<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

昭和1

年:中国本土に駐在している陸軍の軍人。お金を持っていたのでつい浪費してしまった。#戦前の日記 #1938年10月24日

1938年昭和13年10月24日 30歳の男性の日記。中国本土に駐在している陸軍の軍人。日本に妻と子供2人あり。11月23日12月6日2月21日6月29日7月3日7月28日8月13日8月21日8月27日9月2日10月10日の日記と同一人物。
diary2016-10-24


ーーーーー 宮林隊に事務用消耗品を届けに行って来たのが今日の仕事。 火野葦平の「土と兵隊」がどうしても読んで見たくなり、とうとう大枚七十七銭を投じて文藝春秋を求めた。 やっぱり金が手元にあると終(つ)い使いたくなる。安全剃刀も求めた。家に居ったならこんな金費いはとてもできないものをと思いつつ。 ーーーーーー


お金を持っていたのでつい浪費してしまった男性。彼が買ったのは火野葦平の『土と兵隊』とのこと。 火野葦平は昭和12年に『糞尿譚』で芥川賞を受賞した、戦前から戦後にかけて活躍したベストセラー作家だ。彼は受賞時、陸軍の兵士として中国大陸に駐屯していた。 まさにこの日記の男性と同じ立場だっただけに、大枚はたいて文藝春秋を買ったのだろう。 その後も火野葦平は従軍体験を元にした作品を次々と発表。『麦と兵隊』、『土と兵隊』『花と兵隊』の・兵隊3部作・は300万部を超えるベストセラーとなり・兵隊作家・とも呼ばれた。 戦後は戦争協力者として、批判を浴びたが、自伝的小説の『花と竜』や、自らの戦争責任にも触れた『革命前後』など意欲的に作品を発表し、再び流行作家として活躍。 昭和35年に心臓発作で死去したとされたが、後に自殺と発表され、人々を驚かせた。


【昭和13年の出来事】 1月 女優岡田嘉子が杉本良吉と共に樺太国境を越えてソ連に亡命 3月 ナチス・ドイツ、オーストリアを併合 4月 日本で国家総動員法公布 6月 日中戦争にて日本軍の進撃阻止のため、中国国民党が黄河の堤防を爆破。河川が氾濫し数十万の住民が水死 10月 ナチス・ドイツがチェコスロバキアからズデーテン地方を割譲 10月 日本軍、広東、武漢三鎮占領

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー