<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

明治4

年:宿題の見直しを始める14~15歳くらいの女の子の日記。#1911年8月19日 #戦前の日記

14~15歳くらいの女の子の日記。大垣高等女学校の3年に在学。岐阜県に在住。7月24日8月8日の日記と同じ人物。
diary2016.8.19


ーーーー 午前の間は自分の宿題に落しがあった。それを直し、午後は父母の手伝いをなしたり。四時頃よりゾーキンをかけ後害虫を捕えに山の近くまで行きたり。六時頃かえり夜は何もせず話会をして床につきたり。 ーーーー


夏休みももはや終盤。女学生の彼女も自分の宿題の見直しを始めている。夏休みの日誌のページ上には、この日と次の日に渡って、異名隠語についての説明がある。 三日坊主、十八番、八方美人、ロハなどは現在でも使われているが、蚊死なず(痘痕のこと)、書生羊羹(焼き芋)、書生金平糖(炒り豆)、半風子(しらみのこと。漢字の虱は風という字の半分だから)など、いまではあまり使われることのない言葉が多いのが面白い。


【明治44年の出来事】 1月 大逆事件の裁判で幸徳秋水ら被告24名に、死刑判決が下され、うち11名は同月の24日に死刑執行 2月 日米通商航海条約が調印され、日本の関税自主権が回復。不平等条約の改正に成功 5月 清が幹線鉄道国有化令を発布 7月 第3次日英同盟協約締結 10月 清で武昌新軍が蜂起し、辛亥革命開始 12月 アムンゼンが南極点に到達

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー