<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

昭和3

:恋や友情に悩む22歳の男性。義理の姉が入院。危篤状態に……。 #戦前の日記#1928年9月6日

1928年(昭和3年)9月6日 22歳の男性。名古屋に住み、旧制第八高等学校文科乙に在学中。11月30日1月22日3月4日3月19日4月3日4月5日4月7日4月8日4月11日4月28日5月18日6月14日と同じ人物。
diary2016.9.6


ーーーー 一旦晴れてから七八年を経た暗雲が吾等一家の上を覆い始めたのではあるまいか。義姉上病むの報○(?)る。日頃からあまり頑丈でない義姉上。しかも産後、生まれたる子は丹毒で助からぬという折、更に若しものことがあったら、想像するだに慄然とする。折角これまで順調だった兄上がこれでまた気を挫かれたら大変だ。どんな不幸がやって来るかも分からぬ。僕自身は構わぬ。所詮幸福など考えも出来ぬ身だが、兄上は、老いた父上母上は、そしてあいする○○! 夕刻熱田神宮へ参拝義姉上病気平癒を祈願す。 ーーーー


義理の姉が入院。文中に出て来る「丹毒」というのは現在いうところの溶連菌の感染症で、新生児が感染した場合は死亡率も高かったようだ。一度は義姉の病状は持ち直したものの、次の年再び妊娠し、無理がたたったのか危篤状態に……。その時のことは二〇一六年の4月3日、4月5日、4月7日、4月8日、4月11日あたりの日記を参照のこと。


【昭和3年主な出来事】 1月 大相撲ラジオ実況放送開始 5月 済南事件。日本軍が山東省済南で国民政府軍と衝突 6月 張作霖爆殺事件 8月 パリ不戦条約調印 10月 蒋介石が国民政府首席となる 11月 昭和天皇の即位の礼

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー