関東近郊ぶらり旅~大洗編

 編集TAです。春休みの思いつき近郊ぶらり旅、今回は茨城の大洗に行ってきました。上野から特急ひたちで水戸まで行って、第三セクターの鹿島臨海鉄道大洗鹿島線に乗り換えます。JRの端っこのホームにディーゼル車が待っていました。線路は高架で、のどかな田園を下に見ながらゴトゴトと進んでいきます。

 

oarai1IMG_0514

 

 大洗といえば、自分は苫小牧行きのフェリー&漁港というイメージだったのですが、最近はアニメ『ガールズ&パンツァー』の舞台として有名で、多くのファンが訪れているそうです。大洗駅前には看板があり、ラッピング列車も走っています。商店街のお店にはガルパンのキャラクターや戦車の絵が飾ってあり、ファンの方が集っていました。

 

oarai2IMG_0516

oarai3IMG_0530

 

 駅から港までは徒歩で20分ほど。大洗マリンタワーの高さ55メートルの展望室から、フェリーターミナルやその奥の漁港施設が一望できます。あいにくの曇り空でしたが、港や広い海を眺めるのはやっぱり楽しい。この時間にはフェリーさんふらわあ号はいませんでしたが、午後に漁港近くから駅まで路線バスに乗ったときに、ちょうど寄航しているのを見かけました。いつか苫小牧までフェリーで行ってみたい。

 

oarai4IMG_0520

 

 さて、そろそろお腹も空いてきたので、マリンタワーから大洗漁港まで歩いて港脇の食堂施設へ。何軒か飲食店があり、観光客で結構賑わっています。ぶらっと入ったのは魚介類をセルフサービスで焼いたり蒸したりして食べるスタイルの店で、牡蠣やバイ貝などをつまみに生ビール。地元の食堂での昼酒は、ぶらり旅の醍醐味というか…これが目的のようなものですね。

 

oarai5IMG_0526oarai6IMG_0527

 

 大洗魚港の販売店で干物を買い、近くの商店を少しのぞいてから路線バスで駅まで戻ります。水戸駅では特急列車の発車時間まで駅ビルを散策。茨城の有名地ビール「常陸野ビール」のラガーを一杯飲んで、水戸納豆を買って家路へ着きました。干物と納豆……渋い土産ですが、朝ご飯のおかずに重宝しています。あと、おやつやつまみに「天狗のほし納豆」、ぽりぽりした食感と滋味が結構ハマるんです。

 

oarai7IMG_0534