<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

昭和1

年:家族を残し、一人中国に駐在する陸軍の軍人。#戦前の日記 #1938年8月13日

30歳の男性の日記。中国本土に駐在している陸軍の軍人。日本に妻と子供2人あり。11月23日12月6日2月21日6月29日7月3日7月28日の日記と同一人物。
diary2016.8.13


ーーーーー 電話に五時に起こされて埠頭まで検便を取りに行って来る。 今日は久しぶりに映画を見せていただいたので本当に気持がのびのびするようだった。『露営の歌』など自分たちのその立場だけに本当に泣けてたまらなかった。軍人でありながら泣けて何て女々しいのかかも知れないが、俺は一寸したことでもすぐに目に涙が浮かぶので、ほんとうに困る。涙の線が特に発達しているのだろうか。 ーーーーー


家族を残し、一人中国に駐在する男性。やはり淋しいのだろうか、涙もろくなっているようだ。 彼が、この日観て涙したという映画『露営の歌』は溝口健二が監督した作品で、国策映画(戦争を賛美し国威発揚のために製作された映画)で、現在ではフィルムは失われ現存していないようだ。しかし、日記を書いた男性がこれほどまでに感動しているところをみれば、ただの戦争を賛美した国策映画だけに留まらない作品だったのだろう。そこはさすが巨匠・溝口健二というところか。


【昭和13年の出来事】 1月 女優岡田嘉子が杉本良吉と共に樺太国境を越えてソ連に亡命 3月 ナチス・ドイツ、オーストリアを併合 4月 日本で国家総動員法公布 6月 日中戦争にて日本軍の進撃阻止のため、中国国民党が黄河の堤防を爆破。河川が氾濫し数十万の住民が水死 10月 ナチス・ドイツがチェコスロバキアからズデーテン地方を割譲 10月 日本軍、広東、武漢三鎮占領

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー