<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

昭和1

年:東京で浪人生活を送る医大を目指す16歳の少年。日本軍の上海制圧を受けて、興奮気味の日記。#戦前の日記 #1937年11月9日

1937年(昭和12年)11月9日 旧制中学を卒業した16歳の少年。埼玉県在住。現在は医大の予科を目指し浪人中。1月14日2月18日3月5日3月17日3月28日4月1日4月6日4月9日4月17日5月14日6月1日7月2日7月11日8月15日8月25日9月10日9月17日9月26日10月12日10月28日11月7日の日記と同じ人物。diary2016-11-9


ーーーー 思ヘ親心進メ一段御両親ヘノ孝養ハ先ズ勤勉ニアル。今ノ自分ハ是非共一分一秒ヲ惜ンデ奮闘努力ニ努メ専意大成ヘノ途ヲ急グヨウ心掛ケ忠孝両全ノ目的主旨ヲ貫徹遂行シナケレバナラナイ時。宛カモ超非常時ニ際会シ今日ノゴトキ事変以来八十六日目ニシテ支那ノ要樞地上海ヲ完全包囲セル意義深キ一日デアル。頑張レ満支ニ活躍セル我ガ皇軍将士ノ如ク彼ラノソレニ比スレバ自分ハ午前二時三時マデ能率的勉強ヲ敢行永続セネバナラナイ。其レデ来タル聖戦ニ於ケル栄アル覇者トナル決意ト真誓トヲ深ク期シ実現ノ期ニ早確ニ達セネバナラナイ。 ーーーーー


医大予科を目指して勉強中の男子学生。この日は日本軍の上海制圧を受けて、興奮気味に日記を書いている。 この年の8月13日から始まった中華民国軍と日本軍の戦闘は第二次上海事変と呼ばれ、お互いに多くの戦力をつぎ込み激しい戦闘を繰り広げた。結果的に日本軍は、上海を制圧したが、11月8日までの日本軍の戦死者は9015名、負傷者は3万1257名に及ぶ大きな被害を被った。 さらには日中戦争の泥沼化、日本の国際社会からの孤立を招き太平洋戦争へと向かう方向性を決定づけてしまったのだ。 ※この日記は昭和11年用の日記帳に書いているが、内容は昭和12年のもの。


【昭和12年の出来事】 1月 スペイン内戦: 4月 東京・札幌間に定期航空路開設 5月 パリ万国博覧会開幕 7月 通州事件。中国北部で日本軍留守部隊や日本人居留民が虐殺される 8月 上海で海軍陸戦隊と中国軍が交戦。第二次上海事変勃発 9月 蒋介石が中国共産党を承認し第二次国共合作が成立 11月 日独伊防共協定成立 12月 日本軍が南京を占領

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー