<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

昭和1

年:夢のために上京すべきか悩む25歳の男性。#戦前の日記#1940年11月2日

1940年(昭和15年)11月2日 北海道札幌に住む24歳の男性。体があまり強くなく自宅で過ごしている。7月5日7月26日8月17日の日記と同じ人物。
diary2016-11-2


ーーーー 夕べ来てビル街深き秋の色 東京兄より速達あり。 神奈川県下がよいのではないか。余り離れてない所と云うてくる。 母に自分の将来、勤めることの困難、教員の尊さなどの話をする。 一カ年行って来るつもりとも云う。 (要するにのんびり勤めながら上級学校へ入学の勉強をしたいのだ。それには教員が第一だと想うのだ) 母は寂しいらしいまったく一人になるのだもの。涙あり、母に涙あり、これに報ゆるだけの心あらねばならぬ。 母の寂しさを一時のことと見殺すか。ここに残らんか。 もし行くこと教員たることが勉強に力(心身)を養うに第一なるか。 何故上京したいと想うか。 イ「勉強したい。新地にあって心身を鍛え練ってみたい」 ロ「然らばサッポロにあって父母に安心を與(あた)え乍ら勤めしかも勉強できる所はないのか。 イの場合はロの○(?)絶対にない場合に初めて考えるべきだ。 そうでなかったら奇を好むの誹りをまぬがれず。 もっとも己を伸ばしうる道を取らん。 大きくなること。それが母の孝 立義也。 ーーーーー


11月1日、2日の2日分のページにわたって書かれた日記。自分の夢である、進学のために上京し教師をしながら(勉強しようと考える男性。しかし、親を残し上京することへの逡巡もあるようで、深く悩んでいる。


【昭和15年の出来事】 2月 皇紀2600年(紀元2600年)祝典が行われる。 3月 内務省が芸能人の外国名・ふざけた芸名禁止を通達するなど敵性語追放が始まる。 5月 イギリスでチャーチル挙国一致内閣成立。 5月 日本軍が重慶を大空襲。 6月 アメリカが戦時体制に。ルーズベルト大統領が国防力強化のため、科学者動員令を発布。 6月 ドイツ空軍がパリを空襲するなど対仏同攻撃を開始し14日にはドイツ軍がパリに無血入城。 8月 国民精神総動員本部が東京市内に「贅沢は敵だ!」の立看板を設置。 9月 日独伊三国軍事同盟成立。 10月 大政翼賛会発会。 12月 ドイツのヒトラーが独ソ戦の準備を命令。

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー