<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

昭和1

年:青島から北京への帰還命令。中国本土に駐在している陸軍の軍人。#戦前の日記#1938年7月28日

30歳の男性の日記。中国本土に駐在している陸軍の軍人。日本に妻と子供2人あり。11月23日12月6日2月21日6月29日7月3日の日記と同一人物。
diary2016.7.28


ーーーーー 毎日毎日いやな日がつづく。午前中陣中日誌をほとんど書いてしまった。 午後は一人なのであくびをして過ごす。よるになってから北京帰還の準備をすべしとの命令電報を受く。折角こんないいところに居られると思ったのにがっかりしてしまった。よって体調は明日の出発。北京に連絡の途にのぼることとなり。留守は防疫班の方がやって来る筈。帰るのかと思うと何となく心残りになる。 ーーーーー


中国の青島に赴任していた男性に、北京への帰還命令が下る。思いの外、青島は居心地が良かったようで、彼は残念そうだ。 中国の北東部,山東半島に位置する青島は日清戦争後、ドイツの租借地となり、街並みや街路樹、上下水道などが整えられ栄えた町だ。有名な青島ビールもこの時のドイツの影響で造られるようになった。 以後、軍港をもつこの場所は軍事的に重要な拠点となり、日記の書かれた日中戦争時には日本の勢力下にあり多数の軍人が駐留していた。


【昭和13年の出来事】 1月 女優岡田嘉子が杉本良吉と共に樺太国境を越えてソ連に亡命  3月 ナチス・ドイツ、オーストリアを併合  4月 日本で国家総動員法公布  6月 日中戦争にて日本軍の進撃阻止のため、中国国民党が黄河の堤防を爆破。河川が氾濫し数十万の住民が水死  10月 ナチス・ドイツがチェコスロバキアからズデーテン地方を割譲  10月 日本軍、広東、武漢三鎮占領

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー