料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」

料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」

#34

湘南・藤沢

文と写真・山本益博

 

藤沢;そば平井2

 

 

 

 

 

 

神奈川県藤沢までドライブ小旅行

 

 

  

 

 今回は東京から藤沢への小さな旅です。東海道本線に乗れば、50分足らずで着いてしまいます。
一昔前、新幹線がない時代、熱海まで確か2時間ほどかかりました。横浜駅でシウマイ弁当を買い、車中でそれを広げながら、楽しい列車の旅ができました。ところが、新幹線ですとわずか40分、お酒を飲んでも、すぐに下車する用意を始めなくてはなりません。それもあって、熱海はかつての人気がなくなってしまったのですね。
 ですから、今回は車で出かけることにしました。ナビを使えば、藤沢までのルートはすぐに出ますし、目指すホテルもすぐにわかります。道中、慌てることなく、心配することもなく、楽しくドライブすることができました。

 ホテルは市内にあるできたばかりの「FUJISAWA HOTEL EN」。都市型リゾートホテルと言えばよいでしょうか。「安全・清潔・静寂」の3拍子揃ったコンパクトな宿です。ただし、ダイニングがありません。そこで、フロントでお薦めの店を聞き、藤沢駅近くの「臥薪」へ夕食を食べに出かけました。「臥薪」は料理屋ではなく、肴の美味い酒場と言えばいいでしょうか。イワシの塩焼き、カサゴの唐揚げなど、文句なしに美味かった!こういう店は、地元の方に伺わないと、絶対に見つけられない食べ物屋さんですね。

 

 

 

 

 

藤沢;臥薪

新鮮なカサゴの唐揚げ

 

 

 

 「EN」には夕食のダイニングはないのですが、朝食は1階のフロント前のフロアで、セルフの食事がいただけます。
 スープとサラダがとても健康的で美味しいものが揃っていました。
 私たちが出かけた時のスープは「かぼちゃのスープ蜂蜜とシナモンの風味」「お豆と野菜のミネストローネ」。
 サラダは「しらすと水菜のサラダ」「彩り野菜とピーナッツのサラダ・ミントの香り」「おかひじきと豆腐のサラダ」。
 食材の質が良いばかりでなく、「しらすと水菜」「おかひじきと豆腐」のように組み合わせがお見事でした。天気が良かったので、テラスに出て、そよ風に吹かれながらの朝食は一瞬、都会を忘れる爽やかさでした。
 

 

 

藤沢;ホテルエン2

質の良い食材の「EN」の朝食
 

 

 

藤沢;ホテルエン夫婦3

妻の美穂子とテラスで朝食
 

 

藤沢;ホテルエン1

2018年7月オープン。ヴァケーションホテル「FUJISAWA HOTEL EN」

 

 

 

  朝食時にお友達になった方たちと、一緒にお昼をいただきましょう、ということになり、今度は、かつて出版された「ミシュラン」の湘南篇を開き、藤沢の店を探しました。この「ミシュラン」の湘南篇には、3つ星の日本料理店が1軒載っていて、出版されて間もなく出かけたことがあるのですが、昼食ということもあって、そばの「ひら井」に決めました。
 これが、大当たりでした!
 そば味噌、卵焼きなどをつまんだ後、もりそばを手繰りました。そばは夏にもかかわらず香りが高く、つゆはきりっとしまって、失礼ながら、とても藤沢のそば屋に思えません。さらに、「冷やかけ蕎麦」を注文すると、これがもり以上の逸品でした。最近、東京でも見かけないような真っ当な職人仕事を堪能して、家路につきました。

 

 

 

 

藤沢;そば平井5

卵焼き

 

 

藤沢;そば平井4

イチジクの酢味噌和え、豆腐の雲丹のせ、カツオの刺身の3種

 

 

 

藤沢;そば平井3

香り高い「もりそば」

 

 

藤沢;そば平井2

職人仕事の逸品「冷やかけ蕎麦」

 

 

藤沢;そば平井1

上品な佇まいの「蕎麦ひら井」

 

 

次回は上海です。

 

 

 

■「臥薪 藤沢店」

 

住所/神奈川県藤沢市鵠沼橘1-17-13 フジサワビル2F
営業時間/17:00~26:00(月~土・祝前日) 17:00~24:00(日・祝日)
問い合わせ・予約/050-5269-7061
定休日/無休

https://gashin-fujisawa.com

 

■「蕎麦ひら井」

 

住所/神奈川県藤沢市藤沢3-2-5 エステカーサ藤沢本町101
問い合わせ・予約/0466-24-5091
営業時間/11:30~15:00 17:30~22:00 *蕎麦売り切れ次第終了
定休日/火曜日

 

 

■「FUJISAWA HOTEL EN」

 

問い合わせ・予約/0466-28-8000
住所/神奈川県藤沢市南藤沢12-9


http://www.fujisawahotelen.jp/
 

 

 

 

 

 

*この連載は毎月25日に更新です。

 

山本さん顔

山本益博(やまもと ますひろ)

1948年、東京・浅草生まれ。早稲田大学第ニ文学部卒業。卒論が『さよなら名人藝―桂文楽の世界』として出版され、評論家としてスタート。幾度も渡仏し三つ星レストランを食べ歩き、「おいしい物を食べるより、物をおいしく食べる」をモットーに、料理中心の評論活動に入る。82年、東京の飲食店格付けガイド(『東京味のグランプリ』『グルマン』)を上梓し、料理界に大きな影響を与えた。長年にわたる功績が認められ、2001年、フランス政府より農事功労勲章シュヴァリエを受勲。2014年には農事功労章オフィシエを受勲。「至福のすし『すきやばし次郎の職人芸術』」「イチロー勝利への10ヶ条」「立川談志を聴け」など著作多数。 最新刊は「東京とんかつ会議」(ぴあ刊)。

 

 

料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー