料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」

料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」

#00

はじめに

山本益博の「夫婦で行く1泊2食の旅」

旅の目的は、おいしい物を食べに行くのではなく、料理人に会うことです。
料理は、1対1のコミュニケーションの世界。
料理人は食べ手を意識して作り、食べ手はそこで食べなければわからない、
料理人の心の内にある哲学や美学、技の本質に触れ、
おいしく作ってもらった物をおいしく食べるという、至福の時間を夫婦で過ごします。

 

 

山本さん顔

山本益博(やまもと ますひろ)

1948年、東京・浅草生まれ。早稲田大学第ニ文学部卒業。卒論が『さよなら名人藝―桂文楽の世界』として出版され、評論家としてスタート。幾度も渡仏し三つ星レストランを食べ歩き、「おいしい物を食べるより、物をおいしく食べる」をモットーに、料理中心の評論活動に入る。82年、東京の飲食店格付けガイド(『東京味のグランプリ』『グルマン』)を上梓し、料理界に大きな影響を与えた。長年にわたる功績が認められ、2001年、フランス政府より農事功労勲章シュヴァリエを受勲。2014年には、農事功労章オフィシエを受勲。「至福のすし『すきやばし次郎の職人芸術』」「イチロー勝利への10ヶ条」など著作多数。 

 

 

料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」
バックナンバー

その他のTRAVEL

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る