<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

昭和8

:警察学校を卒業。新人警察官として勤務を始めたばかりの男性。#戦前の日記 #1933年8月14日

10代後半もしくは20代前半の男性。警察学校を卒業し新人警官として勤務中。11月12日12月23日2月19日3月29日4月26日5月17日5月31日6月28日7月8日の日記と同じ人物。
diary2016.8.14


ーーーーー 当番なり。 八幡神社の本祭りの大礼祭なので、氏子の各町会よりの神輿が御玉入れに八幡神宮へ来るので連日非常なる賑わいなりき。 日本橋久松や厨橋より応援が来て御輿の警戒やら交通整理に当たる。 吾等の派出所は其の宮元なれば付近の雑踏は亦格別なるものなりき。 厨橋より同期の鈴木君来たりて愉快に久しぶりにて語る。 迷子の多いのにも閉口した。八人くらいは取扱ったと思う。露店なぞ夜中となりてよりも殆どは休まずに張り店して居た。 七月の警察賞与、三件の検挙を頂く。 ーーーーー


文中に出て来る「八幡神社」とは江東区にある富岡八幡宮のことだ。富岡八幡宮の例祭は俗に「深川八幡祭り」、「水掛け祭」とも呼ばれ、赤坂の日枝神社の山王祭、神田明神の神田祭とともに「江戸三大祭」の一つにも挙げられるなど江戸時代から人々に親しまれてきた。 そして、この祭りは3年に1度、八幡宮の御鳳輦が渡御を行う年は本祭りと呼ばれ、100基以上の御輿が担がれ大いに盛り上がるのだが、日記の書かれた年はその本祭りに当たる年だったようで、警察官だった男性は、警戒警備や迷子などで非常に忙しかったようだ。


【昭和8年の出来事】 1月 ヒトラーが独首相になりナチス政権樹立 2月 『蟹工船』の小林多喜二が特高警察により逮捕。拷問により殺される 3月 三陸地方大地震。津波により多くの被害が出る 9月 伊勢丹が神田から移転し新宿に出店

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー