琉球島猫百景

琉球島猫百景

#00

はじめに

写真・仲程長治 文・シマネコキネマ

2017年の夏、那覇のまちで暮らす島猫の映画をつくります。

きっかけは、2013年に発売された『島猫と歩く那覇スージぐゎー』(仲村清司著、双葉社)。

この本の撮影で、路地裏の島猫たちを追いかけた写真家の仲程長治は、

「残したい島の風景」をテーマに琉球弧の島々を撮り続けている自身の作品の中に、

なぜか必ず、アカバナー(沖縄の原種のハイビスカス)と

島の猫が写っている(無意識のうちに撮影している)ことに気がつきました。

本連載では、島猫映画の製作と連動して、

どこか懐かしい琉球・沖縄の原風景にとけこみ、

ゆったりとした暮らしとともにある島猫たちの姿をお届けします。

 


ryukyu-shimaneko00_img01

#00hateruma

ryukyu-shimaneko00_img03

ryukyu-shimaneko00_img05

 

*本コラムの姉妹企画「琉球百景」は、沖縄発信の季刊誌『モモト』(編集工房 東洋企画)で好評連載中です。

 

 

*2018年公開の島猫映画『ニャハ! -琉球島猫綺譚-』は、ただいま、絶賛撮影中!

公式インスタグラム→www.instagram.com/nyaha_78

公式WEBサイト→www.nyaha.ryukyu(後日、公開します)

 

 

*本連載は毎月22日(=ニャンニャンの日)に配信予定です。スタートは7月22日から。お楽しみに!

 

 

写真家のプロフ用

仲程長治(なかほど ちょうじ)

1959年、石垣島生まれの写真家、デザイナー。20代の頃より沖縄県内であらゆる分野のアートデザインを手がける。現在は琉球・沖縄の文化誌『モモト』のカメラマンとアートディレクターとしても活躍中。2017年秋公開の映画『カーラヌカン』では、スチール並び、劇中に登場する写真の撮影、主演への撮影指導(沖縄編)を行う。初監督・撮影統括を務める映画『ニャハ!-琉球島猫綺譚-』は、2018年春完成予定。

シマネコキネマ

シマネコキネマ

2018年公開の島猫映画『ニャハ! -琉球島猫綺譚-』(監督/仲程長治、脚本/仲村清司、音楽/宮沢和史)の製作チーム名。ただいま、絶賛撮影中。

公式インスタグラムwww.instagram.com/nyaha_78/ 

公式WEBサイトwww.nyaha.ryukyu(後日、公開します)

紀行エッセイガイド好評発売中!!

ryukyu-shimaneko00_book01

島猫と歩く那覇スージぐゎー
著・仲村清司 写真・仲程長治

     

琉球島猫百景
バックナンバー

その他のCULTURE

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る