<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

昭和1

年:軍隊内の規律で苦労していた。中国本土に駐在している陸軍の軍人。#戦前の日記 #1938年8月27日

30歳の男性の日記。中国本土に駐在している陸軍の軍人。日本に妻と子供2人あり。11月23日12月6日2月21日6月29日7月3日7月28日8月13日8月21日の日記と同一人物。
diary2016.8.27


ーーーーー 田中君帰隊す。随分喜んで帰って行った。 × 我々兵隊と小犬一匹では犬の方が大切らしい。我々兵隊さんこそ全く気の毒千万。俺も犬であって欲しかった。 × 今日ばかりは一回も外に出ずにすんだ。 × 今日は家では七夕祭りだ。誰が飾って居るかしら。七夕干しでさえ年に一度は逢う瀬(ママ)を楽しむのであろうに。 ーーーー


日中戦争の最中、中国に単身赴任中の軍人。「我々兵隊と小犬一匹では犬の方が大切らしい」と呟いているが、一体何があったのだろうか? 実は当時の陸軍では、軍用犬も多数運用されていた。特に満州事変以降は、中国大陸では伝令犬や警備犬などとして幅広く活用されており、軍用犬の育成も、歩兵学校軍犬育成所、関東軍軍犬育成所、満洲軍用犬協会などが行い、かなりの数がいたようだ。戦地で、軍用犬は、兵器や備品と同じく大切に扱われていたそうで、低い階級の兵などは、この日記の男性のように、自分は犬以下の扱いを受けていると考える人もいたに違いない。


【昭和13年の出来事】 1月 女優岡田嘉子が杉本良吉と共に樺太国境を越えてソ連に亡命 3月 ナチス・ドイツ、オーストリアを併合 4月 日本で国家総動員法公布 6月 日中戦争にて日本軍の進撃阻止のため、中国国民党が黄河の堤防を爆破。河川が氾濫し数十万の住民が水死 10月 ナチス・ドイツがチェコスロバキアからズデーテン地方を割譲 10月 日本軍、広東、武漢三鎮占領

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー