<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

昭和7

:夜にムカデが出て眠れなかった職業婦人。#1932年6月8日 #戦前の日記

10代後半から20代前半くらいの女性。独身。東京都在住。女学校で裁縫などを教えている職業婦人。3月16日と同じ人物。
diary2016.6.8


ーーーー 夕べはむかでの何とも云えぬ音をいわせるのに気を取られ二時になってから寝る。あのぱりぱりと障子をはう音を深夜に聞いたら誰しも薄気味悪く思う事だろう。まして何よりも嫌いな自分は神経がとがってしまってねむれないのだ。百足に襲撃されるのには実に閉口する。朝は時計の鳴るのも知らずに寝ていて雨音に目を覚ます。とりとめのない一日。ぼろ直しをして着物を又羽織にする事にする。着物も十年余りも着れてはやすいようなものだ。夕方になって少々空の雲も薄くなった、面白い事もなく歯がつんつんするようだ。いつも食傷しているらしい。二食だけれど運動もせず不規則だから。 ーーーー


昨晩の夜にムカデが出て眠れなかったとのこと。そのために朝は寝坊をしてしまったようだ。文中に「ぼろ直しをして着物を又羽織にする事にする」とあるが、このようなお直しは当時では普通の事だった。元々着物は、仕立て直しを行う事を前提にしていて、彼女が行ったような着物から羽織り、振袖から訪問着、その他にもサイズの変更や、男物を女物したり、柄を活かして着物から帯にすることも可能で、無駄なく長く使うことができるエコな衣服だったのだ。


【昭和7年の出来事】 1月 大相撲春秋園事件  1月 第一次上海事変  2月 上海にて陸軍兵3名が爆弾を抱え的に突撃し爆死。爆弾三勇士と呼ばれる  3月 満州国が建国宣言  5月 五・一五事件。犬養毅首相が殺害される  11月 米大統領選挙で民主党ルーズベルトが現職フーヴァーを破り当選

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー