<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

明治3

年:長野県の警察に勤務する男性。1904年12月16日

おそらく20代。独身。
1216202 1216203


ーーーー 本日ヨリ中津村全部ヲ巡回スル。 昨十五日実扶的里亜(ジフテリア)患者今井○○○全快依リ竹内巡査代理消毒ス。 本日十二月十日付辞令ニテ伝染病救護ノ手當トシテ金一円五十銭及ビ同賞トシテ五十銭ノ証状下賜セラル。 寺院ニ説教有リ。 ーーーー


1216201日記中に出てくるジフテリアは、明治初期より法定伝染病として位置づけらてきた。明治23年頃には日本の北里柴三郎がジフテリアの抗血清を開発したが、まだまだ容易ならざる難病であったのは間違いない。日記の主は警官として感染の拡大阻止や患者の救護に活躍したらしく特別手当を貰っている。うどんやそばが当時は1杯2銭ほど、小学校の教師や警官の初任給は8~9円、一人前の大工で月20円くらいだったところから考えると、1円50銭の手当は現在の貨幣価値に換算すると2~3万円くらいだろうか。


【明治37年の出来事】 1月 大阪朝日新聞で天声人語連載開始  2月 日露戦争開戦  2月 日韓議定書調印  5月 アメリカががパナマ運河を起工  11月 アメリカ大統領選挙でセオドア・ルーズベルトが勝利

 

 

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー