琉球島猫百景

琉球島猫百景

#01

久高島 神の島は島猫パラダイス

写真・仲程長治 文・シマネコキネマ

 久高島は「神の島」として知られている島だが、実は「猫の島」でもあるということは、一度でもこの島を訪れたことのある人ならば、おわかりいただけるだろう。猫好きの間ではそれなりに有名らしく、最近では聖地巡礼ではなく、島猫巡礼で訪れる人も多いとか。

 本島南部の安座間港から船で約15分、東西に細長い島の北西端にある徳仁港に降り立てば、そこはもう島猫パラダイスだ。その姿を探すまでもなく、食べものにありつける食堂や民宿はもちろんのこと、集落の道端や塀の上など、あちらこちらで久高島猫たちに出会うことができる。

 

ryukyu-shimaneko00_img04

IMG_3454

 

 暑い時間帯には枯葉のクッションが敷かれた浜辺の木陰で昼寝をし、ランチタイムになると甘え声で観光客におねだり。日が傾いて少し涼しくなってくると、ゆたゆたと集落を回遊して、縄張り視察に恋の鞘当て……と、その暮らしぶりはいかにも島猫らしい。

 

#01sasikae

#01tsuika

 

 島の自然やご先祖への感謝と畏怖の念を忘れず、受け継がれてきた祭祀を守り続けている久高島では、石のひとつさえも島外に持ち出すことが禁じられている。土地は「神様からの借りもの」と考えられているため、昔のままの砂の道や緑地も多く残されており、そのぬくもりは、アスファルトよりも肉球にやさしい。

 

IMG_2267

久高島の猫IMG_2085web

 

 島猫たちにとって天敵ともいえる車の往来が少ないのもいい。スーパーもコンビニもないので、観光客も必然的にのんびりゆったりと、島猫たちと同じ島の時間感覚になっていく。この島は猫たちにとってこそ、まさに「神」の島なのかも知れない。

 

 

 

*本コラムの姉妹企画「琉球百景」は、沖縄発信の季刊誌『モモト』(編集工房 東洋企画)で好評連載中です。

 

*2018年公開予定の島猫映画『NYAHA!(ニャハ!)』は、ただいま、絶賛撮影中!

公式インスタグラム→https://www.instagram.com/nyaha_28/

 

*本連載は毎月22日(=ニャンニャンの日)に配信予定です。次回もお楽しみに!

 

 

 

写真家のプロフ用

仲程長治(なかほど ちょうじ)

1959年、石垣島生まれの写真家、デザイナー。20代の頃より沖縄県内であらゆる分野のアートデザインを手がける。現在は琉球・沖縄の文化誌『モモト』のカメラマンとアートディレクターとしても活躍中。2018年公開予定の映画『カーラヌカン』では、スチール並び、劇中に登場する写真の撮影、主演への撮影指導(沖縄編)を行う。初監督・撮影統括をつとめる『NYAHA!(ニャハ!)』は、2018年春完成予定。

シマネコキネマ

シマネコキネマ

2018年公開予定の、島猫が語る島猫目線の映画『NYAHA!(ニャハ!)』(監督/仲程長治、脚本/仲村清司、音楽/宮沢和史)の製作チーム名。ただいま、絶賛撮影中。

公式インスタグラムhttps://www.instagram.com/nyaha_28/

 

紀行エッセイガイド好評発売中!!

ryukyu-shimaneko00_book01

島猫と歩く那覇スージぐゎー
著・仲村清司 写真・仲程長治

     

琉球島猫百景
バックナンバー

その他のCULTURE

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る