<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

明治4

年:長野県で薬屋を営む男性。1909年12月4日

年齢不詳。

12.4


ーーーー 四日(旧(十月)弐十弐日)起来晴天一日同様なナリモ ・柿沼叔母来見舞 叔母ノ為メニ見舞ニ来タリ。宅ヘハ玉子壱椀ヲ叔母ヘハ五十○(?)ヲ貰ヒタリ。○○(?)ヲ○テ午後三時頃帰リヌ (中略) ・梅津叔母モ拾一時頃来タリ ・株式ハ駄目為寸進寸退戻活動セズ。報知側面子ハ商出来ノ悲観○(?)唱ヘ居レリ ーーーー 


12譛・譌・0

この日記帳は薬のチラシを再利用して作った手製もの。日記の主の男性は毎日のように株について書いていて、株式投資に血道を上げていた様子が伝わってくる。 日本では1872年(明治5年)に東京株式取引所が誕生し、日清・日露戦争の頃の明治20~30年代には株式投資が非常に高まっていた。この男性もそのブームに乗って投資していたようだが、あまりうまくいってはいなかったようだ。 図版の効能書きは日記の書かれている裏面をスキャンしたもの。当時の薬のチラシである。


【明治42年の出来事】 1月 米西戦争以来キューバに駐留していた米軍が撤退  2月 アメリカにて全米黒人地位向上協会設立  5月 味の素発売  7月 韓国併合の方針を閣議決定  9月 満州及び間島に関する日清協約調印  10月 伊藤博文がハルピンで暗殺される

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー