BREAKFAST ON A JOURNEY~旅先の朝ごはん~

BREAKFAST ON A JOURNEY~旅先の朝ごはん~

#05

ビッグアイランドで朝食を(中編)

文と写真・丸山理奈

Hawaii 「ハワイ島 (中編)」

 

 

 

 

-ヒロ-

 

 

 ハワイ島第二の都市Hilo(ヒロ)。コナの真逆、ハワイ島の西に位置する小さな街ですが、ヒロ国際空港もあり日本だと成田からの直行便も出ています。

 ビーチはコナサイドの方がいいけれど、街としてはヒロの方が面白い。

 ハワイ島の古き良き部分と新しい部分が丁度良い感じにミックスされていて、この街にいるだけでよりローカル気分を味わえる気がします。

 

 

1

 

 

 ヴィンテージショップにファーマーズマーケット、ナチュラルソープにハチミツなどショッピングはもちろん、ロコモコ発祥の店や、港の側のポキの店、ローカルファミレスまで…ハワイのローカルフードも充実しています。

 

 

2

 

 

 ファーマーズマーケット好きな私としとしては必ず押さえたいのが、ヒロ・ダウンタウンで開催されている「Hilo Farmers Market(ヒロ ファーマーズマーケット)」。

 

3

 

 なんと毎日開催されているファーマーズマーケットで、地元の人も多く利用しているフレッシュな野菜や果物のテントから、古着、ハワイのお土産物テントまで多数出店しています。

狙い目は出店数が200店とダントツ多い「水、土曜日」。他の日は10-30店とぐんと出店数が減ってしまうので、なるべく水、土曜日に行くのがオススメです。

 

 

45

 

  

 あと個人的に好きなのがヒロのダウンタウン中心街、カメハメハ アベニューの目の前にあるモールの中にあるスーパー「Abudant Life Natural Foods(アバンダント ライフ ナチュラル フーズ)

」。

 ハワイ島のオーガニックフードやオーガニックコスメが充実しているスーパー。いい意味でこじんまりしていて結構好き♡

 

 そして必ず買って欲しいのが、ハワイ島のパオハという町で作られている100%ナチュラルソープ「Filthy Farmgirl(フィルシー・ファーム・ガール)」。

 

6

 

 全て手作りでココナッツオイルをメインの成分に原料はナチュラルでできる限りオーガニックなものを使用。

 レトロかわいいイラストのパッケージも100%再生紙を使用。

 ここまでこだわっているのに大$8、小$3と超リーズナブルなのがすごい。

 そして何より使用感と香りもとっても良い感じなんです。

 理念にも買いてある「愛とケア」を込めて作っているこの気持ちが何より質の良さに現れているんですね。

 種類がとにかく豊富でパッケージも全部可愛いので、ジャケ買いもしがち。絞りきれなくついつい買い込んでしまいます。

 お土産にもとても喜ばれるのでヒロに行ったら品揃えが1番多く、値段もお得なファーマーズマーケットで必ずチェック!。あとはスーパーや雑貨屋などでも売っています。(コナでもISLAND NATURALSで買えるけど品揃いはヒロが1番豊富!)

 石鹸なので買いすぎると重量オーバーしてしまうので要注意ですが、、

 色々使ってお気に入りを見つけたくなるので、お土産も合わせて今回も重さの許す限り購入。♡

 

7S

 

 ハワイ島は他にもラウハラの手編みのカゴや帽子やコーヒー、はちみつなど手作りで良いものを作っている人たちが多く、自然と共存し豊かに生活をしているアロハ魂が本当に素敵だなぁと思います。

 

 

ヒロのローカルグルメ3選-

 

 

 ローカルフードがかなり充実していて食い倒れてしまうヒロ。

 最近では可愛いカフェも増えてきている中、あえて王道の3店舗をピックアップしました。朝が早いハワイ。3店舗とももちろん朝から営業しているのでハワイ島の朝ごはんとしても是非!

 

CAFE100 のロコモコ丼

8
10

 

 車移動が主流なハワイ島だからか、日本で言うところのコンビニの代わり?にドライブインがとても多いです!フラっと寄れて車も安心して停められるのでついつい利用しがちです。そんな数あるドライブインの中でも「ロコモコ発祥の店」と言われているヒロの老舗ドライブイン「CAFE100」はハワイ島に来たら必ず立ち寄ってほしいのです。

 醤油ベースなタレが美味しい定番のロコモコを青空の下でペロリ。有名店なのでもちろん観光客も多いけど、ロコにも愛されている老舗です。

 

SUISAN のポキ丼

 11

 

 

 ヒロの港の入り口にある「SUISAN」。名前からもわかるように日系オーナーが設立した会社です。日本でもおなじみ、魚屋さんのような店内で白ご飯の上に好きなポキを乗っけてくれます。おなじみアヒ(マグロ)以外にもアク(カツオ)やハマチ、タコなどのポキがベーシックな醤油味ピリ辛マヨネーズやのりたまのようなふりかけがかかっているものまで種類も豊富!!

 好きな2種類を選んで店の外のテーブルで頂きます。

-ハワイ版マグロ漬け丼-

 ちゃんとハワイなんだけど、ここは日本?と勘違いするような、日本食が恋しくなった時にホッとできるお味は、病みつきになってしまうのです。

 

Low International Food のレインボーブレッド

 そのキュートなビジュアルと想像のつかないお味にすごーく惹かれていて、初訪問しましたがまさかの売切れで食べられなかった「Low International Food(ロー インターナショナル フード)」のレインボーブレッド。見た目の可愛さはもちろん、グァバ、マンゴー、パッションフルーツ、バナナetc…ハワイっぽいフルーツ味ばかり。

 中でも名物なのがいろんな味がミックスされて見た目も虹みたいなレインボーブレッド!

 こんなカラフルで可愛いパンに初めて出逢いました!

 今回食べれなくって本当に残念、、

 次回の朝ごはんはここで食べたいなぁと企んでおります。

 

 

 

ホノムからホノカアへ北上-

 

 

12

 

 ヒロを満喫した後は、ダウンタウンを跡に、車で北上すること20分。 (結果1回も行ったことないけど)アカカの滝で有名なHonomu(ホノム)というすごーく小さな町にある「Mr.Eds Bakery(ミスター エドズ ベーカリー)」でジャムやハチミツやマスタードを物色。

 

13

 

 ここは初めてハワイ島に行った時に訪れてからのお気に入りの店です。

 ジャムで有名な店ですが、ここの手作りマスタードがこれまた美味しくってマスタード好きの我が家には今やなくてはならない存在に。ちょうど今ハワイ島に行っている友達にお願いしています。笑。

 

 

1415
16

 

Mr. Eds Bakery

28-1672 Old Mamalahoa Hwy, Honomu, HI 96728

 

 

 ハワイ島はコナとヒロ以外の町は本当に小さく、閉店してしまう店もしばしば。映画、ホノカアボーイで有名になった町「Honokaa(ホノカア)」も、映画の世界観と主人公レオの生活に憧れて訪れた4年前に比べるとかなり店が減ってしまい寂しい感じに…(すごい好きな町なのでなんか残念。)

 そんなホノカアのシンボル的場所、映画の舞台にもなった1930年創業の「Honoka’a People’s Theatre(ホノカア・ピープルズ・シアター)」はまだ営業中です。

 ここのカフェがとても気持ちよくてリリコイケーキが最高に美味しかったんだけど、私が行った時はお休みでした。ネットで調べる限り情報があまりなかったのですが今もまだカフェは営業しているのでしょうか?営業しているといいな。

 

 そんなホノカアで食べた朝ごはん。

 

 ホノカアのメインストリートのちょうど端っこ、交差点のすぐ側に位置する「Gramma’s Kitchen(グランマズ キッチン)」。

 

17

 

 

 通りがかりで見つけたこの店、アメリカンで可愛い店内は地元の人達で朝から賑わっていました。

 ハワイ島は朝ごはんのメニューにも必ずロコモコがあります。さすが発祥の地!ロコモコの食べ比べをしたいところだけど、食べ過ぎているので(笑)、ベーシックにエッグベネディクトをオーダー。アメリカンな付け合わせと共に頂きます。アメリカならではのたっぷりとしたマグに入ったおかわり自由のコーヒーがまた美味しい。

 

 

18
 

 

 

 あとホノカアで外せないのが「TEX Drive In(テックスドライブ イン)」のマラサダ。

 

 

19
 

 

 ホノカアの道の駅的なこの場所で、お昼時のおやつの時間に子供からおじいちゃんまでみんなマラサダを食べています。その風景がまたハワイっぽくてすごく可愛い。

 

2022
 

 

 マラサダも種類が豊富で、ノーマルなものからジャム入り、マンゴーやリリコイクリームまでいろんな味があるのも楽しいのです。昔ながらの製法で作られている素朴なお味にこのハワイの気候も相まってついつい食べ過ぎちゃいます。

 

 

21
中のギフトショップでパッケージも可愛いマラサダミックス(レシピ付き)をお土産に買うのを忘れずに。

 

24

 

 あぁ、ホノカアのゆったりとした時間の流れ方とホノカアの人の暮らし方が本当に好きです。

 何だろう?ハワイ島の中でもここだけ時間の流れが違う気がするんです。

 東京にいると毎日の忙しさの中でついこの流れを忘れてしまいがち。

 ふとした時に「1日1日を大事にゆっくり過ごそう。」と思うけど、やっぱりそうはいかない日々。

 ここに来るとその時間の流れを思い出させてくれます。

 いつかここでのんびりゆったりと暮らしたい。

 

 と夢は膨らむばかりです。

 

(後編:「まだまだあるハワイ島の素敵な町」につづく)

 

23

 

 *本連載は月2回配信予定です。

 

【ABOUT】

 

ennpr_logo1-2

〒150-0011 東京都渋谷区東2-20-16 est-manivia 4F

MAIL : info@ennpr.com

 

 

Breakfast Profile

丸山理奈(まるやま りな)

1982年鳥取県生まれ。レディースPRオフィスennpr.(エンピーアール)代表。ストリートカジュアルブランドのPRを4年間務めた後、LAに短期留学。帰国後フリーランスPRとして数々のブランドのPRやショールームの立ち上げに携わる。2018年よりennpr.を立ち上げ多岐にわたって活躍中。仕事の合間を縫って月に1回は旅に出ている。

Instagram: rina_kina

Twitter : rina_kina

 

BREAKFAST ON A JOURNEY~旅先の朝ごはん~
バックナンバー

その他のWORLD CULTURE

ページトップアンカー