<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

昭和3

:22歳の男性。愛知県名古屋市在住。1928年2月8日

旧制第八高等学校文科乙の生徒。11月30日1月22日と同じ人物。
diary2016.2.8


ーーーー 明日のドイツノ試験でこの頃の生活はめちゃゝだ。でもこの日さえ過ぎれば賞はまず○○(?)。しかも土曜日は紀元節。本年唯一の連休日。松竹にアンダーワールド、常盤にラポーエム来る。 河合さんが久し振りで映画漫談をやる。ボルガポートマンを盛にけなし、あの題材でフェーデーにやらしたらと嘆ず。サルベーションハンターズを一本ほめアンダーワールドを期待する。シルベスターも○(?)い上げていた。所が日本映画となるとまるでなっていない問題にならぬ。時代劇の伊藤大輔、現代劇の田坂を知らないらしい。 九条武子夫人○に逝く。古き日本婦人の典型。惜しいことをした。晶子曄子との対立の中で人物からも歌の面からも一番好意が寄せられた人。フェーデーに似てより静かなより沈んだ人。「面影」とこの人を結びつけて想うのは僕ばかりだろうか・ 夜、月がいびつに空に凍りついていた。風が脳みそに滲み入る。 ーーーー


映画好きの学生や文学を愛する学生。いまでいうところのサブカル好きの青年のようなものだろうか。 文中に出て来る『アンダーワールド』、『ラボーエム』などは当時公開された映画のタイトル。田坂、伊藤、フェーデーは映画監督の名前だ。そして九条武子は歌人で社会運動活動家として知られた女性。晶子とは与謝野晶子の事だろう。


【昭和3年主な出来事】 1月 大相撲ラジオ実況放送開始  5月 済南事件。日本軍が山東省済南で国民政府軍と衝突  6月 張作霖爆殺事件  8月 パリ不戦条約調印  10月 蒋介石が国民政府首席となる  11月 昭和天皇の即位の礼

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー