わざわざ飛行機に乗って、麺を食べに行ってきます。

わざわざ飛行機に乗って、麺を食べに行ってきます。

#01

福井「しあわせの蕎麦と中華そば」

文と写真・高山コジロー

 

IMG_8321

 

 

 

 

2019年1月6日、終わりなき麺の旅がReスタート。

 

わざわざ飛行機に乗って、福井に麺を食べに行って来ました。

2019年、初搭乗はJALにて羽田から小松空港へ。小松空港からはバスで福井へ向かう。1月6日、羽田空港はビジネスマンも観光客もまばら。JALサクララウンジで、僕はいつもながら朝から生ビール。年明けいきなりの休日出勤&出張みたいなものだから、朝からビールぐらいは許していただこう。2017年に続き2018年2年連続JALサファイアを達成したので、2020年3月末日までラウンジの使用が可能だ。酒飲みには無料のビールほど、嬉しいものはない。
 

 

IMG_8332

 

 

ところでなぜ、わざわざ冬の北陸・福井に麺の旅?

2017年に続き2回目となる今回の麺の旅は、行ったことがない「空港」と「都市」を訪れてみたい。飛行機好きで生涯搭乗数は優に400回を超えるのに「小松空港」は未訪だった。また北陸3県では、「福井県」だけ一度も行ったことがない。 
一番の決め手は、JALのホームページで見つけた「JALふるさと応援割」の福井県のプロモーション。
福井県は「幸福度日本一」であり、しあわせの聖地を巡る旅に、5,000円の助成金が出るという。条件は往復小松空港を利用し、福井県に1泊以上すること。(すでに販売終了)そのため旅行代金は、1泊2日(飛行機+宿泊)13,800円!

わざわざ飛行機に乗って、福井に行ってみるしかない。
だって、2019年しあわせになりたいじゃないですか。

 

 

小松空港へ

09:25羽田発、10:35小松着/JL0185便(2019年JAL実績/搭乗1回  212 FLY ONポイント)
使用機体はボーイング737-800。3席2列シートの小型ジェットだ。足元の広い非常口席を選択し、のびのび快適な空の旅だった。実際の飛行時間は45分ほど、定刻通りに到着する。
小松空港は羽田以外にも路線が多く成田、札幌、仙台、福岡、那覇に就航している。国際線のフライトもあり、北陸の空の玄関口といえる。鉄道はなく、空港バスが小松駅、金沢駅、そして福井駅の3方面に出ている。

 

IMG_8330

 

 

バスに乗る前に、一服したい。
TABILISTA編集長S氏から「せっかくだから、全国の空港の喫煙所のレポを入れてください」というリクエストがあり、空港内を探すがどこにも喫煙所が見当たらない。搭乗口付近に1カ所あったようだが、空港内は屋外のバス乗り場の近くにしかないとのこと。空港を出ると目の前にバス乗り場があり、その奥に喫煙所を発見。斬新なプレハブ建てだ。

     

 

IMG_8331


 

本日の1本目。喫煙者にとって、至福の時間。「やっぱり福井は、しあわせな国だな。」と一瞬思ったのだが、小松空港は石川県だった。
バスに乗り込み福井駅へ向かう。1時間ほど昼前には到着する。福井駅は想像していたよりでっかい。そして巨大な恐竜のオブジェが、出迎えてくれる。その恐竜、急に動くのである、そして突然唸り、吠える(笑)
 

 

IMG_8308

 

 

 

越前おろしそば

福井の名物といえば「コシヒカリ」「ソースカツ丼」そして「越前おろしそば」だという。越前おろしそばは、蕎麦に刻みネギと鰹節をのせて、大根おろしのつゆをかけて食べる郷土料理。
蕎麦好き食通の知人に、1軒だけ教えてもらった。「他にも、いい店ないの?」と聞くと、「出雲で懲りたでしょ。観光地、老舗に旨いもの、、、。」その知人のススメでハズした蕎麦屋は、今まで一軒もない。駅近くの商店街にある、目当ての店に行くと、「本日休業」。
調べる限りでは日曜営業だったのに、、、。まだ正月休みのようなものだし、休業は仕方ない。2017年の麺の旅もそうだったが、我が旅、ほんと休業率高し!
お腹がすでに蕎麦モードになっている。未体験の「越前おろしそば」なるものを、とにかく食べてみたい。他の蕎麦屋は予定していなかったので、グルメサイトで急きょ調べ、近くの老舗の有名店に向かう。お昼時ということもあり、ほぼ満席だった。人気の店のようだ。お腹も空いていたので、越前おろしそばとカニめしのセットを注文する。冬の北陸といえば、やっぱりカニだろう。
待つこと2分?
「ええっ、蕎麦は作り置き? 茹でないの?」いまどき立ち食いそばでも、注文が入ってから生麺を茹でるところがあるのに。目の前の「越前おろしそば」は、出汁はすでにかかっていているタイプ。蕎麦とネギ、鰹節を混ぜて一口食べてみるが、大根の辛みも蕎麦の香りもしない。蕎麦はコシがなく、だらしない、、、、。カニめしにいたっては、べちゃべちゃで、しかも生臭い。添えられた新香2切れは、あああ、乾燥しきっている。正月? 日曜日? ランチ? 観光客? いつものことなのか、理由はわからない。蕎麦は一応食べたが、カニめしは、ほぼほぼ残して店をあとにする。

テンション下がりまくり。

 

RAMEN W 庄の×ど・みそ @福井市/開発

店を出ると粉雪が舞い、かなり冷え込んでいる。いったんホテルにチェックインしたいところだが、まだかなり時間がある。予定を変更して翌日7日に予定していた郊外のラーメン屋に向かう。
あったかいラーメンを食べに行こう。
鉄オタに人気のえちぜん鉄道に乗る。昨年完成した新駅舎は和モダンで素晴らしいデザイン。券売機はなく窓口でキッブを買い、福井駅から3つ目の無人駅、越前開発駅で下車する。

 


IMG_8307

 

のどかな住宅街を歩いて5、6分「RAMEN W 庄の×ど・みそ」に到着。広い駐車場には車がいっぱいだ。東京の人気の有名店「麺屋 庄の」(市ヶ谷本店)と「ど・みそ」(京橋本店)2店舗のラーメンが、1店舗で味わえる。2017年にオープン。両店ともに都内に数店舗構えるが、会社も異なるラーメン屋が期間限定のコラボとかではなく、地方でこのような路面店を出す試みは、全国的にも珍しいのではないかな。

さて、どちらを食べるか?

昨年の12月にどちらも東京の本店で食べたばかりなので迷う。店舗限定オリジナルの麺「アジ煮干しらーめん」(しょうゆ)の食券を購入する。「麺屋 庄の」は濃厚豚骨醤油、「ど・みそ」は濃厚味噌。ともに動物系の濃厚が売りなのに、アジの煮干しと羅臼昆布を合わせた動物系なしのスープだという。これは期待してしまう。満席なので入り口で少し待ってから、カウンター席に案内される。カウンター越しには「庄の」の自家製麺と「浅草開化楼」の麺ケースが積まれている。こんな光景は初めてだ。この限定ラーメンは、一体どちらの麺を使っているのだろう? 

今回の麺の旅では、おいしくいただくために、注文のルールを決めた。

1、麺の硬さや脂の量は、店の基準に任せる。選べる店の場合は「基本」にする。
2、大盛や全部のせ、トッピング追加は避ける。ラーメンの味玉追加はスープの温度が下がるのでNG。
3、特別に添えられた薬味以外は、胡椒、七味、ラー油、酢など調味料は追加しない。
4、スープは飲み干す。(スープの量は、麺の量と最適なマッチングのはずだ) 

麺の茹で具合、スープの量、スープの温度、麺とスープとトッピングのバランス、店が提供する一番いい状態の「丼」を味わいたい。ラーメンだけでなく、うどん・蕎麦も同じ考え方だ。 
そして食べ終えて、旨いと感じたときは、「おいしかったです。ごちそうさま。」と言葉を添えて店をあとにする。
 

 

IMG_8329

 

 

さて待つこと10分ほど、しっかり器も温められた「アジ煮干しらーめん」着丼。まずはきれいに澄んだスープからいただく。初めて味わうアジ煮干しスープは想像していたより、まろやかな印象を受ける。
昆布の旨みも感じられ、和食の出汁のようなおいしいスープだ。両店の濃厚なイメージからは、「ガツン」くる魚介系かと思っていたので、いい意味での裏切り。スープがすすんでしまう。
麺はきれいな国産小麦100%の中細のストレート麺。これは「庄の」の自家製麺なのかな。際立って旨い麺だと思う。トッピングの煮卵、チャーシュー、穂先メンマにネギ、どれもいいバランス。あっという間に食。もう少しスープが欲しい。最初に飲みすぎてしまった!
 

 

IMG_8328

 

 

しあわせな気分にさせてくれた一杯。
おいしかったです。ごちそうさま。

 

 

IMG_8305

「RAMEN W」福井市開発2-207/0776-50-2940/11:00〜15:00 17:00~21:00(平日)11:00~21:00(土・日・祝)/月曜日休み/https://www.ramen-w.com
 

 

 

岩本屋 本店 @福井市/光陽

ホテルにチェックイン。ホテルマンに「福井県人の好きなラーメン」を教えてもらい、夜はバスに20分ほど乗って、学生街の光陽にある「岩本屋 本店」に向かう。気温は氷点下。日曜日の夜にもかかわらず、店内は地元客でいっぱい。岩本屋は、福井で生まれ北陸3県で20店舗ほどチェーン展開している。「らーめん」を注文しカウンターに案内される。デフォの「らーめん」は、背脂入りの豚骨醤油味。麺の硬さ、味の濃さ、脂の量が選べるとのことだが、全て基本でお願いする。 店内は湯気が立ち込めるが、豚骨独特の嫌な匂いはしない。久しぶりに食べる背脂たっぷりのラーメンは、如何なものか。
 

 

IMG_8311
 

まずは背脂をかき分けて、熱々のスープをいただく。豚のゲンコツを12時間煮込でいるというスープなので臭みは感じられない。見た目とは違い、意外にあっさりしている。醤油は香り高くコクがあり旨い。
麺を持ち上げてみると、多加水の中太縮れ麺。一見札幌ラーメンのような印象だがパサパサ感はなく、コシが強くスープと背脂の絡み具合がいい。中年オヤジには、基本でも背脂が少し多く感じたが、最後まで冷めることのないスープを飲み干し完食。 
 

 

IMG_8310

 

なるほど、地元で愛される理由がわかる身体の温まる一杯。
おいしかったです。ごちそうさま。

 

 

IMG_8309

「岩本屋 本店」福井市光陽2丁目10-15/0776-21-4667/11:00~24:30/不定休/http://www.iwamotoya.jp

 

 

ラーメン多弐家 @福井市/順化

地方都市では、路面電車沿線に古くから栄える繁華街や歓楽街があり、旨い店が多い。チェックアウト後に、市役所の近く中心街のラーメン屋に向かう。
ホテルからは路面電車に乗るよりも歩いた方が早く、10分ほどで到着する。オープン間もない店内に入ると、常連らしき先客がテーブル席でお酒を嗜んでいる。僕もそうしたいところだが、まだまだ麺の旅は続くので、ここはラーメンだけで我慢だ。店主の女性が一人で切り盛りしている。とんこつラーメンの醤油、塩、味噌がベースで、麺は2種類から選べる。おすすめを聞くと、醤油ラーメンなら太麺、塩ラーメンなら細麺とのこと。醤油ラーメンを太麺で注文する。豚骨メインに鶏ガラを合わせたWスープ。家系の流れのお店のようだ。店名も、まさに家だしな。まだ酒飲みのお客さんしかいないので、僕のために1杯作り。

 

IMG_8314
 

渾身の1杯だな、なんて勝手に思いながら、カウンターで待つこと5、6分で着丼。スープの表面には脂が浮き、うずらの卵のトッピングが美しい。
スープをいただく、まったりトロッとした舌触り。最近あまりない、懐かしい味わいの豚骨と鶏ガラのWスープ。豚が勝っているスープは悪くない、こってりとして旨い。
麺は最後までダレることなく、モチモチ感があり、おすすめの太麺で正解かな。細麺だとスープに負けてしまいそうだ。スープは多めだったけど、最後まで飲み干してしまった。

 

IMG_8312

 

20代は家系をよく食べていたなと、ちょっと懐かしくなる一杯。
おいしかったです。ごちそうさま。
 

 

IMG_8326

福井市順化1丁目13-17/0776-27-1320/11:00〜15:00、18:00〜4:00/日曜日休み/https://www.facebook.com/ラーメン多弐家-1410609332524701/
 

 

 

あみだそば 遊歩庵 @福井市/中央

福井に来てまだ、「そば」を食べていない。
路面電車で福井駅に戻り、昨日休業だった「あみだそば 遊歩庵」に向かう。駅前の商店街にある小さなお店だ。先客はいたが、開店直後なのですいていた。厨房はご主人一人で切り盛りしている。「越前おろしそば」を頼む。
そば茶を飲みながら、しばらく待つ。厨房からそばを茹でているいい香りがしてくる。こちらは福井県産特上そば粉を使用した、十割そばということだ。

 

IMG_8315

 

15分くらい待っただろうか、「越前おろしそば」が着皿。小さめのお皿に盛られたそばの上に、鰹節とネギがのせられていて、たっぷり大根おろしの入ったつゆは、別の器で添えられる。
まずそばだけ、つまんで食べてみる。平打ち太めの十割そばは、モチっとして歯ごたえ良く、そばの香りも豊かだ。パサつきがちな十割で旨い店って、そうそうない。打ち立て、茹でたてということの証か。つゆをたっぷりかけ、鰹節とネギ混ぜ合わせると全体が香り立つ。よく絡めて食べてみる。大根の甘みとほどよい辛みが口いっぱいに広がる。そばの太さ、薄めのつゆ、おろし、鰹節、ネギのバランスが良く、とても旨い。

これが越前おろしそば、と実感。

太めの平打ちながら喉越しよく、あっという間に完食。お皿が小さく、そばの量が少ないなと思ったら、「小」を頼んでしまったようだ。気づけばつゆは全部かけてしまった。残ってないので、そば湯が飲めない、、、。天ぷらでも肴に福井の地酒を嗜み、ゆっくり越前おろしそばを楽しみたかった。
 

 

IMG_8317

 

おいしかったです。ごちそうさま。
 

 

IMG_8316

「あみだそば 遊歩庵」福井市中央1-9-1/0776-76-3519/11:30~14:00/不定休/http://www.amidasoba.com/fukunoi
 

 

 

