<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

昭和3

:円本とは? 百貨店に勤務している25歳の男性。#戦前の日記 #1928年9月14日

1928年(昭和3年)9月14日 25歳の男性。独身。兵庫県の西宮近辺に在住。百貨店に勤務しているようだ。12月15日7月14日7月21日8月24日と同じ人物。
diary2016-9-14


ーーーーーー 近頃の本の中で泉鏡花の小説(明治大正文学全集)を読む。 「国貞えがく」「歌行燈」「照葉狂言」等短編もの。 とくに「照葉狂言」には魅せられる。 古本を探して同全集を漁りたいと思ってる。 一口に漱石と云って担ぐけれど自分は漱石のものをそんなに沢山は読んで居ない。同全集が揃えばいくらか読めるだろうが、漱石のものなれば自分には合わないものが可成りあるだろう。 ーーーーー 


文中に出て来る『明治大正文学全集』というのは昭和2年より春陽堂が全60巻の予定で出版を始めた円本の全集だろう。円本とは、1926年(大正15年)末から改造社が刊行を始めた一冊一円の全集類の俗称で、大ブームを巻き起こした。そのブームにのって、多くの出版社から、同様のシリーズが続々と出版された。この『明治大正文学全集』もそんなシリーズのひとつだ。この円本が日本人の読書熱に火を点け、出版業界にも様々な影響を与えた。


【昭和3年主な出来事】 1月 大相撲ラジオ実況放送開始 5月 済南事件。日本軍が山東省済南で国民政府軍と衝突 6月 張作霖爆殺事件 8月 パリ不戦条約調印 10月 蒋介石が国民政府首席となる 11月 昭和天皇の即位の礼

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー