日に閉店していた。残念、たった1カ月前の出来事だ。

まずは、いきに日本酒で、、、。


災いは福となるか、
さらに災いが、、、。

仕方ないので空港を出てモノレール[大阪空港]駅に向かう。
気温6℃。通路の抜ける風も強く、気温以上にかなり寒く感じる。

さらに災いは続く、
モノレールに乗りネットで確認したところ、
1軒目のかすうどん、4軒目のカレーうどん、
よくよくみると、いずれも「日曜日が定休日」。
痛恨のミス。なんという準備不足。
ああ、予定を変更せねばならない。

そこで1軒目は、2軒目に予定していた、そばに変更。
かなり並ぶと聞いていたので、開店前に着くように出発しよう。

【大阪空港】からモノレール。[蛍池]から阪急宝塚線で[十三]へ。
阪急京都線で[淡路]へ、阪急千里線で「天神橋筋六丁目」に向かう。470円。

「お腹すいた!」
気づけば朝からなにも食べていない。
途中、乗り換えの阪急十三駅構内で「阪急そば」を発見。
汁の匂いに誘われて、軽くかけそばでも、、、。
仁川にある阪神競馬場への取材時には、よくお世話になったものだ。
うまい立ち食いそば屋である。そば屋とあるのに、
僕以外ほとんどの客が、うどんを食べていたのを思い出す。
中を覗くとテーブル席になっていって、
店名も「阪急そば 若菜」とあり、微妙に違うような。
迷ったのだが、先を急ぐことに。
10:50に、天神橋筋六丁目駅に到着した。


心にしみわたる、
『たかま』の鴨汁そばに惚れた!

初めて降りる駅である。雨はさらに強くなってきた。
風が強く、気温は2℃まで下がっていた。
日曜日の午前中、人気のない商店街を5分ぐらいだろうか歩いていくと、
美しい木の壁の外観のそばの『たかま』に着いた。

たかま_店
まだ開店の30分前だというのに、
外人さんをはじめ、すでに10名以上の人が待っている。
1時間は待つ覚悟か、ギリギリ開店と同時に入れるかどうか。
傘をさしたまま列の最後尾に並ぶ。
初見ということもあり、期待に胸高鳴る。

このそばをすすめてくれたのは、
20年ほど前、お互い勤めていた会社の近く半蔵門にあった、そば「三城」で、
うまい肴とそばで、昼から一緒に酒を飲んだくれていた、そば好きおじさん。
最近は、白金のそば「三合菴」で、ご一緒する。
「そばは繊細な極細2種。天ぷらで白。鴨汁で黒。両方注文すること」
「焼きみそ、蕎麦がき、だし巻き、肴もどれもうまいからな」
「もちろん、日本酒の揃えもそばにあう」
と念を押されたが、ふつう一人でそんなに頼めないだろ、おっさん。

開店時間までにはまだ20分近くあったが、突然店の扉が開く。
「まだ準備中ですが、寒いから、中に入って待ってくださいね」
と女将さんに案内される。
ちょうど外で待っていた14人全員が店内に入れた。
ジャズがゆるやかに流れる店内は、落ち着いていて、そばを楽しめる風情だ。
10席の大きな屋久杉のテーブルに着くと、すぐに温かい蕎麦茶が出される。
そばの香りが豊かで、とてもまろやか。冷えた体にしみる。
常連らしき客が、手際よく酒、肴、そばを注文する。
今回は、そばだけ注文と思っていたが、
そばと酒と肴は、やはり一体でしょうと、
鴨汁そば、燗酒、メニューで気になった豆腐の味噌漬けを肴に注文する。
燗酒は、あえてお任せに。
注文した肴にあう、お燗しておいしい酒を選んでくれるのではないか、
期待の高い初見のお店では、最初の酒はお任せにすることにしている。
ああ、お腹が鳴る。

店内はゆったりと時間が流れている。
外人観光客もおとなしくしているように、
僕も店の雰囲気にのまれ少し緊張している。蕎麦茶のお代わりをもらう。
しばらくして、豆腐の味噌漬けと燗酒が出された。
豆腐の味噌漬けを箸先で少しつまんで口に含み、ちびちび酒をやる。
これは、うまい!
豆腐

芳醇な味噌漬けと、ほどよいお燗で少し辛め、ふくらみ豊かな酒があう。
酒飲みとしては、これだけで永遠に飲んでいられる。
ああ、誰かと語りたい。一緒に酒をかわしたいな。
一人旅を悔やむ、瞬間でもある。

こんなことなら、お酒のメニューをもらって、
焼きみそ、蕎麦がき、だし巻きも頼みたいところ。
だが店内は、すでに待っている客がいる。追加は難しそうだ。

ちびちびやりながら盃はなくなり、
最後の一献を名残惜しく飲み干したとき、
「おそば、お持ちしますか」と女将さんに声をかけられる。
絶妙なタイミング。
鴨アップ

まず、熱々の鴨汁の器が目の前に置かれる。
鴨肉と焼きねぎ、汁の中には鴨のつみれが隠れている。
そのまま汁を一口いただく。
濃厚で程よく甘辛い醤油のきいた風味は、口の中にふわっと広がり、
香ばしい焼きねぎ、鴨の豊かな香りが鼻先に抜けるよう。
汁だけ飲んでも、おいしい。

そばアップ
少し遅れてやってきた挽きぐるみの田舎そば(黒)は、
かなり細く透き通るようなツヤツヤなそば。
十割でこの細さには感嘆するばかり。
山のように高く盛り付けられた姿は美しく、食欲をそそられる。
まずは、つまんでそばだけ食べてみる。
しなやかコシが強く、そばの香りが豊かだ。
そばだけ食べても、おいしい。
そして、そばを少なめにつまんで、汁につけて食べる。
そばと汁の相性はすばらしく、
鴨汁用に硬めに茹でられたおそばは、あつあつの汁と絡まって、
なんともいえない、歯ざわり、舌ざわり、のどごし。
ぶ厚い鴨肉は、しっかり歯応えがあり、ジューシーでうまい。
鴨肉のつみれは、鴨の旨味がギュッとしまっている。
焼きねぎ、ゆずとみつばのバランスもいい。
おいしいって幸せだ。
一気に食べ終えてしまった。
鴨そば

しめのお楽しみは、蕎麦湯。
別に出された器に、あつあつの蕎麦湯をそそぎ、そのまま飲む。
トロトロでなめらかな舌ざわり。
そして、レンゲで鴨汁を少しずつ器に移しながら味わう。
これまた、うまい。
これじゃしめられない。止まらなくなり、4、5杯いただきました。
たかま_そば湯

心にしみわたる『たかま』の鴨汁そばに惚れました。

『たかま』
大阪府大阪市北区天神橋7-12-14 グレーシィ天神橋ビル1号館
06-6882-8844 予約不可
営業時間 11:30~14:30 ※売り切れ次第終了
火曜日休み
鴨汁そば(1500円)、燗酒(950円)、豆腐の味噌漬けハーフ(520円)

記念すべき、麺の旅の1目杯は、大満足。

そして、雨の中の行列、波乱の大阪麺の旅は、
次回、第2回大阪(後編)に続く。


顔

KOJIRO(コジロー)

1964年生まれ。大学卒業後、出版社にて男性ファッション誌、女性ファッション誌、トラベル誌、フリーマガジンなど編集長として携わる。現在はフリーランサー。小学生の頃より極度の乗り物酔いだが、飛行機好き。JALの生涯搭乗数は161回。忘れられぬ旅は、JALファーストクラス(特典航空券)で行ったパリ。麺好きの「食いしん坊」でもある。 

 

2017年自腹でマイル修行&麺の旅
バックナンバー

その他のTRAVEL

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る