中華そば まるせい @福井市/板垣

昨夜、福井の夜を堪能した飲み屋は、刺し身が旨く日本酒の揃えが好みだった。そこで教えてもらったのは「中華そば まるせい」。
昔ながらの中華そばは地元で人気とのこと。ただし、バスも電車も通ってないところで、歩くと福井駅から30分以上かかるとのこと。タクシー使えばいいんだろうけど、麺を食べに行くのにタクシーというのがどうもしっくりこない。今日は豚骨醤油ラーメンと蕎麦。もう1杯はシンプルな中華そばが食べたい。往復2時間見れば、小松空港行きのバスに間に合う。お腹も膨れていることだし、歩いて向かう。駅から10分もするとすっかり田舎風景。足羽川の橋を渡り、河川敷を歩く。川沿いにある福井刑務所を過ぎて、さらに住宅街に店はあった。マップを見ながらなので、結局35分くらい歩いた。店内で5人待ち。ランチのピークは過ぎているが店内は混んでいる。L字型の赤い大きなカウンター席と座敷がありかなり広い。ラーメン屋というより田舎の食堂という雰囲気。ほとんどの客は中華そばだけでなく、餃子、やきめし、からあげの定食セットを頼んでいる。
餃子、やきめし、からあげどれも旨そうで引かれるが、さすがに3杯目。中華そばのみを注文する。厨房では、ご主人がひとりで切り盛りしている様子で、20席はあるから時間がかかる。入り口で20分、カウンターに案内されてからも20分ぐらい待ったかな。待ちに待って着丼。お腹はいい具合にこなれてきて、万全の体制だ。
 

 

IMG_8319

 

丼ぶりにたっぷりのスープ、チャーシュー、シナチク、ネギ、これぞ中華そばの王道フォルム。まずは熱々のスープからいただく。甘みのあるスープは深みのある味わい。鶏ガラベースの醤油は、さっぱりしているがコクが凄い。素晴らしく旨いスープだ。
中細のほぼストレート麺は、やや柔らかいがコシはありスープとの相性はいい。肉厚のチャーシューは硬めの肩ロースで、味付けよく噛むとジュワジュワーと旨みが広がる。スープを飲み干し完食。近所にあったら、並んでも待ってもリピするな。
福井で王道の中華そばに出会えた。
 

IMG_8320

 

おいしかったです。ごちそうさま。

 

 

IMG_8318

「中華そば まるせい」福井市板垣2-1429/0776-33-3791/11:00~15:00/日曜日休み
 

 

 

マイラーの終わりなき麺の旅は続く。

空港バスに乗り小松空港には早めに着いたので、JALサクララウンジで、いつものビール休憩。これまた至福の時間。帰りも足元の広い席だったので、ゆったりぐっすり眠ることができた。クラスJシートより快適なのだよな。

    

IMG_8324

 

IMG_8323

 

19:50小松発、20:55羽田着/JL0192便
2019年JAL実績/搭乗2回  424 FLY ONポイント

 

まだ始まったばかり、マイラーの終わりなき麺の旅はまだまだ続く。
次回は、初訪の久留米ラーメン巡礼の旅。

 

その前に、明日は「わざわざ飛行機に乗って、石巻に麺を食べに行ってきます。」
えっ。

 

 

 

 

2019年1月、ツイッターを始めました。フォローしていただけると嬉しい。
高山コジロー @takayama_kojiro

 

「飛行機に乗って、麺の旅」連載をライブでつぶやき
「飛行機に乗らない麺の旅」東京・埼玉でつぶやく
飛行機に乗って麺の旅/6杯 飛行機に乗らない麺の旅/2杯(2019年1月7日現在)


 

 

*この連載は毎月第2第4月曜日に更新です。

顔

高山コジロー

編集者・旅人・たまにバーテンダー。大学卒業後、出版社にて男性ファッション誌、女性ファッション誌、漫画誌、トラベル誌、フリーマガジンなど20 年に渡り20 誌ほど編集長として携わる。現在は白黒の雄猫と共に気ままに暮らす。小学生の頃より極度の乗り物酔いだが、なにしろ飛行機が好きなので、生涯搭乗数は優に400回を超える。忘れられぬ旅はJAL ファーストクラス(特典航空券)で行ったパリ一人旅。酒好き、旨いものに目がない「食いしん坊」でもある。「KOJIRO(コジロー)」名義にて2017 年、『TABILISTA 』にてJALサファイア会員になるために年間50回飛行機に乗り、ついでに麺を食べに行く「マイル修行&麺の旅」を好評連載。本編はその続編にあたる。

 

 

 

わざわざ飛行機に乗って、麺を食べに行ってきます。
バックナンバー

その他の日本のこだわりグルメ

ページトップアンカー