<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

昭和1

年:太平洋戦争前夜の日本。毎日を無為に過ごす自らの存在に悩む25歳の男性。#戦前の日記#1940年8月17日

北海道札幌に住む24歳の男性。体があまり強くなく自宅で過ごしている。7月5日7月26日の日記と同じ人物。
diary2016.8.17


ーーーー 防空演習。 生まれて始めて集まる。 熱のない事。叱られても腹も立たん! 指導者の熱のなさにあり。 一旦、事ある時群衆の望むは熱と刀だ。 グングン(どうでもよいから信念を持って)引っ張っていって呉れる人を欲するのだ。 若人でなければ駄目だ。 花つみて夕べにヒソ(?)と胸に入る。 ーーーー


太平洋戦争前夜の日本。日記を書いた男性の住む町で初めて防空演習が行われたようだが、どうにも身が入らなかったようだ。 この日記が書かれたのは昭和15年。中国では日中戦争は泥沼化し、日米関係も緊張感を増していた時期だ。しかし、普通の人々にとっては、戦争はまだどこか他人事だったのかもしれない。


【昭和15年の出来事】 2月 皇紀2600年(紀元2600年)祝典が行われる。 3月 内務省が芸能人の外国名・ふざけた芸名禁止を通達するなど敵性語追放が始まる。 5月 イギリスでチャーチル挙国一致内閣成立。 5月 日本軍が重慶を大空襲。 6月 アメリカが戦時体制に。ルーズベルト大統領が国防力強化のため、科学者動員令を発布。 6月 ドイツ空軍がパリを空襲するなど対仏同攻撃を開始し14日にはドイツ軍がパリに無血入城。 8月 国民精神総動員本部が東京市内に「贅沢は敵だ!」の立看板を設置。 9月 日独伊三国軍事同盟成立。 10月 大政翼賛会発会。 12月 ドイツのヒトラーが独ソ戦の準備を命令。

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー