<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

昭和1

年:光海軍工廠の行員養成所に入所した10代の少年の日記。#戦前の日記 #1941年11月16日

1941年(昭和16年)11月16日 4月より山口県の光海軍工廠の行員養成所に入所した10代の少年の日記。4月4日7月12日9月7日10月17日と同じ人物。
diary2016-11-16


ーーーーー 起床六時〇〇分。中庭に整列。チク音機に合わせてラジオ体操・国民体操。今日は健脚会。食後七時三〇分まで大掃除。七時三〇分より出撃準備。養成所で買った水筒を下げて食堂玄関整列。主事の語り岩木山めざして出発。三輪の此ちらで小休止、十五分間。皆大元気だ。(九時〇〇分)岩田を通過。塩田へ行く。岩木山下で小休止十分間。(十時十五分)いよいよ途山(ママ・登山?)。非常な坂だ。汗がだくだくでた、十一時過頂上へ到着。神社参拝。昼食(○?)が多く落ちていた。又海岸が見えた。十二時出発。神主より神社のいわれを聞く。一時四十五分出発。三輪国民学校で小休止。帰舎三時三十分。外出帰家。兄が帰っていた。此の度兄は金鶏勲章が下った。自分、大喜びであった。兄に対しても一生懸命努力せねばならない。 ーーーー


光海軍工廠で生活する少年。この日は健脚会という名の遠足であったようだ。行ったのは岩木山。ここは有名な青森の山ではなく、別名、岩城山という名前の山口県光市にある標高360mの山だ。 外出許可をもらい自宅へ帰宅したときに会った彼の兄は、金鶏勲章を授与されていたとのことだ。この勲章は軍人に与えられるもので、それなりの軍功を上げなければ授与されなかったようだ。おそらく彼の兄は優秀な軍人だったのだろう。


【昭和16年の出来事】 1月 独ソ不可侵条約更新 2月 大本営政府連絡会議で対独伊ソ交渉要領を決定 2月 野村駐米大使がルーズベルト大統領と会談 2月 堀切駐伊大使がムッソリーニ首相と初会談 3月 野村駐米大使とアメリカのハル国務長官が会談。日米交渉開始 3月 治安維持法が改正 4月 ドレミファの音階名がイロハとなる 4月 ロンメル将軍のドイツ軍が北アフリカ戦線でイギリス軍を撃破 4月 日ソ中立条約成立 5月 アメリカ合衆国大統領ルーズベルトが国家非常事態宣言を発令 6月 ナチスドイツがソビエト連邦に対して攻撃開始し独ソ戦始まる 7月 アメリカがが在米対日資産を凍結 7月 日本軍 南部仏印進駐 8月 アメリカ、石油の対日輸出全面禁止を発表 11月 アメリカ・ハル国務長官が日本の中国撤兵要求を提議(ハル・ノート ) 12月 日本軍のマレー半島上陸および真珠湾攻撃で太平洋戦争が開戦

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー