<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

昭和3

:甥っ子が誕生したことに喜ぶ22歳の男性。 #戦前の日記#1928年11月17日

1928年(昭和3年)11月17日 22歳の男性。名古屋に住み、旧制第八高等学校文科乙に在学中。11月30日1月22日3月4日3月19日4月3日4月5日4月7日4月8日4月11日4月28日5月18日6月14日9月6日10月3日10月26日と同じ人物。
diary2016-11-17


ーーーーー 光子が男子出生と。光子は母となり僕は伯父となる。伯父、伯父は叔父より感じが悪い。でもともかく伯父になったんだ。甥が又殖えた。希は産後の肥立健やかならんこと。 青森の拓、大腿骨を折って全治五六十日と。 この喜悲の両報同時に承る。○○(?)の兄はどうする積りだろう。姐さんはどんな気持でいらっしゃるだろう。大腿骨を折るなんて一体どんな気持ちなのだろう。一寸想像もできぬ。なるようにならねばいいが。 ○○(?)の○○で前野一緒に下宿探しをやったが結局未収穫で立ち戻る。とてもむつかしい。 ーーーーー


嫁に行っている妹が子どもを出産して、甥っ子が誕生したことに喜ぶ男性。ちなみに・伯父・というのは父、又は母の兄であり、・叔父・は父、又は母の弟を指す。だからこそ「伯父は叔父より感じが悪い」と書いているのだ。 そんな良い知らせとともに、青森に住む甥っ子が大腿骨を折る大けがをしたとの報も。まさに禍福はあざなえる縄のごとし、といったところだろうか。


【昭和3年主な出来事】 1月 大相撲ラジオ実況放送開始 5月 済南事件。日本軍が山東省済南で国民政府軍と衝突 6月 張作霖爆殺事件 8月 パリ不戦条約調印 10月 蒋介石が国民政府首席となる 11月 昭和天皇の即位の礼

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー