<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

昭和1

年:埼玉県在住の20代女性の日記。昭和6年に産んだ娘の日々の成長記録。#1935年3月11日 #戦前日本の日記

2月4日の日記と同じ人物。昭和6年に産んだ凡子という娘の日々の成長記録となっている。
diary2016.3.11


ーーーー 今日はパーがまた活動写真をやって下さるので凡子はおひるねをしてお待ちしていました。七時頃御帰り御家で機械を借りてきてやりました。凡子大喜び。服部さんの御宅の子供も集めてみせました。童話のものが多くて凡子ちゃんにも伝子ちゃんにもよくわかりみんな大喜び。凡子ちゃん最后まで見ていました。元気になった凡子ちゃん。本当によく遊びます。暖かくなったので一日中表で遅くまでいます。由井久子ちゃんと此の頃仲良しで毎日よく遊びます。子供も相手次第でなかなか目にたって悪くもなり良くなります。物騒ではあるしなるべくそうした仲で遊んだ方が良いと思います。 ーーーー


家で映写機を借りて映画を見ることができるということはかなり裕福な家庭であるのだろう。しかし、一方で当時は貧富の差は大きな社会問題となり、いわゆる貧民街もそこら中にあった。政治や軍部の横暴などに対する民衆の不満は爆発寸前とまり、テロも横行していた。そんな状況で起きたのが昭和11年の二・二六事件だ。そして、凶悪な犯罪も多発していたそんな世の中であったからこそ日記を書いた女性は「物騒ではあるしなるべくそうした仲で遊んだ方が良いと思います」という心配をしていたのだろう。


【昭和10年主な出来事】 2月 築地市場が開業  3月 アドルフ・ヒトラーがヴェルサイユ条約を破棄し、ナチス・ドイツの再軍備を宣言  3月 ハチ公渋谷駅前で死亡  8月 永田鉄山暗殺事件  10月 ナチス・ドイツが国際連盟  12月 大阪野球倶楽部(後の阪神タイガース)設立

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー