<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

昭和1

年:医大を目指す少年。受験の失敗が続き落胆している。残りの発表はあと1校のみ。#戦前の日記 #1937年4月6日

旧制中学の5年生で16歳の少年埼玉県在住。1月14日2月18日3月5日3月17日3月28日4月1日の日記と同じ人物。
diary2016.4.6


ーーーー 断決ノ日、遂ニ来ル!而モ其ノ結果ハ無惨ナ敗北ダッタ。昨夜見タ合格ノ夢ハ逆夢ダッタ。御両親様、申シ訳アリマセン。兄サン叔父サン方ソシテ小母サン申シ訳アリマセン。オ父サンオ母サンオバサン兄サン!スミマセン自分ハ結局偽善者ダッタノデス。ソウニ違イアリマセン。サモナケレバ日本医科大学ナドデハネラレル筈ハナインデス。コウナレバ慈恵ハ尚更ニ望ハアリマセン。スミマセン。父ハ町会ノ議員選挙ノコトヤラ銀行合併ノコトヤラデ殊更ニ御繁務御多忙中デアリ母ハ風邪気味デ臥床中デアル。ソノ父母ノ期待ト信望トヲ裏切ッテ了ッタ自分ノ罪(ソウダ大犯罪ダ)ハ莫大デアル。而モ親味モ及バヌ小母サンノ優遇ニ対スル感謝ノ御礼モ(ソウナンダ合格コソ御両親ニハ勿論小母サンニ対シテモ最大ノ御礼トナッタモノヲ)結局ハ水泡ダ。小母サンニ御熱心サハ筆舌も又到底及ブ能ワザル 所デアル。今日ハ朝カラ非常ニ御心配サレテ居リ「空シ」ノ報ニ全クガッカリシテ了ワレ言ニ表シ難イ御苦悩ヲ胸深ク刻マレテ了ッタ。申シ訳アリマセン。 ーーーー


受験に落ちてしまい、家族や親族に申し訳が立たないという日記を書いた少年の気持ちが長々と書き綴られた日記。合格発表はあと一校。彼に春は訪れるのだろうか。 ※この日記は昭和11年用の日記帳に書いているが、内容は昭和12年のもの。


【昭和12年の出来事】 1月 スペイン内戦:  4月 東京・札幌間に定期航空路開設  5月 パリ万国博覧会開幕  7月 通州事件。中国北部で日本軍留守部隊や日本人居留民が虐殺される  8月 上海で海軍陸戦隊と中国軍が交戦。第二次上海事変勃発  9月 蒋介石が中国共産党を承認し第二次国共合作が成立  11月 日独伊防共協定成立  12月 日本軍が南京を占領

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー