<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

昭和3

:22歳の男性。愛知県名古屋市在住。1928年11月30日

旧制第八高等学校文科乙の生徒。

diary2015.11.30


ーーーー 名古屋博覧会をとうゝ観る。豫想の如く極くつまらなかったが日光館だけはよくできてゐたので感心する。 神経衰弱が募ってきさうでならぬ。ほんとに眼の為だったら今の僕にはどうにもできない。たゞそれを補ふ努力を以てせんのみ。願わくは試験の日まであと僅かに三カ月、この間の奮闘次第で結果は好くもなり悪くもなるのだ ーーーー


旧制高等学校はいわゆるエリート養成校で、同年代の1%ほどしか進学できなかった。そこを卒業したものの多くは帝国大学に進み、政財界問わず日本の中枢を担った。他に日の日記によれば彼も帝国大学を目指しているようだ。 彼がこの日に行った博覧会の正式名称は「御大典奉祝名古屋博覧会」で、名古屋の鶴舞公園にて昭和天皇即位の大礼の慶賀と産業振興の目的で開催された。期間は9月15日より11月30日まで77日間で延べ194万人に達した。彼が感心したという日光館に展示されていたのは、日光東照宮の10/1模型。現在も、日光だいや川公園にあるだいや体験館で見られるこの模型は、この博覧会で初公開され、大きな注目を集めた。


【昭和3年主な出来事】 1月 大相撲ラジオ実況放送開始  5月 済南事件。日本軍が山東省済南で国民政府軍と衝突  6月 張作霖爆殺事件  8月 パリ不戦条約調印  10月 蒋介石が国民政府首席となる  11月 昭和天皇の即位の礼

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー