<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

昭和5

: 近衛歩兵師団第一連隊第七中隊に所属している20代の男性。独身。​#1930年4月2日

11月14日の日記と同じ人物。 diary2016.4.2


ーーーー 起床直後剣術ニ行ク。本月下旬ニハ連隊ニ剣術協議会ガアルノデ大集合ノ掛声集マルノデアル。午前中修業兵ト後期兵ト十数名ノ兵隊ヲ区分シテ試合ヲサセタ。今日集タノハ青森三、高田二、熊本二、高崎ハ俺ガ唯ノ一人ノミナリ。各連隊区毎、大気合イニテ猛烈ニ試合ヲ行ウ。ソノ結果、一人ニテモ悉ク奮戦シテ各連隊区ヲ皆ない撃滅シテ優勝ス。ソシテ大川曹長殿ヨリ賞品ヲ付与セラル。其ノ賞品ガ葉書三枚トハ流石ニ軍隊式ノ賞品ナリ。有リ難ク頂ク。 午後ニハ体操ニテフットボールナゾヲシテカラ二時ヨリ二年兵共ニ剣術ナリ。今日ハ珍シイ程ノ寒サニテ折角開イタ夥シイ桜花モシボマン降リノ如ク見ユ。 ーーーー


日記を書いた男性が所属している近衛歩兵師団第一連隊は、東京に駐屯している部隊で日本陸軍最初の歩兵連隊だ。この連隊は、明治新政府が樹立した当初、天皇陛下を守護する為の部隊(近衛兵)として薩摩・長州・土佐藩から約1万人の献兵を受け、創設された。この部隊の宿営地は、現在は皇居の北側で現在は北の丸公園となっている場所にあった。


【昭和5年の出来事】 1月 鉄道省が全線でメートル法実施 ロンドン海軍軍縮会議  4月 上野駅に東洋初となる地下街の「地下鉄ストア」がオープン  5月 川崎武装メーデー事件  9月 浅間山爆発  11月 伊豆地方大地震

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー