<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

昭和1

年:旧制中学の4年生で15歳の少年。埼玉県在住。1936年2月28日

1月14日2月18日の日記と同じ人物。
diary2016.2.28


ーーーー 午前六時起床、洗面、朝食、準備ノ後登校ス。途次一時間地理及ビ英作ノ勉強ヲス。午前八時四〇分始業。一時地理(之ハ未ダ充分ナラズ残念デアッタ)二時英作(之モ一部誤ル)デアッタ・本朝八時ヨリ又雪ガ降リ始メ9時頃カラハ猛烈ニナッタ。然シ今度ノ奴ハ水分ヲ多ク含ンダ当地方特有ノ牡丹雪デ其ノ上前ノ雪溶ケデ地ガ水分ヲ多ク含ンデヰル為積モルニ至ラズ。午後三時頃止ム。尚帰宅途次三十分間植物ノ勉強ヲス。午後零時二十分帰、四十分昼食、一時二十分ヨリ五時マデ漢文ノ勉強、後小川医院ニ通ウ。六時ヨリ六時三十分マデ物理ノ勉強三十五分夕食。七時ヨリ更ニ物理ノ勉強ヲ始ム。尚戒厳令二日目ハ閣僚、将星各方面ニ奔走。緊張ノ極デアル。又、宮中ニ於ケル臨時閣議モ事件突発以来既ニ前後三日間ニ及ンデイル。小田原ニテ旧○(?)以来御静養中ニアラセラレタ閑院宮参謀長宮殿下ニモ今日御上京、宮中ニ御参拝ノ御由ト承ル又暴徒数百名ハ現在麹町永田区ニ位置スルモ今ノ所平静デアルトノ由。尚今晩ハ十二時マデ物理ノ勉強ニ没頭。終ッタ瞬間ハフラフラシテ頭ガジーント鳴ッテイタ。間モナク疲労シタ身体ヲ床上ニ横タエタ……ジーン一時ガ鳴ッタ。 ーーーー


二二六事件という国家の一大事の最中にも彼は勉強に勤しむ。この日の日記は以前掲載した1月14日、2月18日の約一年前にあたる。日記中に出て来る閑院宮参謀長宮殿下とは陸軍の参謀総長だった閑院宮載仁親王のこと。彼が中心となって二二六事件の対応などにあたったが、その対応の拙さから、昭和天皇の叱責を受けたとされている。


【昭和11年の出来事】 1月 日本がロンドン海軍軍縮会議から脱退  2月 全日本職業野球聯盟設立  2月 二・二六事件勃発し東京市に戒厳令布告(7月まで)  5月 阿部定事件  8月 ベルリンオリンピック開幕  9月 ソ連にてスターリンの粛清が始まる

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー