<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

昭和7

:20代と思われる独身の男性の日記。満州国はこの日建国された。1932年3月1日

昭和4年の頃は東京にて自動車関係の仕事をしている。12月7日12月21日の日記と同一人物。彼は昭和10年には名古屋近辺に引っ越しているようだが、まだ東京にいるようだ。
diary2016.3.1


ーーーー 満州○(?)国家本日独立を宣言す。国号(満州)、年号(大同)。 港タクシーの連中と共に品川駅に町田三郎氏の出征を見送る。しばらく待つや。四、五台の自動車に分乗し勇ましい姿を現すも中には祖先伝来の日本刀を引っさげて居る勇士もあった、彼、町田氏はにっこり笑い後を見つつ盛んに○○(?)を応答して行った。 ーーーー


現在の中国東北部にあった満州国はこの日建国された。元首は清朝最後の皇帝・愛新覚羅溥儀。建国理念は王道楽土と日本人・漢人・朝鮮人・満洲人・蒙古人による五族協和を掲げていた。日本の強い影響下にあったこの満州国は日本の敗戦と共に滅び、建国よりわずか13年5カ月でその歴史の幕を閉じる事となった。


【昭和7年の出来事】 1月 大相撲春秋園事件  1月 第一次上海事変  2月 上海にて陸軍兵3名が爆弾を抱え的に突撃し爆死。爆弾三勇士と呼ばれる  3月 満州国が建国宣言  5月 五・一五事件。犬養毅首相が殺害される  11月 米大統領選挙で民主党ルーズベルトが現職フーヴァーを破り当選

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー