BREAKFAST ON A JOURNEY~旅先の朝ごはん~

BREAKFAST ON A JOURNEY~旅先の朝ごはん~

#08

台北・女子4人食い倒れの旅(後編)

文と写真・丸山理奈

 

Tiwan 「台北(後編)」

 

 

 

 

 

-休日台北の朝-

 

 

 

 

台湾の休日の朝は平日よりのんびりした雰囲気。

この日のお目当朝食は肉粥屋さん。

肉粥屋さんを目指して大通りから少し入った目的地の路地に向かうと、そこは屋台がたくさん立ち並び、何だか日本のお祭りのよう!!

ここ保安街の「大稲埕慈聖宮」前は屋台ストリートだったのです!!

 

1
234

5左SS

6

 

そこまでの下調べをしないで来たけど、大正解!!
こんなサプライズも旅の醍醐味ですよね。

屋台で食べる人もいれば、色々な店から持ち帰りにして屋台裏のお寺(大稲埕慈聖宮)前の広場に設置された屋外イートインスペースなる場所で食べる人たちも。(←一応屋台で買った人しかここでは食べれないみたい。)

 

7

 

そしてまさかの肉粥屋さんは休みだったけれど、、

他にも目移りするほどの屋台が立ち並んでいたお陰で、各々好きなものを買ってきて休日の台湾の朝ごはんを満喫しました。

大きな木の下で太陽の光を浴びながら食べる朝ごはんはとっても気持ちが良くて最高でした!

 

89
安いから色々買ってしまいブッフェのよう。笑

 

10左SS

 

朝食後は大稲埕慈聖宮にも少し立ち寄ってみました。

装飾が細かくてすごい綺麗。

 

11S

12左SS

 

台湾2日目は朝ごはん後、たまたま近くにあった台湾のスタバ「スターバックスコーヒー 保安門市」を偵察。

 

13

 

大通りのカルフール(スーパー)の向かいにあり、何と言っても建物がすごいんです。調べてみると日本統治時代の1920年代に建てられたパイナップルの缶詰めを販売する商人の邸宅をリノベーションした建物だそう!(凄い豪邸!!)

3F建てのバロック様式の建築がすごい良い雰囲気。

この記事を書いている時に調べて知ったけど、外観にパイナップルのモチーフも入っているみたい。

海外に来たら恋しくなる(私だけ?)普通のカフェラテを飲みたいところだけど、台湾ならではのお茶メニューも充実しているので折角なので台湾限定メニューに挑戦したいところです。

 

15SSS
メニューを忘れてしまったけど台湾限定のドリンクと、外観スタンプ。

 

その後電車で「十份」へ。

お決まりのランタン飛ばしを体験。

電車だとあまりにも遠くて混んでいて…時間的にも九份へは行けず帰りはタクシーで帰宅。笑

(十份の話は書ききれなかったので気になる方は宜しければインスタ(@rina_kina #丸旅)でご覧いただけますと嬉しいです。)

 

 

15

 

 

 

-台湾人のソウルフード「魯肉飯(ルーローハン)」-

 

 

 

最終日の朝は魯肉飯を食べに「珠記大橋頭油飯」へ。

油飯に魯肉と半熟目玉焼きを載せたシンプルな1杯。

お茶碗サイズなのと30元というおにぎりプライスなのも魅力的♡

1人1杯迷わずオーダーし、あとはスープとかお惣菜などもチェック。

どれも朝にピッタリな優しいお味で最高!!

毎日でも食べられるなぁ、魯肉飯。

この八角が効いてる感じがまた食欲をそそります。

 

161718

 

大満足で魯肉飯を跡にした私たち。

 

19

 

その後…

結構近くだったこともあり…

どうしても忘れられない二日目の朝の肉粥をリベンジすることに。笑

 

20

 

念願の肉粥1杯を4人でシェアしたのでした。笑

 

21

 

こちらもまたかなり薄味で身体に優しい感じ。超シンプル。

二日酔いの朝や胃もたれの朝に食べたい、そんなお味でした。

肉粥も無事リベンジでき、お腹も心も満たされた私たち。

最終日の午後はお土産を探しにショッピングへ!!

 

皆行ったことがなかったので、

「台湾でお土産を買うならここ!」

と必ずガイドブックに載っている迪化街を探索。

ここ油化街は100年以上の老舗もある台北で最も古い問屋街だそう。

今では色々整備されTHE観光地という感じだったけど、漢方やお茶、カゴや日用品の店が通りにぎゅっと犇めいていました。

 

 

22

23左SS24

 

 

全体的に値段は少し割高にはなるけれど、おしゃれなカフェやコーヒーショップもここ最近はオープンしたりで新旧織り交ざった台北の街を味わえます。

入り口付近にあった「ASW TEA HOUSE」内装も素敵だったし落ち着ける空間で美味しい紅茶を堪能できました。

初めて聞くような銘柄ばかりで台湾のお茶文化を堪能できるので紅茶好きの方は是非!!

 

25左SS26左SS

 

 

 

-魅惑の台湾スウィーツ「豆花(トウファ)」-

 

 

旅の締めくくりは必ず行くローカルスーパーへ。

スタバの向かいにもあった「家楽福(カルフール)」というスーパーが1番良さそうだったので、こちらでお土産を物色。

スーパーってその国の色が出ていて本当に大好き!

 

カルフールの裏は団地のような場所で、美味しそうなごはん屋さん(超ローカル)がちょこちょこと立ち並んでいました。

 

27

 

気になってこの上の路地をふらっと奥に歩いてみると、かなり渋い豆花(トウファ)の店を発見!!

しかも人気な様子。(←しばらく様子を伺っていた )

隠れた名店の臭いを感じ取り、いざ入店!!

 

 

28

 

メニューが超シンプル↓

29

 

豆花に好きな具材をトッピングしていくシステムで1種類35元、3種類45元。

シンプルに小豆とピーナッツをオーダー。

30

 

 

甘さ控えめなシロップに滑らかな豆花、そしてこのかき氷みたいなのが入ってるのもひんやりして大好き。台湾スウィーツ、タピオカミルクティもいいけど豆花派の私。

ここの豆花は病みつきになる味でした。

日本にも徐々にOPENし始めている豆花、何だろう、やっぱり味が少し違う気がします。個人的には現地で食べる豆花が素朴でシンプルで1番美味しいと感じてしまいます。

 

台北の街を跡にし空港へ移動。

最後に空港で火鍋を食べようと楽しみにしていたのに、私たちの乗る「桃園空港第1ターミナル」には台湾料理のレストランがない!ない!

全くなかったのです…(残念)

第2ターミナルにはあるようなので第1で日本に帰る皆様、お気をつけください。

 

 

31
空港の売店で買ったお茶。謎の袋に入れてくれて、これが切り絵みたいで可愛い。

 

 

 -番外編‐

この夏日本で大旋風を起こした「珍珠奶茶(タピオカミルクティー)」 

 

 

 

日本ではこの夏大ブームのタピオカミルクティーですが、

私の記憶だと第一次?タピオカミルクティーブームといえば「春水堂」。

台湾だと日本のスタバみたいな感じで店があります。

(なんで今年こんなにも急に流行っているのか摩訶不思議。)

この旅でもせっかくなので1回は行こうとホテル近くにあって美味しそうだった「水巷茶弄」にてマンゴープリン入りを飲みました。

タピオカミルクティーの平均値は高く、だいたいハズレなしな印象。

さすがお茶の国台湾。

この「水巷茶弄」もこの夏日本に上陸していました!!

台湾に行かなくても日本で全部飲めるんじゃないかってくらいのこの勢い、凄い。いつまで続くのか、このブーム。

 

CHA NUNG 表参道店

32

 

 

個人的に来年の夏はスイカジュースが流行るのかなぁ、と思っています。

 

※2019年11月11日現在 1TWD(台湾元)=3.58(JPY)

 

 *本連載は月1回配信予定です。

 

【NEWS】

・irojikakeとコラージュアーティスト、グラフィックデザイナーの河村康輔氏とのコラボアイテムがirojikakeオンラインショップ、取扱店で発売開始。ユニセックス展開となります。

 

・IKUMI SS20

TOKYOCOLLECTION限定アイテム がオンラインストアで発売中です。この機会に是非!!

 

国立科学博物館×PARCO×IKUMI「特別展ミイラ-『永遠の命』を求めて」開催記念コラボアイテムが発売!

 

Te chichi TERRASSE×dixコラボアクセサリーがTe chichi TERRASSE、Te chichi/Lugnoncure店舗(にて発売開始。

 

ennpr_logo1-2

〒150-0011 東京都渋谷区東2-20-16 est-manivia 4F

MAIL : info@ennpr.com

 

 

Breakfast Profile

丸山理奈(まるやま りな)

1982年鳥取県生まれ。レディースPRオフィスennpr.(エンピーアール)代表。ストリートカジュアルブランドのPRを4年間務めた後、LAに短期留学。帰国後フリーランスPRとして数々のブランドのPRやショールームの立ち上げに携わる。2018年よりennpr.を立ち上げ多岐にわたって活躍中。仕事の合間を縫って月に1回は旅に出ている。

Instagram: rina_kina

Twitter : rina_kina

 

BREAKFAST ON A JOURNEY~旅先の朝ごはん~
バックナンバー

その他のWORLD CULTURE

ページトップアンカー