料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」

料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」

#08

台北

 

8-1

 

香港にも負けない洗練の食レベル
2時間半で行く海外

 

■特別編 台北へ

台湾の台北まで「1泊2食の旅」をするのは、まったく不可能ではありません。毎日午前午後、羽田、成田から台北まで何便もフライトがあって、少し慌ただしい感じはありますが、無理をせずに旅をすることはできます。それでも、せっかく出かけるのであれば、なによりもったいない。というわけで、今回は、2泊4食の特別版です。
羽田から約2時間半で台北の松山空港に着きます。台北には、もうひとつ桃園空港がありますが、市内へ向かうのに、松山空港が断然便利です。台北には立派なホテルもありますが、食べる目的で出かける場合、今回宿泊先に選んだ「Sonnien Hotel」のようなビジネスタイプのホテルで十分ではないでしょうか?このホテル、どこへ出かけるにも便利ということで、台湾の友達が選んでくれました。
まず、最初の晩に出掛けたのは、その友達が予約し、案内してくれた会員制の「世界聯誼社」でした。この連載でご紹介するのは適当ではないのですが、台北で香港の味に負けない料理の数々だったので、書かずにおれなくなりました。その筆頭の料理が「北京ダック」です。妻の美穂子と、昨年、北京の「大菫」で素晴らしい「北京ダック」に出合いました。それに匹敵する出来栄えで、台北の料理のレべルが、ローカルからインターナショナルになってきたその典型に思えたのでした。
2日目の昼食は、一昨年出かけて感激した料理に再会したくて「都一處」を予約してもらいました。その料理とは、「葱パイ」です。正式の料理名は知りませんが、粉の旨味と葱の風味、甘みが渾然一体となった「粉もん」です。他に、台湾のローカルフードを楽しみました。この店、予約して出かけたほうが良いですが、混み合っている店ではありません。
さて、今回のハイライトは、予約のなかなか取りにくい「RAW」でした。台湾出身で、現在はシンガポールで「ANDRE」というレストランのオーナーシェフであるアンドレ・チャンが監修している台北一の人気レストランです。すでにシンガポールの「ANDRE」には出かけていて、そのビストロ版である「RAW」にもぜひとも出かけたかったのです。料理は、どれも食材が優れ、調理も的確、洗練されていて、つい、台湾にいることを忘れてしまったほどです。
さて、3日目、夕方の便を予約してあったので、昼食に小籠包で有名な「鼎泰豊」へ出かけ、小籠包はじめ、豆苗の炒め、スープ、粽などを食べました。その粽がシンプルで美味しかったこと!小籠包以上に感激しました。
観光は「故宮博物院」へ出かけましたが、あとは「FikaFikaCafe」でコーヒーを楽しみました。店主の陳志煌さんは2013年北欧で開催されたコーヒーのコンクールでエスプレッソや焙煎の部でチャンピオンになった方です。台北で、ぜひ、出かけてほしい1軒です。

 

■「世界聯誼社」 PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

ym08sekai01 ym08sekai02  
色ツヤも良い全羽は迫力満点 料理人の手捌きも鮮やか  

 

     

 

■宿泊 「Sonnien Hotel   PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

ym08son01    
スタイリッシュなエントランス    

 

■「都一處  PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

ym08minato01    
葱パイ    

 

■「RAW  PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

ym08raw01 ym08raw02  
アミューズグール(突き出し) お店の前で妻、美穂子と  

 

 

 

■「鼎泰豊   PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

ym08kanae01 ym08kanae02  
店外まで賑わう本店 豆苗の炒め  

 

ym08kanae03 ym08kanae04  
シンプルで美味な粽 台湾本店で食べたい小籠包
 
 

 

■「FikaFikaCafe」 PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

ym08fika01 ym08fika02 ym08fika03
 
モダンな北欧風のインテリア 2013世界チャンピオンのエスプレッソ 店主の陳志煌さんと

 

 

 

■「世界聯誼社 (ワールド トレード センター クラブ)」 (会員制)

住所/台北市基隆路一段333號33樓
問い合わせ/+886-2-2723-2939
http://www.twtcclub.com.tw
 

■「Sonnien Hotel   (ソンネ ホテル) 

住所/台北市大安區仁愛路3段8號
問い合わせ/+886-25-783-6777
http://www.sonnien-hotel.com
 

■「北平都一處 (ベイピンドゥイーシュー)」

住所/台北市仁愛路四段506號
問い合わせ/+886-2-2729-7853
httpなし

■「RAW  (ロウ)

住所/台北市樂群三路301號
問い合わせ/+886-2-8501-5800(要予約)
営業時間/11:30-14:30 18:00〜22:00
定休日/月・火曜日

http://www.raw.com.tw

■「鼎泰豊 (ディンタイフォン)」 (本店)

住所/台北市信義路二段194號
問い合わせ/+886-2-2321-8927
営業時間/10:00~21:00(月~金)9:00~21:00(土日、祝日)
定休日/なし

http://www.dintaifung.com.tw/jp/

■「FikaFikaCafe  (フィカフィカカフェ)

住所/台北市台北市伊通街號一樓
問い合わせ/+886-2-2507-0633
営業時間/10:30~21:00(月)8:00~21:00(火-金)9:00~21:00(土-日)
定休日/なし

https://www.facebook.com/FikaFikaCafe

 

 

 

 

*この連載は毎月25日に更新です。次回は「夏の京都」へ。

山本さん顔

山本益博(やまもと ますひろ)

1948年、東京・浅草生まれ。早稲田大学第ニ文学部卒業。卒論が『さよなら名人藝―桂文楽の世界』として出版され、評論家としてスタート。幾度も渡仏し三つ星レストランを食べ歩き、「おいしい物を食べるより、物をおいしく食べる」をモットーに、料理中心の評論活動に入る。82年、東京の飲食店格付けガイド(『東京味のグランプリ』『グルマン』)を上梓し、料理界に大きな影響を与えた。長年にわたる功績が認められ、2001年、フランス政府より農事功労勲章シュヴァリエを受勲。2014年には、農事功労章オフィシエを受勲。「至福のすし『すきやばし次郎の職人芸術』」「イチロー勝利への10ヶ条」など著作多数。 

 

 

料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」
バックナンバー

その他のTRAVEL

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る