東南アジア全鉄道走破の旅

東南アジア全鉄道走破の旅

#00

はじめに

文・下川裕治

東南アジア全鉄道走破の旅

タイ、ベトナム、ラオス、マレーシア、シンガポール、ミャンマー……
東南アジアのローカル列車にずいぶん長いこと揺られてきた。
その路線をぼんやり眺める。気づいてしまった。
あと一歩で東南アジア鉄道の全路線に完全乗車だと……。
残りの路線を乗りつぶす。それがどれほど大変なことなのか、やがて思い知らされることになる。
苦行の列車旅がはじまった。

se-asia00_img01

se-asia00_img02

*本連載のタイ編とミャンマー編(#02~#15、#24~#40)は、2017年8月7日発売の双葉文庫『東南アジア全鉄道制覇の旅 タイ・ミャンマー迷走編』に収録されています。ぜひ、お手にとってみてください。

 

●好評発売中!!

『東南アジア全鉄道制覇の旅 タイ・ミャンマー迷走編』

 

東南アジア全鉄道制覇1cover

 

 

se-asia00_writer

著者:下川裕治(しもかわ ゆうじ)

1954年、長野県松本市生まれ。ノンフィクション、旅行作家。慶応大学卒業後、新聞社勤務を経て『12万円で世界を歩く』でデビュー。著書に『鈍行列車のアジア旅』『不思議列車がアジアを走る』『一両列車のゆるり旅』『タイ語の本音』『世界最悪の鉄道旅行 ユーラシア横断2万キロ』『「裏国境」突破 東南アジア一周大作戦』『週末バンコクでちょっと脱力』『週末台湾でちょっと一息』『週末香港・マカオでちょっとエキゾチック』など、アジアと旅に関する紀行ノンフィクション多数。『南の島の甲子園 八重山商工の夏』で2006年度ミズノスポーツライター賞最優秀賞を受賞。

紀行エッセイガイド好評発売中!!

se-asia00_book01

鈍行列車のアジア旅

se-asia00_book02

不思議列車がアジアを走る

se-asia00_book03

一両列車のゆるり旅

 

東南アジア全鉄道走破の旅
バックナンバー

その他のTRAVEL

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る