日本一おいしい!沖縄の肉食グルメ旅

日本一おいしい!沖縄の肉食グルメ旅

#00

はじめに

文・仲村清司×藤井誠二×普久原朝充

日本一おいしい!沖縄の肉食グルメ旅

 

「沖縄では、豚は鳴き声以外は全部食べる」と言われる。
だが、それははたして本当なのか?
そんな素朴な疑念からスタートした沖縄の肉食グルメ取材紀行。
取材執筆者は3人。まずは、大阪出身でウチナンチュ二世の作家、仲村清司。
さらに、那覇で半移住生活を送るノンフィクションライター・藤井誠二。
そして、生まれも育ちも那覇の若い建築家・普久原朝充も加わった。
最初はホルモンの旅だった。沖縄各地の大衆食堂や惣菜店から、
那覇の新しいホルモンの名店、話題の絶品焼肉店などを食べ歩くうちに、
3人の沖縄の肉食を巡る考察は、迷宮へと奥深く分け入っていく……。
そもそも、沖縄の伝統料理における肉食文化はどのように発展し、継承されてきたのか。
現在の沖縄の飲食店における、肉食ブーム最先端はどうなっているのか。
本当にうまい沖縄の肉食グルメはどこにあるのか——。
沖縄を舞台にした3人の肉食文化を巡る旅、セカンドシーズンがついに始まる!
連載スタート、乞うご期待!!

okinawa00_img01

okinawa00_img02

okinawa00_img03

*前シリーズ『爆笑鼎談 沖縄ホルモン迷走紀行』のバックナンバーは、 双葉社WEBマガジン『カラフル』でお読みいただけます。

okinawa00_writer01

仲村清司(なかむら きよし)

作家、沖縄大学客員教授。1958年、大阪市生まれのウチナーンチュ二世。1996年、那覇市に移住。著書に『本音の沖縄問題』『本音で語る沖縄史』『島猫と歩く那覇スージぐゎー』『沖縄学』『ほんとうは怖い沖縄』『沖縄うまいもん図鑑』、共著に『これが沖縄の生きる道』『沖縄のハ・テ・ナ!?』など多数。現在「沖縄の昭和食」について調査中。

okinawa00_writer02

藤井誠二(ふじい せいじ)

ノンフィクションライター。1965年、愛知県生まれ。8年ほど前から沖縄と東京の往復生活を送っている。『人を殺してみたかった』『体罰はなぜなくならないのか』『アフター・ザ・クライム』など著書や対談本多数。「漫画アクション」連載のホルモン食べ歩きコラムは『三ツ星人生ホルモン』『一生に一度は喰いたいホルモン』の2冊にまとめた。沖縄の壊滅しつつある売買春街の戦後史と内実を描いたノンフィクション作品『沖縄アンダーグラウンド』を2016年内に刊行予定。

okinawa00_writer03

普久原朝充(ふくはら ときみつ)

建築士。1979年、沖縄県那覇市生まれ。アトリエNOA、クロトンなどの県内の設計事務所を転々としつつ、設計・監理などの実務に従事している。街歩き、読書、写真などの趣味の延長で、戦後の沖縄の都市の変遷などを調べている。最近、仲村と藤井との付き合いの中で沖縄の伝統的な豚食文化に疑問を持ち、あらためて沖縄の食文化を学び直している。

紀行エッセイガイド好評発売中!!

okinawa00_book01

島猫と歩く那覇スージぐゎー

著・仲村清司

okinawa00_book02

沖縄うまいもん図鑑

著・仲村清司

okinawa00_book03

一生に一度は喰いたいホルモン

著・藤井誠二

okinawa00_book04

三ツ星人生ホルモン

著・藤井誠二

日本一おいしい!沖縄の肉食グルメ旅
バックナンバー

その他のCULTURE

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る