<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

明治4

年:14~15歳くらいの女の子の夏休みの日記。#1911年7月24日 #戦前の日記

1911年(明治44年)7月24日 14~15歳くらいの女の子の日記。大垣高等女学校の3年に在学。岐阜県に在住。
diary2016.7.23


ーーーーー 朝起きたら冷水摩擦をなし洗濯をなし家事の復習をなし手芸をもなしたる後裁縫をなしたり。午後は風そよそよ吹きたれば母と共に裁縫を四時頃までなし五時頃より友人の方と芝居を見に行きたり。その時二人が泣いた。見物人の中にて泣かむものなかったほどかわいそうなのであったから終わりまで。 ーーーーー 


女学生の夏休みの日誌。日記の後に「明治維新の功労者を列挙せよ」とある。 日記が書かれた頃はおそらくまだ明治維新を体験した人も数多く生きていただろう。 そんな時代に生きた女の子が挙げたのが、大久保利通、木戸孝允、三条実美、西郷隆盛、伊藤博文の5名となのがおもしろい。 明治の頃より・維新の三傑・と言われた木戸孝允、西郷隆盛、大久保利通の3名が挙がるのは、順当なところだろう。伊藤博文も日本の初代首相で明治42年にハルピンにて暗殺された記憶も、彼女にとっては新しいはずだろうから納得がいく。 しかし、三条実美はなかなか維新の功労者として現在では名前は挙がらないのではないだろうか。現在ならば間違いなく坂本竜馬が入ってくると思われるところだ。


【明治44年の出来事】 1月 大逆事件の裁判で幸徳秋水ら被告24名に、死刑判決が下され、うち11名は同月の24日に死刑執行  2月 日米通商航海条約が調印され、日本の関税自主権が回復。不平等条約の改正に成功  5月 清が幹線鉄道国有化令を発布  7月 第3次日英同盟協約締結  10月 清で武昌新軍が蜂起し、辛亥革命開始  12月 アムンゼンが南極点に到達

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー