<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

明治3

年:滋賀県神崎郡栗見村(現在の東近江市の北西部)に在住の男性。1902年1月23日

年齢は20代くらいか。
diary2016.1.23


ーーーー 本日愛知郡稲村大字下岡部左官中川平吉ヲ雇イ隠房壁八幡土ニテ下塗リシナン。世見ノ為ニ下廻リス。午后三時半ヨリ仲卯店(?)ニテ○○(?)小集会ス。本夕方ヨリ○○○(?)ヲ執行ス。三ノ部姓典二度拝読セラル。田井中長宅ニ上ゲラル。○○(?)在ノ勤行アリ。亦説法アリテ夕飯ヲ○(?)ス。年詣者拾五名程アリ。午后十一時閉○(?)ス。左官泊マレリ。 ーーーー


他の日の日記の記述によれば、日記の主は下男を使ったりするなど村ではそれなりの格式を持った家だったようだ。


【明治35年の出来事】1月 八甲田雪中行軍遭難事件  1月 第1次日英同盟調印・発効  5月 キューバがアメリカ合衆国から独立  8月  伊豆鳥島が噴火  9月 江之島電氣鐵道、後の江ノ島電鉄が開業  9月 関東・東北地方に大暴風雨  10月 早稲田大学開校

関連タグ:

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー