<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

昭和3

:恋人がいるにも関わらず別の女性の事が好きになってしまった。旧制第八高等学校文科乙の生徒。#1928年3月4日  #戦前日本の日記

22歳の男性。愛知県名古屋市在住。。11月30日1月22日と同じ人物。
diary2016.3.4


ーーーー 僕の心は再び迷路に入った。すゞ子を愛する心、愛されたい心、愛しちゃならぬ心、愛されちゃならぬ心。僕はすゞ子を見ないときは色んな決心がつく。断固たる対応をとろうと。だがその前でのいかにも決心の無力な事よ。僕はあの娘の靖子に対する気持ちを想起する。だけどすゞ子の気持や態度の朗らかなこと。全く僕に色んな○(?)から聴く○えるだろう。僕に任し切ったような信頼し切ったような。之は僕の又しても錯覚だろうか。おひるすぎ「お礼」を持ってきたので之を返して事情を先生にお話ししようと思って一處にいったその時の感想。先生はお留守だった(朝倉へ)のでそのまま帰る。 ○○(?)から便りがあった。軍医学校へ通い出した由。希望の○○○の軍務を○○ながら眺めているような彼。人間一人のしかも平凡ならざる人間の運命を決する鍵は一体誰が握っているのか。夜また先生のお宅へ上り奥さんにお目にかかり返してくる。○○頑張った。 ーーーー


相変わらず恋に悩む青年。恋人・すず子がいるにも関わらず靖子という女性の事が好きになってしまったようだ。挙げ句の果てに彼は自分の事を信頼しきっているすず子と別れ(断固たる対応とはそのことのようだ)、靖子とつきあってしまおうかと目論んでいる。しかし、すず子を前にするとそれも言い出せず……。ひどい男である。


【昭和3年主な出来事】 1月 大相撲ラジオ実況放送開始  5月 済南事件。日本軍が山東省済南で国民政府軍と衝突  6月 張作霖爆殺事件  8月 パリ不戦条約調印  10月 蒋介石が国民政府首席となる  11月 昭和天皇の即位の礼

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー