料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」

料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」

#29

 香港食べ歩き3泊4日の旅

文と写真・山本益博

 

Image-3-1

 

 

 

 

 

 

香港島の名店「ta vie」「大班楼」「羅富記」を食べ歩く

 

 

  3年ぶりの香港ですが、今回の宿泊先の「マンダリンオリエンタルホテル」は、何と30年ぶりの滞在でしょうか? 
今回は「アターブル」という私のサークルの仲間たちと香港食べ歩きの3泊4日なのですが、選んだ店がすべて香港島にあるため、全員で香港最上級のホテル「マンダリンオリエンタル」に泊まることにしました。
チェックインしたときに、私の30年前の宿泊記録が残されていて、ビックリしました。通常はこんなに古い記録は残っていないもので、さすが「マンダリン」と思いました。
 

 

 

■「マンダリンオリエンタルホテル香港」 PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

 

Image-1

落ち着きがあり優雅なエントランス。

 

 

 

 

 この「マンダリンオリエンタル」がある中環は、香港島の中心地で人が賑わい、名レストランも集中しています。今回の「ta vie」、「大班楼」「羅富記」へは歩いて出掛けられますし「福臨門」のある湾仔(ワンチャイ)も近くです。今回の「TABILISTA」では、「ta vie」と「福臨門」それに「羅富記」をご紹介いたしましょう。

「ta vie」はフランス語で「君の人生」、「タヴィ」と発音します。「旅」にかけた言葉遊びですが、日本料理をベースにフランスのエスプリを利かせた新感覚の料理と言えばいいでしょうか。フランスで修行し、香港に出店した日本料理「龍吟」の料理長を4年間勤めた佐藤秀明さんが独立し、そのまま香港に開いた店です。
 早春なので、シーザーサラダにホタルイカを組み合わせたり、クラムチャウダーにさやえんどうを添えたりと、日本からも旬の食材を仕入れて、日本料理の季節感を大切にしています。香港にいてもわざわざ出掛ける価値のある店です。
「福臨門」では名物のフカヒレのスープには手を出さず、小豚の丸焼きを堪能しました。忘れてはならないものにデザートのつばめの巣があります。ココナッツミルクでいただくのですが、つばめの巣がたっぷり入っているばかりか、ココナッツミルクが新鮮で香りが高い。その日の使いきりで、残れば処分してしまうとのこと。ココナッツミルクに偏見があった私は、自分が今まで本物を知らないだけだったことを、この「福臨門」で教わりました。
 もう1軒の「羅富記」は粥専門店です。朝7時過ぎから開いているので、香港へやって来ると朝食に出掛けます。必ず注文するのが「痩肉皮蛋粥」塩漬け赤身の豚肉とピータンがたっぷりと入ったシンプルな粥です。40年前から通っていて、いまだに飽きません。

 

 

 

■「ta vie」 PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

 

Image-1-1

日本の季節感を取り入れた見事な料理。

 

Image-5

シェフの佐藤秀明さんと一緒に。

 

 

 

■「福臨門」香港店」 PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

 

Image-2-1

見事な迫力の豚の丸焼き。

 

Image-4

ココナッツミルクにたっぷりのつばめの巣のデザート。

 

 

 

■「羅富記」 PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

Image

豚肉とピータンがたっぷり入ったトロトロの粥。

 

 

 

そして、今回のお土産は、この「皮蛋」です。我が家では、ピータンにシャンパンを合わせます。
私が知る限り、シャンパンと最も相性のよい食べ物は、キャヴィアなどではなくピータンです。発酵したもの同士の相性でしょうか?

 

 

 

 

■「李煥糖心皮蛋」 PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

 

Image-2

上環のウエスタンマーケット近くの皮蛋専門店。
 

 

Image-3

日本で売っている皮蛋とは一味違う。

 

 

次回は夫婦で「ニューヨーク」へ出かけます。

 

 

 

 

■「マンダリンオリエンタル香港」

住所/5 Connaught Road Central, Hong Kong
問い合わせ/+852 2522 0111

http://www.mandarinoriental.co.jp/hongkong/

 

■「ta vie」

住所/2/F, The Pottinger, 74 Queen’s Road Central, Central, Hong Kong
問い合わせ/+852-2668-6488
営業時間/19:00~21:30ラストオーダー
定休日/日曜日
http://www.tavie.com.hk

 

■「福臨門」香港店

問い合わせ/+852-2866-0663
住所/35-45 Johnston Road, Wanchai
営業時間/11:30~15:00 18:00~23:00

http://www.fooklammoon-grp.com/en#restaurants/hongkong

 

 

■「羅富記」

住所/142 Queen's Road, Central, Hong Kong
問い合わせ/+852-2543-3881
営業時間/7:30~23:00
年中無休

 

*この連載は毎月25日に更新です。次回はニューヨークへ。

 

山本さん顔

山本益博(やまもと ますひろ)

1948年、東京・浅草生まれ。早稲田大学第ニ文学部卒業。卒論が『さよなら名人藝―桂文楽の世界』として出版され、評論家としてスタート。幾度も渡仏し三つ星レストランを食べ歩き、「おいしい物を食べるより、物をおいしく食べる」をモットーに、料理中心の評論活動に入る。82年、東京の飲食店格付けガイド(『東京味のグランプリ』『グルマン』)を上梓し、料理界に大きな影響を与えた。長年にわたる功績が認められ、2001年、フランス政府より農事功労勲章シュヴァリエを受勲。2014年には農事功労章オフィシエを受勲。「至福のすし『すきやばし次郎の職人芸術』」「イチロー勝利への10ヶ条」「立川談志を聴け」など著作多数。 最新刊は「東京とんかつ会議」(ぴあ刊)。

 

 

料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー