ジビエな旅【GIBIER】

ジビエな旅【GIBIER】

#03

にし阿波の“ジビエ街道” ② 【徳島県】-TOKUSHIMA-

前回に引き続き、「阿波地美栄」を満喫!

徳島県産の安心安全でおいしい野生の鹿・猪肉が「阿波地美栄」。県産の食材と調理した地域色豊かな料理を出す店を徳島県が「うまいよ! ジビエ料理店」に認定。県西部「にし阿波」の三好市と東みよし町エリアは認定店が多くまさに“ジビエ街道”である。

民宿 うり坊
―徳島県・東みよし町―
Minshuku Uribo [Higashimiyoshi Tokushima]

猟師が主人の民宿に泊まって
阿波地美栄を堪能する

uribou
猪は脂がのった冬が旨い。冷凍庫に保管しているため年間でいただける。1 泊2 食付きで1 万円。また通販や事前に連絡すれば直売にも対応する。

野川は、大歩危小歩危を抜けると下流の池田町で大きく右にカーブする。その後は徳島県内を東西に進むが、三好市や東みよし町界隈では川を境に、北は猪、祖谷渓などの南は鹿が多いのが
特徴である。
「民宿うり坊」が位置するのは東みよし町でも吉野川の北、標高約300メートルの山中だ。森に囲まれた里と山のちょうど境で、周りはまさに猟場。猟師でもある主人の木下正雄さんが捕まえた猪のフルコース料理がいただける。
 敷地内にある処理施設で木下さん自ら解体処理をするため、鮮度はもちろん味も抜群。臭みがまったくない。揚げものや炒めもの、煮ものなどとともにメインでしゃぶしゃぶをいただくが、臭みのない猪肉だからこそできること。近くの森でドングリやキノコなどを食べた猪の旨みがはっきりとわかる。
 宿の前に広がる自家畑で採れた野菜やそば、コンニャクなども出され、ここではヘルシーな田舎料理が、極上の猪しゃぶしゃぶとともに楽しめる。

uribou2
左)猪のしゃぶしゃぶは肉の旨みが濃い豚しゃぶといった感じだ。 右上)肉の味や食感の違いが楽しめる「猪と鹿のハンバーグ」と「猪のレバカツ」。少し苦みが。 右下)「猪のハツ炒め」。鹿のハツ炒めも出たが、こちらも見た目、味、食感が違った。 

uribou%e5%a4%96%e8%a6%b3

 

 

「民宿 うり坊」 Minshuku Uribo

【住所】徳島県三好郡東みよし町東山字内野29
【電話】0883-79-5226、090-4338-2985
【営業】無休、事前に予約すればランチだけも可

 

 

 

 

昔暮らし体験宿
カジヤ祖谷浪漫亭
 

―徳島県・三好市―
Kajiya Iya Roman Tei[Miyoshi Tokushima]

奥祖谷の山腹に建つ古民家で
田舎暮らしを満喫

民家に宿泊し、ジビエ料理と田舎暮らし体験ができるのが「昔暮らし体験宿 カジヤ祖谷浪漫亭」である。場所は祖谷渓の上流、東祖谷の山間部にある。
 東祖谷には急な斜面に民家が点在する集落がいくつもある。有名なのが落合集落だ。そばや雑穀などをつくりながら人々は営みを続けてきたが、歴史的文化的に価値があることから農林水産省が始めた「食と農の景勝地」の第一弾としても認定された。
 亭主の四宮康貴(しのみややすき)さんも、香川県丸亀市に暮らしながら、そのような祖谷に魅せられ定住してしまった一人である。
 満天の空に輝く無数の星や渓に響く鹿の鳴き声、屋根裏に棲み付いたムササビなど、祖谷の暮しを多くの人に知ってもらいたいと2 年前に宿を始めた。
 夏は外でバーベキュー、冬は囲炉裏を囲んで祖谷の郷土料理を楽しむ。薪割りをし、自分でお米を炊いて、それをいただく。そして、絶景の五右衛門風呂でのんびりする。ここでは素朴ながらも贅沢
な山村暮らしが満喫できる。

%e6%b5%aa%e6%bc%ab%e4%ba%ad
(左)宿の阿波地美栄は、祖谷の郷土料理ひらら焼風「鹿肉のアヒージョ」。ひらら(平らな石)の上で味噌とともに食材を煮込む料理だが宿では地酒を入れた味噌とオイルで焼く。 (右)自分で炊いた羽釜のご飯をいただき、残れば翌日の朝食でおじやや焼きおにぎりに。こだわりの米、水、薪と三拍子揃ったご飯は冷めても旨い。

%e6%b5%aa%e6%bc%ab%e4%ba%ad%ef%bc%92
%e6%b5%aa%e6%bc%ab%e4%ba%ad4
アヒージョには祖谷名物の豆腐とコンニャクも。この他に猪鍋も付く。

%e6%b5%aa%e6%bc%ab%e4%ba%ad3
標高570mの山腹で五右衛門風呂からは祖谷の美しい景観が望める。1 泊2 食付き1 万円~。

%e6%b5%aa%e6%bc%ab%e4%ba%ad5
宿の上流数kmのところにある落合集落。これら傾斜地の集落では土壌流出防止としてカヤ(ススキ)を活用。秋に刈ったカヤを円錐に積み上げ(コエグロと呼ばれる)春、傾斜畑に敷く。独特のシステムで世界農業遺産にも申請中。

%e6%b5%aa%e6%bc%ab%e4%ba%ad6

 

 

「昔暮らし体験宿
カジヤ祖谷浪漫亭」 Kajiya Iya Roman Tei

【住所】徳島県三好市東祖谷京上141 
【電話】090-5144-9277 
【営業】宿泊のみ、不定休 
http://www.iya-romantei.info/

 

 

 

祖谷の地美栄
―徳島県・三好市―
Tabi noYado Okuiya [Miyoshi Tokushima]

祖谷の豊かな森からの恵みを加工する

016 年10 月現在、徳島県で認定されたジビエの処理加工施設は6ヶ所。その一つが「祖谷の地美栄」である。
 場所は祖谷名物のかずら橋にも近い、清流のそばで元保育所を改築したもの。2014 年10 月に稼働した。
 ここで扱うのは鹿がほとんど。2015年は140 頭を処理したそう。担当するのは高橋敬四郎さんで、1 頭を1 時間ほどで解体する職人である。

%e7%a5%96%e8%b0%b7%e6%b8%93%e3%82%b8%e3%83%93%e3%82%a8%ef%bc%91脂肪の少ない鹿は夏が旨い。春の新芽を食べているからで、冬が旬の猪とはまた違う。「祖谷の地美栄」では卸だけでなく施設での直売(事前に電話確認)や通販も。ロースやヒレなどを冷凍パックにしている(通年対応)。施設を預かる髙橋さんはもともと船乗りだったそうだ。

%e7%a5%96%e8%b0%b7%e6%b8%93%e3%82%b8%e3%83%93%e3%82%a8

 

 

「祖谷の地美栄」 Iya no Gibier

【住所】徳島県三好市東祖谷新居屋70
【電話】0883-76-7530
【営業】電話で確認

 

 

日本のジビエを味わうグルメな旅と極上の店
【TABILISTA BOOKS 08】isbn978-4-575-45655-4

絶賛発売中!! 

 

 

「GIBIER(ジビエ)」


森の恵み、感動のジャパニーズジビエ73品

・ジビエな旅 1 北海道
・巻頭インタビュー 服部幸應
・東京ドームホテル総料理長・鎌田昭男がつくる クラシック・フレンチな一品
・ジビエな旅 2 山梨県
・東京特選ジビエ渾身のひと皿10軒
・ジビエな旅 3 徳島県
・特別寄稿 山本益博「フランスジビエの旅」
・東京在住のフランス人が通うジビエのおいしい店
・ジビエな旅 4 大分県
 ほか

 

 

ジビエな旅【GIBIER】
バックナンバー

その他のCULTURE

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る