<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

昭和1

年: 10代女性。新潟県に在住。おそらく裕福な家庭の娘だと思われる。#1936年5月2日

1936年(昭和11年)5月2日 10代女性。新潟県に在住。おそらく裕福な家庭の娘だと思われる。11月26日2月26日3月26日4月24日の女性と同じ人物。
diary2016.5.2


ーーーー 暖。しみじみ気の落ち着いた気持ちのよい日だ。どうかするとこんなに気持ちの落ち着いた日があるものだ。しづかな夜二階で一人しづかに机に向い勉強をしているなんてほんとに此の世の極楽だ。 一日中机の前に坐って暮らす。庭の桜が今を盛りと花をつけている。但し割りに貧相な木だけど、時々ハラリハラリと散る花びらにゆく春の名残を見せてもう春半ばわか葉の新緑の候も限りのようだ。ほんとに早い話だ。今日はとてもお夕飯が早くすんだので、夫れからプリンを作った。堺さんの所へお見舞いにゆく。プリンは滅多に作らないので思う様に出来なかったがそれから三つ程作ってゆく。丁度ハズがいらして大分お話しをしたが感じのよい方だ。九時半頃お帰りになる。私はとうとう十時半頃まで。昨日退院なさるとの事だったが思ったより早くてほんとによかった。 ーーーー


行く春を惜しむ女性。この日は友人の女性のお見舞いのために、手土産としてプリンをつくったようだ。ちなみにプリンが日本に伝わったのは江戸時代後期~明治の初期と言われている。明治5年に発行された『西洋料理通』では。干柿ポッディング、生姜ポッディング、蜜柑ポッディング、パアト(ポテト)ポッディング、ライスポッディングとして紹介されているが当時はまだプディング(ポッディング)とよばれており、現在のようなカスタードプリンではなかった。 時代は下り、明治43年に発行された、『軽便食パン製法・附・和洋菓子製法』ではカスタドープリンの製法が紹介されており、この頃ではすでに現在のプリンに近いものもつくられていたようだ。


【昭和11年の出来事】 1月 日本がロンドン海軍軍縮会議から脱退  2月 全日本職業野球聯盟設立  2月 二・二六事件勃発し東京市に戒厳令布告(7月まで)  5月 阿部定事件  8月 ベルリンオリンピック開幕  9月 ソ連にてスターリンの粛清が始まる

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー