<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

昭和1

年:国会議事堂の落成式典の事。東京で浪人生活を送る医大を目指す16歳の少年。#戦前の日記 #1936年11月7日

1936年(昭和11年)11月7日 旧制中学の5年生で16歳の少年。埼玉県在住。医大の予科を目指し猛勉強をしているが、受験には失敗してしまい浪人してしまう。1月14日2月18日3月5日3月17日3月28日4月1日4月6日4月9日4月17日5月14日6月1日7月2日7月11日8月15日8月25日9月10日9月17日9月26日10月12日10月28日の日記と同じ人物。diary2016-11-7


ーーーーー 聖上陛下ノ行幸。各皇族ノ台臨ヲ恭ナウして光栄ニ輝ク新議事堂ノ落成祝賀式ハ晩秋ーー暦カラ云エバ立冬デサエアルーーノ空灰色ニ煙ル本七日午前十時半カライヨイヨ華々シク挙行サレタ。即チ明治十七年二月「議院新築」ノ議ガ興リ大正六年成案ヲ得テカラ営々十七カ年ノ星霜ト約二千六百万円ノ国幣ヲ費ヤシテ建設サレタ新議事堂ハ今日ノ盛儀ヲ迎エテ益々栄誉ニ輝クカノゴトク。コノ日参列者ハ軍部、官界、実業界、教育界等ノ名士実ニ三千名。金色燦タル礼装ニ限リナイ喜ビヲ包ンデ続々ト参集。盛会ヲ極メ、AKデハ式典ノ実況ヲ全国ニ中継シ市電デハ花電車ヲ運転。各郵便局デハ記念スタンプノ押捺等、此ノ日帝都ハ雨中乍ラモ落成祝賀ノ喜色ニ溢レレタ。(以下略) ーーーーーーー


医大予科を目指して勉強中の男子学生。 この日、書いているの国会議事堂の落成式典の事だ。 欧米諸国に負けない国会議事堂をと、大日本帝国の威信を懸けて建設されたこの建物は、様々な理由から着工より完成まで17年近くもかかった。しかし、その偉容はまさに“帝都の威信”を余すところなく体現したものとなった。 そして、国会議事堂は現在に至るまで、日本の象徴的な建物のひとつでもあり、歴史的な建造物としても貴重な物となっているのはご存じの通りだ。


【昭和11年の出来事】 1月 日本がロンドン海軍軍縮会議から脱退 2月 全日本職業野球聯盟設立 2月 二・二六事件勃発し東京市に戒厳令布告(7月まで) 5月 阿部定事件 8月 ベルリンオリンピック開幕 9月 ソ連にてスターリンの粛清が始まる

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー